都庁の南北展望室エレベーター

都庁の南北展望室エレベーター

真夜中のオカルト公務員(漫画)、5年ほど前から噂になっている都市伝説。

登場作品
真夜中のオカルト公務員(漫画)
正式名称
都庁の南北展望室エレベーター
ふりがな
とちょうのなんぼくてんぼうしつえれべーたー
関連商品
Amazon 楽天

概要

被害に遭った本人から某有名掲示板への書き込みがあったことがきっかけで、「エレベーターに乗り、東京都庁の展望室に上ったら、異世界に着いた」という噂がネット上で流れ始めた。東京都庁の展望室に来たはずなのに、エレベーターを降りたら、どこだか分からないところに着いてしまったというもので、それ以降、同じような現象に巻き込まれた人が続々と現れ始める。

そのうちに、「異世界エレベーター」とも呼ばれるようになった。最近1~2か月の間に、被害者の数が急増しており、そのほとんどが、展望室に行った後の記憶を失っている。

登場作品

真夜中のオカルト公務員

新社会人の男性が、オカルト的事象を解決するための知られざる組織に配属されることになり、妖怪や悪魔など、人外の者を相手にさまざまなトラブルを解決すべく奔走する。普通ではない環境に翻弄される公務員の日常を... 関連ページ:真夜中のオカルト公務員

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
真夜中のオカルト公務員
logo