酒巻 靱負

のぼうの城(漫画)の登場人物。読みは「さかまき ゆきえ」。

  • 酒巻 靱負
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
のぼうの城(漫画)
正式名称
酒巻 靱負
ふりがな
さかまき ゆきえ

総合スレッド

酒巻 靱負(のぼうの城)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

成田家に仕える若武者。戦の経験はなく武芸も今一つだが、軍略に精通しており、自らを毘沙門天の化身と称している。忍城での戦いでは老兵を率いて石田家の猛将・貝塚隼人を打ち取る働きを見せた。甲斐姫に思いを寄せている。

登場人物・キャラクター

忍城・城主・成田氏長の娘で、容色並び無しと評されるほどの美貌の持ち主。また、武芸の腕にも秀でており性格は非常に勝気。農民の妻に乱暴を働いた武将をその手で切り捨てたこともある。成田長親に惚れており、言い...

関連キーワード

成田氏長が城主を務める、関東地方・武州に位置する城。湖の中に有り、浮き城とも呼ばれることがある。

登場作品

天正一八年某日、織田信長の天下統一事業を引き継いだ豊臣秀吉は、最後の抵抗勢力北条氏を下すため小田原討伐を発令。秀吉は側近の石田三成にも武功を挙げさせようとし、合力を合わせ二万もの兵を彼に授けて館林城、...