関口 花代子

関口 花代子

響~小説家になる方法~(漫画)の作品登場人物。読みは「せきぐち かよこ」。

登場作品
響~小説家になる方法~(漫画)
正式名称
関口 花代子
ふりがな
せきぐち かよこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

北瀬戸高校に通う1年生の女子。ライトノベルが大好き。おとなしい性格で、背が高い事にコンプレックスを抱いている。いかにも青春という高校生活にあこがれており、鮎喰響にロマンチックな雰囲気の中で説得され、文芸部に所属する事を決めた。自分でも「華京院華夜」のペンネームで小説を書いており、ライトノベル系の新人賞に応募したものの一次選考も通過しなかった。落ち込んでいたところを、自分と同じヴァンパイアを題材にして書いた響の小説に心を奪われ、それを悪意なく新人賞に投稿した。その応募作「漆黒の月とヴァンパイア」はNF文庫新人賞を受賞し、アニメ化される事となる。同じ文芸部員の塩崎隆也を恐れていたが、彼の優しくて男らしい一面を知り、徐々に惹かれていく。まじめさと文芸を愛する点を評価され、祖父江sofia凛夏に文芸部の次期部長に指名された。小説を書く際、身近にいる凛夏や響の文体の影響をもろに受けてしまう、非常に素直な性格。

登場作品

響~小説家になる方法~

天才的な小説の才能を持つが、非常識な性格の女子高生の鮎食響が、周囲の人々に大きな影響を与え、騒動を巻き起こす姿を描いた青春小説。 関連ページ:響~小説家になる方法~

SHARE
EC
Amazon
logo