軍師 黒田官兵衛伝

軍師 黒田官兵衛伝

戦国時代の武将、黒田官兵衛が、日本一の軍師を目指して戦う姿をギャグタッチで描いた4コマ漫画。

概要

1569年、織田信長が京上洛を果たした頃、播磨国を治める大名、小寺政職の下に若くして家老を務める黒田官兵衛の姿があった。頭は良いが、せっかちなのが玉に傷の黒田官兵衛。夫に負けず劣らず頭が良い妻、光の後押しのもと、彼が目指すのは「日本一の軍師」。優柔不断な主君の小寺政職を何とか支えようと奮闘する。

何かと賑やかな羽柴秀吉、甘党の織田信長との面会の後、黒田官兵衛は憧れの人、竹中半兵衛に出会う。病弱で血を吐きながら仕える竹中半兵衛から、進むべき道を示唆された黒田官兵衛だったが、前途には厳しい運命が待ち受けていた。

登場人物・キャラクター

主人公

実在の武将、黒田孝高がモデル。播磨の大名、小寺政職の家臣。姫路城の城主。赤松政秀との青山の戦いで武名をあげ、歴史の表舞台に登場する。優柔不断な主君の小寺政職に、毛利輝元を捨て織田信長方に付くよう進言。... 関連ページ:黒田 官兵衛

実在の歴史上の人物、櫛橋光がモデル。播磨の大名、小寺政職の姪で、毛利輝元方の有力武将である櫛橋伊定の娘。黒田官兵衛の妻となる。日本一の軍師を目指す夫を支える利発な妻。凛とした態度をとっているが、夫とは... 関連ページ:

実在の武将、小寺政職がモデル。播磨の大名で、黒田官兵衛の主君。毛利輝元と織田信長、どちらに付くかでパニックになるなど、優柔不断で無能な人物として描かれている。荒木村重と通じて、織田信長へ付くよう主張す... 関連ページ:小寺 政職

実在の武将、栗山利安がモデル。黒田官兵衛の家臣。律儀な性格と頭脳で黒田官兵衛を支える。義兄弟の母里太兵衛には苦労させられている。普段は冷静だが、キレると恐ろしい。 関連ページ:栗山 善助

実在の武将、黒田長政がモデル。黒田官兵衛と光の間に生まれた男子。歌が下手で両親を心配させている。織田信長に人質として召し出され、羽柴秀吉のもとに預けられた。加藤清正、福島正則らと武芸を磨く。黒田官兵衛... 関連ページ:松寿丸

実在の武将、母里友信がモデル。黒田官兵衛の家臣。栗山善助の義兄弟。馬鹿力で大酒飲み。無分別者だが忠義に厚い。荒木村重に幽閉された黒田官兵衛の救出に栗山善助と共に向かう。 関連ページ:母里 太兵衛

実在の武将、豊臣秀吉がモデル。織田信長の家臣で近江長浜城の城主。黒田官兵衛が尊敬する竹中半兵衛の主君でもある。初対面では黒田官兵衛に使者と間違われるほど貫禄がない。織田信長にはよく殴られているが、優れ... 関連ページ:羽柴 秀吉

実在の武将、竹中半兵衛がモデル。羽柴秀吉の家臣。「今孔明」と呼ばれるほどの知将で黒田官兵衛の憧れの人。病弱で血を吐きながら話す。羽柴秀吉の指揮の下、黒田官兵衛と共に毛利輝元陣営を攻める中で、黒田官兵衛... 関連ページ:竹中 半兵衛

実在の武将、織田信長がモデル。畿内周辺十か国を束ねる大大名。黒田官兵衛は主君の小寺政職の使者として対面し、大物で苛烈で甘党な人物に圧倒された。黒田官兵衛に名刀、圧切長谷部を与えた。毛利輝元らとの戦いの... 関連ページ:織田 信長

実在の武将、毛利輝元がモデル。中国地方に勢力を誇る大名。黒田官兵衛が諸国の大名に対して織田信長に付くよう動き回っていることを見咎め、弟の吉川元春、小早川隆景と共に黒田官兵衛を攻める。 関連ページ:毛利 輝元

実在の武将、荒木村重がモデル。織田信長の家臣で播磨の隣国、摂津の領主。播磨の小寺政職との交渉のため、黒田官兵衛のもとを訪れる。無類の茶器好き。その後、織田信長に対して謀反を起こし、黒田官兵衛を幽閉する... 関連ページ:荒木 村重

実在の武将、蜂須賀正勝がモデル。竹中半兵衛と共に羽柴秀吉に仕える武将。リーゼントに学生服のような装束を着た姿で描かれている。 関連ページ:蜂須賀 小六

実在の武将、宇喜多直家がモデル。備前、美作を治める大名。病気がちだが、謀略と暗殺の男と呼ばれ恐れられている。毛利輝元の傘下にあったが、黒田官兵衛の度重なる説得で羽柴秀吉方に寝返る。暗殺の手立てを考える... 関連ページ:宇喜多 直家

荒木村重の家臣。実在の武将、加藤重徳がモデル。荒木村重によって有岡城に幽閉された黒田官兵衛の番をするうち、敵ながらその人物に惚れ、命を永らえるよう尽力する。黒田官兵衛を救出に訪れた栗山善助を密かに逃が... 関連ページ:加藤 重徳

SHARE
EC
Amazon
logo