風魔の小太郎

花の慶次 ―雲のかなたに―(漫画)の登場人物。豊臣秀吉とはライバル関係。

  • 風魔の小太郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
花の慶次 ―雲のかなたに―(漫画)
正式名称
風魔の小太郎

総合スレッド

風魔の小太郎(花の慶次 ―雲のかなたに―)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

日本の戦国時代の忍者・風魔小太郎をモデルとしている。北条家に仕える忍・風魔軍団の頭領。太平の世なれば、やがて無用の長物となるであろう忍として、最後の華を咲かせるため、風斎という坊主姿になり、親豊臣派の公卿の娘・おふうを拉致して、豊臣政権の力を削ごうとした。

だがおふうが命を捨てる覚悟で前田慶次を庇ったため、それほどの男を倒すことこそ最後の戦いとして相応しいと前田慶次の打倒に情熱を燃やすようになる。そして、配下たちの前で真の姿を晒し、ひとりで決着をつけるために風魔軍団の解散を宣言。豊臣秀吉が溺愛する側室・茶々君や豊臣家の重臣たちが見守る能の舞台を果たし合いの場と選び、慶次と華々しい一騎討ちを繰り広げた。

激戦の果てに敗北を悟り自害しようとしたが、時代の徒花が消え行く寂しさを憂う慶次に止められ、忍の道を捨てて故郷に帰ることを決断。

登場人物・キャラクター

武芸者の荒井願鬼坊に連れられていた捨て子の少女。荒井願鬼坊が討ち取った人物の耳を切り落としては桶に入れ、それを持ち歩く役をやらされていた。笑顔をまったく見せなかったが、前田慶次が荒井願鬼坊を討ち取って...
日本の戦国時代の武将・豊臣秀吉をモデルとしている。時の天下人で、傾奇者として名を馳せる前田慶次の噂を聞き、面会を望んでいた。ようやくそれが叶い、噂通りの傾きぶりに加え、豊臣秀吉を殺そうと狙っていた肝の...
日本の戦国時代の武将・前田慶次郎をモデルとしている。加賀の大名、前田利家の甥で、身の丈六尺五寸(197cm)を超える大柄の武士。義に厚く、器の大きい自由気ままな風流人として生きる傾奇者にして、無類の戦...

登場作品

時は戦国時代末期、加賀前田家の武将・前田慶次は、お家の鼻つまみ者として、当主の前田利家に疎まれながらも、稀代の傾奇者として好き勝手に、そして雅に振る舞い、人々の信任を得ていた。もはやその大器に加賀は狭...