遠霧 邦定

鋼鉄の華っ柱(漫画)の登場人物。読みは「おとぎり くにさだ」。遠霧蘭子の父とは親族関係にある。

  • 遠霧 邦定
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
鋼鉄の華っ柱(漫画)
正式名称
遠霧 邦定
ふりがな
おとぎり くにさだ

総合スレッド

遠霧 邦定(鋼鉄の華っ柱)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

遠霧蘭子の父の弟で、野心が非常に強い。遠霧蘭子の父が自らの一存で遠霧蘭子遠霧家のしきたりから解放することを決めると、兄に対して遠霧家家長としての自覚がないと追及。遠霧家の家督を譲り受けてからは権力をほしいままに振るうようになる。また、蘭子の代わりに実子の遠霧麗子を遠霧家のしきたりに従って監禁。

遠霧家のしきたりの真実を知りながら、「娘ひとり差し出すだけで見返りが大きい」と言い放つ。なお、御前崎家が急激に没落したのは、邦定が裏で糸を引いていたからであった。

登場人物・キャラクター

遠霧家の家長として遠霧家のしきたりに従い、遠霧蘭子を世間から隔離していた。御前崎真道が蘭子を連れ出し、世間をも味方につけて蘭子に自由を与えようとする手腕に感服。蘭子の自由を約束するとともに、真道に蘭子...

関連キーワード

『鋼鉄の華っ柱』に登場する用語。遠霧家の祖先が当時の遠霧郡を統治していた作品世界の200年前、毎年氾濫する龍石川を鎮めるため人柱を捧げることになる。クジを引いてあたった人間を人柱にすることが決められる...

登場作品

御前崎真道は、日本有数の富豪の御曹司。しかも頭脳明晰・スポーツ万能・眉目秀麗と非の打ち所のない男だった。女性からは憧れの視線を、男性から嫉妬の炎を、一身に受けつつも一切動じることなく常に紳士として振る...