音井 正信

音井 正信

TWIN SIGNAL(漫画)の登場人物。読みは「おとい まさのぶ」。別称、父さん。

登場作品
TWIN SIGNAL(漫画)
正式名称
音井 正信
ふりがな
おとい まさのぶ
別称
父さん
別称
若先生
関連商品
Amazon 楽天

概要

音井信彦の父で35歳のロボット工学者の助教授。素顔のままだと若くみられるため、これを嫌い、度の入ってない伊達メガネをかけている。少し長髪気味の髪型。子供の頃から父の音井信之介の職場だったシンクタンク・アトランダム本部に出入りし、ハッカーとして様々なプログラムを作成していた。

自分で人間型ロボットを開発・製作したことはないが、父の作ったロボットを改造しまくっている。妻は、ロボット心理学者の音井みのる。作品開始時は夫婦で海外に出て研究旅行をしていたが、後にシンクタンク・アトランダムの幹部に就任する。12歳で仲良くなった人間型ロボットのカルマを兄と慕っていた。

外伝の『呪われし電脳神』では、正信が14歳の時に、暴走した人間型ロボットのギアを、コードエモーションカルマと協力して倒す姿が描かれた。

登場作品

TWIN SIGNAL

ロボット工学の権威である祖父の家に預けられた小学5年の主人公、音井信彦は、完成間近の最新型の人間型ロボットに「自分の兄のような存在」というプログラムを入力してもらうが、事故のせいで完成したロボットのシ... 関連ページ:TWIN SIGNAL

SHARE
EC
Amazon
logo