館林 功

館林 功

麒麟館グラフィティー(漫画)の登場人物。読みは「たてばやし いさお」。宇佐美秀次とは親族関係にある。

登場作品
麒麟館グラフィティー(漫画)
正式名称
館林 功
ふりがな
たてばやし いさお
関連商品
Amazon 楽天

概要

新進気鋭のインテリアデザイナー。32歳。が働くインテリア店のオーナーの甥で、宇佐美の実兄。とは出会って3か月でプロポーズ、婚約まで話を進めた。雑誌に紹介されるほどのルックスの良さを持ち、大人の落ち着きもあるが、やや強引。

関連人物・キャラクター

22歳。大学の仲間とインテリア雑誌を作っており、卒論に間に合わず、大学留年中。亡くなった祖母から引き継いだ下宿所・麒麟館の管理人をすることになる。3年前に先輩の宇佐美にフラれ、今でも失恋の痛手を引きず... 関連ページ:

宇佐美秀次

妙の先輩で初恋の相手。エリート建築設計士で自分の出世のためには手段を択ばない。美形だが、他人に対する態度は冷たく傲慢。大学卒業後すぐに菊子と結婚するが、彼女に対しては仕事をせずに家事だけやっていれば良... 関連ページ:宇佐美秀次

登場作品

麒麟館グラフィティー

札幌の麒麟館に新しく管理人としてやってきた森川妙は冬の雪道にうずくまっている女性を拾う。その女性は、妙が大学時代にあこがれていた先輩宇佐美の妻菊子だった。妙は宇佐美の想いを抱えながら、菊子との友情を育... 関連ページ:麒麟館グラフィティー

SHARE
EC
Amazon
logo