頼羅 青蓮

頼羅 青蓮

獣神演武(漫画)の登場人物。読みは「らいら せいれん」。岱燈獅麗とは親族関係にある。

登場作品
獣神演武(漫画)
正式名称
頼羅 青蓮
ふりがな
らいら せいれん
関連商品
Amazon 楽天

概要

姓は頼羅、字は青蓮。岱燈獅麗の義妹。本人は岱燈と血が繋がっていないことを知らない。破軍覚醒と共に自身を制御できなくなる岱燈を制止することが可能。史明により父曹栄が岱燈を守るために帝国を追われ、その際に実の母頼峰黄梨が死んだことを知らされる。さらに眼前で父曹栄を殺され、全て岱燈のせいであると一時恨んだこともある。

夏王朝の星操の巫女の末裔。慶狼の死後、父曹栄の後を継いで青龍党の頭となる。

関連人物・キャラクター

岱燈獅麗

姓が岱燈、字は獅麗。破軍の星を持つ。年上の者に負けることで形を成す成人の儀だが、負けることを良しとしないため、未だ元服できずにいた。無意識のうちに操気法を会得。孫寧から元服祝いに賢嘉爛舞を渡されるが、... 関連ページ:岱燈獅麗

登場作品

獣神演武

時は乱世。横暴な賢帝国帝国軍と国民の争いは絶えない。流民の街泰山で育った岱燈獅麗は、元服を迎えて賢嘉爛舞という英傑だけが扱えるという剣を授かる。そんな岱燈の前に帝国軍の将軍慶狼の私設軍隊玄狼党の男史明... 関連ページ:獣神演武

SHARE
EC
Amazon
logo