赤い文化住宅の初子

赤い文化住宅の初子

社会的弱者のシビアな現実を、シュールながらユーモラスに描くサブカル・個性派作品。セリフはすべて方言。全4部構成で、『赤毛のアン』『十五少年漂流記』『シンデレラ』などをもじった筋立てになっている。

正式名称
赤い文化住宅の初子
作者
ジャンル
恋愛一般
レーベル
F×comics(太田出版)
関連商品
Amazon 楽天

概要

働き過ぎた母には先立たれ、ダメ兄克人と昭和の文化住宅に暮らす中学生宇野初子。貧乏ゆえに高校進学も諦め、中学卒業後は工場バイトで働く。家庭放棄していたホームレス同然の父が訪ねてくるが、兄に灯油をぶっかけられて追い払われ、その腹いせに焼身自殺。住むところがなくなった初子は、結婚しようと言ってくれる三島くんと離れ、兄について大阪に出ることになる。

登場人物・キャラクター

主人公

下村中3年1組で母は他界、父は蒸発中。中学生ながら家計を助けるため、ラーメン屋で皿洗いのバイトをしている。家には電話もテレビもない。健気でひたむきだがどんくさいところがあり、風邪で早退する際にも補導さ... 関連ページ:宇野 初子

宇野初子の兄。高校中退の社会人。東高に進学しようとしていた初子を諦めさせ、中学卒業と同時に働くよう仕向ける。二言目には自分に何も期待するなと言う。酒を飲み、デリヘルを呼ぶ金はあっても、妹を高校に通わせ... 関連ページ:宇野 克人

三島くん

宇野初子と結婚前提でつき合っている彼氏。初子とは中学3年時のクラスメイトで学級委員。ケータイはJフォンユーザー。塾に通っており、当初は進学予定だった初子の勉強を見てやる。高校は予定通り、進学校の東高に進む。

田尻先生

男にだらしなく、無断欠勤が多い下村中のダメ教師。3年1組の担任。進学できないと報告してきた宇野初子に対し、女の子はいざとなったら結婚すればいいと、やる気のない対応をする。

SHARE
EC
Amazon
logo