赤いしし王

赤いしし王

銀の花びら(漫画)の登場人物。読みは「あかいししおう」。別称、しし王。

登場作品
銀の花びら(漫画)
正式名称
赤いしし王
ふりがな
あかいししおう
別称
しし王
関連商品
Amazon 楽天

概要

ライオンの全身の毛皮をかぶり、大きな鼻と鋭い目だけをライオンの口から出している。盗賊団・赤いまぼろし隊の隊長として活動しているが、まぼろし城の城主でもある。かつては赤いしし城と呼ばれた小鳥城の城主だったが、クジャク王子の父王たちと戦って敗れ、山奥に新しい赤いしし城としてまぼろし城を建て、復讐の機会を狙っている。

その軍資金稼ぎのひとつが盗賊団活動。もともとは優しい人物だったらしいが、娘を利用するのもためらわないほど、復讐に取りつかれた。チューリップ姫をさらってリリーを替え玉として送り込みクジャク王子の命を狙ったり、マミー王子として戦場に立ったリリーに偽情報を流してクジャク王子を捕まえたり、その策は成功していた。

リリーきさきが仮死状態で城外に運び出されたことを、クジャク王子たちのしわざと考え、怒りのまま一気に小鳥城を奪還。だが、まぼろし城近くに作ったきさきリリーの仮の墓の前に、毎日たたずむようになった。新まぼろし城の統治を任せた黒博士が謀叛を起こしたため、平定に向かう。

だがリリーが人質となっていたため投降。監禁されたがマヌーケの協力で脱出し、クジャク王子たちを救出。再び黒博士の手に落ち、暗殺されそうになったがピーターに救われる。リリーとの関係を詰問されるが、リリーが知られたくないと思っているならと、語ることはなかった。

黒博士を追いつめたが取り逃がし、煙にまかれて倒れていたリリーピーターを最後の力を振り絞って救出し、力尽きた。

登場作品

銀の花びら

バイオリン工房の娘として育ったリリーは、町を襲う盗賊団・赤いまぼろし隊の隊長・赤いしし王の娘・マミーだった。かつて小鳥城の城主だった赤いしし王は復讐に囚われ、城を奪還すべく小鳥城のクジャク王子と花園城... 関連ページ:銀の花びら

SHARE
EC
Amazon
logo