阿修羅

阿修羅

聖伝-RG VEDA-(漫画)の主人公。読みは「あしゅら」。

登場作品
聖伝-RG VEDA-(漫画)
正式名称
阿修羅
ふりがな
あしゅら
関連商品
Amazon 楽天

概要

300年前に滅ぼされた守護闘神「阿修羅一族」最後の生き残りで、黄金の瞳と尖った耳を持つ阿修羅王の子。森の奥で脈打つ大木の中に赤子の姿で封印されていたが、夜叉王により封印が解かれた後、急速に成長する。無邪気でかわいらしい子供でありながら、その内に残忍な破壊神としての性格も有している。

代々阿修羅王が受け継ぐ修羅刀を手にし、新たな阿修羅王となる。

関連キーワード

修羅刀

『聖伝-RG VEDA-』に登場する剣。創世の頃より伝わる、阿修羅一族の代々の王に受け継がれる伝説の剣で、炎を生みあらゆる魔を焼き尽くすとされる両刃の剣。300年前に阿修羅王が帝釈天に倒された後、地下世界で迦羅が守っていたが阿修羅が受け継ぐ。夜叉王の持つ夜摩刀とは互いに引かれ合う性質を持つ。

登場作品

聖伝-RG VEDA-

仏教やヒンドゥー教のベースとなった古代インドの神話を元に、傍若無人な天帝と天界を守護する武神将たちの戦いを描く物語。 関連ページ:聖伝-RG VEDA-

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
孔雀
蘇摩
龍王
帝釈天
舎脂
場所
その他キーワード
logo