銀平

佐武と市捕物控(漫画)の登場人物。読みは「ぎんぺい」。

  • 銀平
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
佐武と市捕物控(漫画)
正式名称
銀平
ふりがな
ぎんぺい

総合スレッド

銀平(佐武と市捕物控)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

当初は腕利きスリとして登場したが、姉貴分のお竜が死んだことで足を洗った。一見、ニヒルな遊び人風だが、実は優しい心根の熱血漢。次第に佐武の捕り物を手伝うようになり、佐武が正式に岡っ引きになった頃には、右腕的な下っ引きとして無くてはならない存在になっていた。

登場人物・キャラクター

岡引き佐平次のもとで下引きとして働く。先端に十手をつけて縄を操る「捕縄術」の名手である。推理力にも長けている。甲州巨摩郡私市村の貧農のせがれだったが、父親の仇をうつため江戸にやってきた。たまたま佐平次...

登場作品

江戸時代、下引きの佐武とあんまで盲目の松の市は息の合ったコンビとして、江戸の町で捕り物に奔走する毎日。時には、血なまぐさい斬り合いにもなるが、捕縄術の名手佐武は、居合いの達人市の力を借りて、事件を解決...