長嶋 茂雄

侍ジャイアンツ(漫画)の登場人物。読みは「ながしま しげお」。

  • 長嶋 茂雄
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
侍ジャイアンツ(漫画)
正式名称
長嶋 茂雄
ふりがな
ながしま しげお

総合スレッド

長嶋 茂雄(侍ジャイアンツ)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

読売ジャイアンツの四番バッターでサード。実在の長嶋茂雄がモデル。番場蛮読売ジャイアンツの二軍で練習試合をしたときは、審判と捕手を兼任したことがある。四児と愛妻を持つ35歳(昭和46年当時)。時々、にからかわれたりするが、兄貴分のような存在。

ウルフ・チーフから殺人スライディングを受けたときは、ジャンプでかわすほどの運動神経を持つ。川上哲治監督から、次世代の読売ジャイアンツを託され、そのためにも現在の紳士的野球のジャイアンツをどうにかしたいと、「サムライ」番場を入団させた。

登場人物・キャラクター

左投げ左打ち。投手。土佐嵐高校の1年生だが、途中で退学。高校野球部員だったが、甲子園出場経験はない。投げるボールは手元で伸び、金網にぶつかるとその部分が折れ曲がるほどの殺人的剛速球を投げるが、コントロ...

関連キーワード

『侍ジャイアンツ』で番場蛮が所属するプロ野球球団。昭和45年の日本シリーズでは、ロッテオリオンズを敗って六連覇する。この時期の読売ジャイアンツの打線は、一番柴田勲(センター)、二番高田繁(レフト)、三...

登場作品

昭和45年(1970)のプロ野球日本シリーズにおいて、ロッテオリオンズを破り六連覇した読売ジャイアンツの川上哲治監督だったが、ジャイアンツの紳士的な野球に不安を感じていた。そこで、二軍投手の八幡太郎平...