車 周作

柔道一直線(漫画)の登場人物。読みは「くるま しゅうさく」。

  • 車 周作
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
柔道一直線(漫画)
正式名称
車 周作
ふりがな
くるま しゅうさく
レーベル
光文社文庫Comic series(光文社) / ネコ・パブリッシング

総合スレッド

車 周作(柔道一直線)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

一条直也の師匠。必殺技・地獄車を編み出した柔道の鬼。講道館六段で、かつて鬼車と恐れられた人物。試合で丸井豪平六段を必殺技・地獄車で殺してから柔道を引退。全国を行商し、その売り上げを丸井の遺族に送っていた。北九州市小倉で一条直也と出会い、その一本気な性格と根性に惚れ、ともに日本柔道の復興を目指すようになる。

指導方針はスパルタで、肉体的にはもちろん、精神的にも直也を逆境に追い込むことばかりだが、直也のことを実の息子のように思っており、たまに温かい面をみせることもある。

登場人物・キャラクター

北九州市小倉出身。初登場時は青葉中学校の2年生。柔道部所属。鬼車の異名を持つ元講道館柔道六段の車周作に出会い、その技と精神に惚れこみ押しかけ弟子になる。火の玉ボーイとあだ名されるほど一本気で単純な性格...

関連キーワード

文字通り鉄製の下駄。車周作に弟子入りした一条直也が与えられた特訓用の下駄。日常生活で使用することによって足腰を鍛えることができる。全国高校選手権大会後、周作は直也に今までの鉄ゲタを卒業し、一本歯の鉄ゲ...
『柔道一直線』に登場する必殺技。主人公・一条直也の師匠・車周作が編み出した恐ろしい破壊力を持つ技。突進してくる相手の懐に飛び込み、己の体を中の球、敵の体を外の球にして回転する。回転の度に相手は脳天と尾...

登場作品

昭和39年の10月。九州にある柔道塾で練習に明け暮れる主人公一条直也。そこに師範の講談館時代の先輩・車周作が訪ねてきて、東京オリンピックでの日本柔道の敗北を予言する。結果ははたして日本柔道の完敗であっ...