八百八町表裏 化粧師

八百八町表裏 化粧師

江戸時代末期に、自社製品の化粧品を自著で広告した式亭三馬・式亭小三馬親子を題材に、現代の広告を重ねて下町の人間ドラマを描いた。なお、式亭三馬、式亭小三馬、水野忠成といった実在の人物が登場するが、水野忠成による小判の改鋳時期や浅間山の噴火などは史実と異なっている。

概要

江戸時代末期の文政年間、江戸の町で話題の薬屋である式亭正舗の若き主人、式亭小三馬は、その豊富なアイディアと意表をついた化粧で町の諍いごとや騒動を解決していく。その評判が老中水野忠成にまで届き、小三馬は江戸全体の化粧に挑むことになる。だが、その裏で進んでいた企てに気づいた小三馬は、命を狙われることになる。

登場人物・キャラクター

主人公

薬屋の式亭正舗の店主。父の式亭三馬が没した後、店を継いでいる。本名は虎之助。直接女性の化粧をすることもあるが、化粧品の開発と引き札(チラシ)などの広告戦略に実力を発揮する。自由な発想で難題を切り抜けて... 関連ページ:式亭 小三馬

花火

花火師丸屋源三の娘で、式亭小三馬に頼み込んで、父の花火制作の場所を借りる。父の爆死後、その美的センスを見込まれ、式亭正舗で服飾デザイナーとして働くことになった。小三馬に気があるが、今のところ男女の関係にはなっていない。

春永

禿げ頭だが、眉と鬚は黒くて豊かな老人。式亭正舗の引き札(チラシ)の独占絵師。式亭小三馬の相談役でもある。

やや長めの卵形の頭に細長い小振りな鼻で、難しそうに口を閉じてていることが多い青年。式亭正舗の番頭。上方出身で、父に逃げられた母に独りで生きていけと放り出され、女のヒモになったが愛想をつかされて路頭に迷... 関連ページ:両助

小柳 定九郎

丸顔で目鼻と口は小さく顔の中心にまとまっている少年。仙台の伊達藩の足軽の九男に生まれ、式亭三馬に憧れて江戸で戯作者になろうと式亭正舗を訪れた。物語を作る才能を認めた式亭小三馬が式亭正舗において、引き札(チラシ)の宣伝文を作らせている。ただ、東北弁の訛りがひどい。 花火に淡い恋心を持っていたこともある。

母ドノ

式亭小三馬の母。ほとんど店のことはしていない。芝居や花火といったイベントが大好き。

トラ

四角い大きな顔に小さな目と胡座をかいたような鼻、大きな口に出っ歯で、眉尻が太くハの字になっている愛嬌のある町娘。式亭正舗で働いている。

梅沢 玉五郎

女形として人気で、母ドノも贔屓にしている役者。役者としては大根だと自己評価は高くないが、周囲からは認められている。女形が染みついているため、なにかと女性的。呉服屋の藤原屋のお嬢さんに見初められ、夫婦になったが役者は続けている。

江戸幕府の老中。式亭小三馬の評判を聞きつけ、なにかと難題を持ち込んでくる。その際、直接自分で会っており、正体が知られていると知りつつも、お忍びなので水越忠左衛門と名乗る。自分と相通ずるものを感じる小三... 関連ページ:水野 忠成

式亭 三馬

『八百八町表裏 化粧師』に登場する故人。式亭小三馬の父で、5年前に死去。モデルは実在の戯作者の式亭三馬。式亭正舗で薬と化粧品を売り、自らの著作内で宣伝をしていたことも史実。

場所

式亭正舗

『八百八町表裏 化粧師』の舞台で、式亭小三馬の薬屋。化粧品のほうが主力商品となっている。

SHARE
EC
Amazon
logo