銀と金

銀と金

裏社会のフィクサーで主人公の平井銀二ともう一人の主人公森田鉄雄が、仲間と共に欲望が交錯する世界の深みへと身を投じていく。1996年以降、休載となっている。

概要

裏社会のフィクサーで主人公の平井銀二は、もう一人の主人公森田鉄雄を見初め、裏の世界に引き込む。平井銀二は自分の後継者として森田鉄雄を成長させていき徐々に彼に絶大な信頼を寄せるようになっていく。

登場人物・キャラクター

主人公

『銀と金』の主人公で、「銀王」の異名を持つ裏社会のフィクサー。知識や人脈、膂力など、あらゆる面での卓越した能力を持つ。有力な政治家を金の力で支配し国の経済界を我が物にすることを最大の野望としている。も... 関連ページ:平井 銀二

主人公

登場時の年齢は20歳。日雇いの仕事やギャンブルなどでその日暮らしの毎日を送る素寒貧であったが、もう一人の主人公平井銀二に見初められ後継者として育てられる。どんな状況でも冷静さを失わず機転を利かせ勝ち抜... 関連ページ:森田 鉄雄

『銀と金』の登場人物で銀二の仲間。警察庁OBで、元刑事部捜査2課の巡査部長。メンバーの中でも特に森田を信用している描写が多く、人間味が強い。西条とのポーカー戦において外ウマに乗る。 関連ページ:安田 巌

『銀と金』の登場人物で銀二の仲間。元毎朝新聞新聞記者。情報収集で銀二をサポートする。無精髭とサングラスが特徴。 関連ページ:巽 有三

『銀と金』の登場人物で銀二の仲間。東京地検特捜部の元検事で、企業を相手にするブローカー。釣り上がった目に眼鏡、オールバックの長い髪が特徴。 関連ページ:船田 正志

競馬狂で400万もの借金を負っていた21歳の青年。競馬勝負から銀二の仲間に加わる。民政党総裁・河野の息子と瓜二つだったことから銀二がある秘策を思いつき、実行に移す。 関連ページ:川松 良平

帝日銀行頭取。癒着の現場を銀二に押さえられ、当初は銀二たちと敵対するが、互いに信頼し合い有力な協力者となる。 関連ページ:土門 猛

民政党最大派閥・竹本会のナンバー2。土門猛の娘の夫である海堂正行によって捕らえられた銀二を救出するため、森田から力添えを頼まれる。銀二からは「この国の頂点に上りつめる男」と評される。 関連ページ:伊沢 敦志

見た目はこれといって特徴もない普通の男だが、7件の連続殺人事件を起こした猟奇殺人鬼。逃亡中に暴力団員が捕らえ、警察と取引されるはずであったが、軟禁中に武器を奪い組員5人を殺害し逃亡を図る。森田が有賀に... 関連ページ:有賀 研二

『銀と金』の登場人物で画商。若い頃に見たセザンヌの絵に心を打たれて以来30年、セザンヌの絵なら本物と贋作を見分けられると豪語する。森田の仕掛けた勝負「金の橋」に挑戦するも敗北、4億円を失うこととなる。... 関連ページ:中条 明夫

西条建設の御曹司。不動産会社社長の長男・有田と薬品会社社長の長男・岡部と組み、イカサマのポーカーで若い女性と勝負し、金と体をほしいままにしていた。森田との対決では自分のイカサマを逆手に取られ敗北し9億... 関連ページ:西条 進也

日本を代表する一大企業グループ誠京の会長。政治家を招いたギャンブルパーティーを開き、負けても低金利の借用証で済ませ、企業に有利な政策に応えれば請求しないという方法で政治権力と癒着する。支払いができない... 関連ページ:蔵前 仁

『銀と金』の登場人物で、莫大な財産を持つ神威家の7代目家長。85歳とは思えない運動能力、頭の切れを持つ。自身と家のためなら息子たちを殺すことを厭わない狂気を持つ。5人の息子を子供の頃から競争させ、出来... 関連ページ:神威 秀峰

民政党総裁で、農産族(農産省に救う政治家)のボス。次期内閣総理大臣の座を狙い、銀二と300億の競馬勝負を行う。自身が牛耳る競馬界の権力を使い勝負を有利に進めるが、銀二の策略により敗北した。 関連ページ:河野 洋一

SHARE
EC
Amazon
logo