骨川 スネ夫

骨川 スネ夫

ドラえもん(漫画)の登場人物。読みは「ほねかわ すねお」。別称、スネ夫。

登場作品
ドラえもん(漫画) 等
正式名称
骨川 スネ夫
ふりがな
ほねかわ すねお
別称
スネ夫
関連商品
Amazon 楽天

キャラクター紹介

のび太のクラスメイト。キザで嫌味な性格の小柄な少年。裕福な家庭に生まれ、自分の持ち物や恵まれた境遇を(主にのび太に対して)自慢している。この性格が災いしてトラブルとなることも少なくない。ジャイアンに腰巾着のように付き従い、のび太をいじめることが多い。しかしジャイアンから被害を受けて、ドラえもんに泣きつくこともある。

弟がいてニューヨークに在住。特技はラジコンの操縦やプラモデル作り。

漫画での骨川 スネ夫

『ドラえもん』

原作漫画。

TVアニメーションでの骨川 スネ夫

『ドラえもん』

1973年から放送された、アニメ版第1作。

『ドラえもん(新・帯)』

1979年から1981年まで10分間の帯番組として放送された、アニメ版第2作。

『ドラえもん(新・第1期)』

『ドラえもん(新・帯)』から放送枠を移行し1981年から2005年まで30分枠で放送された、アニメ版第2作の1期。

『ドラえもん(新・第2期)』

『ドラえもん(新・第1期)』からキャストを一新し2005年から放送中の、アニメ版第2作の2期。

劇場版アニメーションでの骨川 スネ夫

『ドラえもん のび太の恐竜』

映画ドラえもんシリーズ第1作。本作では恐竜の爪の化石をのび太に自慢したことが、以後の事態の引き金となる。

『ドラえもん のび太の宇宙開拓史』

映画ドラえもんシリーズ第2作。本作ではのび太と共にコーヤコーヤ星を訪れるがガルタイト鉱業の所業に恐れをなす。

『ドラえもん のび太の大魔境』

映画ドラえもんシリーズ第3作。本作では秘境で現地民に祟りや呪いとされている現象を科学的に説明づけるなど理知的な面を発揮する。

『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』

映画ドラえもんシリーズ第4作。本作ではジャイアン共々沈没船探しにこだわり、勝手にキャンプを抜けだして死にかけたり、嘘つきだからというので海底人の牢屋から出してもらえなかったり、二人してトラブルメーカーぶりを発揮している。

『ドラえもん のび太の魔界大冒険』

映画ドラえもんシリーズ第5作。本作には魔法世界に住む骨川スネ夫として登場し、魔法の使えない野比のび太をやはりバカにしている。それでも自分が大魔王デマオンを倒すために選ばれた戦士たちの一人であることがわかると、ドラえもんたちの大魔王討伐に同行した。

『ドラえもん のび太の宇宙小戦争』

映画ドラえもんシリーズ第6作。本作ではギルモア将軍率いる軍事諜報組織「PCIA」との戦いにオモチャのラジコン戦車を使うことになったため、得意とするプラモ作りやラジコン操縦の腕前を存分に発揮した。源静香と共に自由同盟の基地で敵を迎え撃った時は、改造されたラジコン戦車を操って無人攻撃艇の大軍団を全滅させている。

『ドラえもん のび太と鉄人兵団』

映画ドラえもんシリーズ第7作。本作では従兄弟のスネ吉が作ったオモチャのラジコンロボットミクロスの操縦者として活躍。ドラえもんに改造されて知能を持ったミクロスがメカトピア星の地球侵略を防ぐヒントを発案したことから、間接的に勝利に貢献することになった。

『ドラえもん のび太と竜の騎士』

映画ドラえもんシリーズ第8作。本作では川で目撃した恐竜を探しに地下の大洞窟に向かい、パトロール中の竜の騎士バンホーに保護されたため、行方不明になった彼を野比のび太たちが探して冒険を繰り広げることになった

『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』

映画ドラえもんシリーズ第9作。本作では野比のび太に「ドラえもんの道具、使い放題」という約束を守らせて気分は上々。小学校の劇の配役とヒーローマシンによる変身では、共に猪八戒を演じている。またリンレイ三蔵法師との別れに際して、自分が孫悟空ではないと明かそうとした野比のび太に「孫悟空だよ」と救いの手を差し伸べ、好漢ぶりを発揮した。

『ドラえもん のび太の日本誕生』

映画ドラえもんシリーズ第10作。本作では勉強の科目ごとに家庭教師を付けるという親に反発して家出。7万年前の日本で農林大臣となって食料作りに励み、いろいろな食べ物が入った大根を量産した。

『ドラえもん のび太とアニマル惑星』

映画ドラえもんシリーズ第11作。本作では野比のび太たちを追ってジャイアンと共にアニマル惑星に迷い込み、動物たちを守るためにニムゲと戦うことになる。またどうぶつごっこ帽子を使ってキツネに変身したため、臭いをたどって下水道にいたチッポを発見する活躍も見せた。

『ドラえもん のび太と雲の王国』

映画ドラえもんシリーズ第13作。本作では雲の王国の大株主となって、建設費の大部分を負担。完成した王国でテニスを楽しむことになった。また天上人のノア計画を知ってからは源静香ジャイアンと共に、最後の審判の席でその中止を訴えている。

『ドラえもん のび太と夢幻三剣士』

映画ドラえもんシリーズ第15作。本作ではのび太が夢に見る夢幻三剣士の世界で、外見がそっくりなスネミスという剣士が登場する。

『ドラえもん のび太の創世日記』

映画ドラえもんシリーズ第16作。本作では夏休みの自由研究でのび太が行う新地球の進化の観察に参加する。

『ドラえもん のび太と銀河超特急』

映画ドラえもんシリーズ第17作。ドラえもんのび太に同行して宇宙行きのミステリートレインに乗った後に、寄生生物ヤドリにとりつかれて操られてしまう。

『ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記』

映画ドラえもんシリーズ第18作。本作ではドラえもんたちと共にねじ巻き都市の開発に参加、星に忍び込んだ犯罪者熊虎鬼五郎に立ち向かう。

『ドラえもん のび太の南海大冒険』

映画ドラえもんシリーズ第19作。本作ではドラえもんらと共に17世紀のカリブ海へタイムスリップし、はぐれたのび太を探してトモス島で冒険する。

『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』

映画ドラえもんシリーズ第20作。本作ではドラえもんの出した未来のゲーム・スタークラッシュの空間内にいた状態でゲーム筐体ごとリアンの宇宙船に回収されてしまう。

『ドラえもん のび太の太陽王伝説』

映画ドラえもんシリーズ第21作。本作ではドラえもんたちに同行して古代文明の王国マヤナ国魔女レディナの陰謀に立ち向かう。

『ドラえもん のび太と翼の勇者たち』

映画ドラえもんシリーズ第22作。本作では。グースケと遭遇したのび太たちに追いすがり、一緒に時空の穴に呑まれて鳥人の世界・バードピアへ迷い込む。

『ドラえもん のび太とロボット王国 』

映画ドラえもんシリーズ第23作。本作ではペットロボットを自慢したことでのび太ロボット大量購入を招きポコと遭遇するきっかけとなる。ドラえもんたちに同行して王国を訪れ、デスターと戦う。

『ドラえもん のび太とふしぎ風使い』

映画ドラえもんシリーズ第24作。本作では自分が捕獲しようとして失敗したフー子に懐かれたのび太を妬んだ矢先にウランダーの亡霊に憑依され、人格を乗っ取られてしまう。

『ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』

映画ドラえもんシリーズ第25作。本作では野良犬・猫を太古の世界へ連れて行くドラえもんたちに同行し、共にワンニャン国で冒険する。

『ドラえもん のび太と緑の巨人伝』

映画ドラえもんシリーズ第28作。本作ではドラえもんたちに同行して、地球上の植物をすべて持ち去るという緑の星の計画に抵抗する。

『ドラえもん のび太の人魚大海戦』

映画ドラえもんシリーズ第30作。本作では海外でのスキューバダイビング体験を自慢し、のび太がダイビングをしたいと欲するきっかけを作った。仲間と共に人魚族を助ける戦いに加わる。

『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~』

映画ドラえもんシリーズ第31作。『ドラえもん のび太と鉄人兵団』のリメイク作品。本作ではおもちゃのロボットを自慢したことでのび太が巨大ロボットをほしがるきっかけを生む。

『ドラえもん のび太と奇跡の島 ~アニマル アドベンチャー~』

映画ドラえもんシリーズ第32作。本作ではドラえもんたちに同行してベレーガモンド島に赴き、未来の悪徳商人シャーマンに囚われの身となる。

『ドラえもん ぼく、桃太郎のなんなのさ』

『21エモン 宇宙へいらっしゃい』の併映作品。本作では夏休みの宿題で楽をしようとドラえもんに町の歴史を調べさせたことがきっかけで、「桃太郎」が実在するかどうか調べることになる。ところがドラえもんジャイアンたちと向かった642年前の日本で、鬼と間違われて村人たちに追われたあげく、みずから「桃太郎」を演じることになってしまう。

『STAND BY ME ドラえもん』

3DCG映画版。

関連人物・キャラクター

野比 のび太

キャラクター紹介勉強もスポーツも駄目な冴えない小学生。大きな眼鏡をかけている。両親の野比のび助と野比玉子と暮らしている。常に他人を思いやる、優しい心の持ち主だが、怠惰で小ずるい面も多々見られる。同級生... 関連ページ:野比 のび太

剛田 武

キャラクター紹介のび太のクラスメイト。通称「ジャイアン」。大柄でケンカの強いガキ大将で、暴力や理不尽な理屈でのび太たちを取り仕切っている。単なる暴君ではなく、ときにはリーダーとして仲間を牽引したり、厚... 関連ページ:剛田 武

デマオン

悪魔たちが住む魔界の星の王で、階級社会の頂点に立つ独裁者として君臨している。強力な魔法を使えるうえに不死身だが、心臓をデモン座のアルファ星という星に変えて隠していて、そこに銀のダーツを打ち込まれると死... 関連ページ:デマオン

ドラえもん

キャラクター紹介22世紀からタイムマシンでやってきたネコ型ロボット。元々のび太の玄孫であるセワシに仕えていた子守用ロボットだったが、成人後ののび太の数々の不始末がもとで、一家は困窮。その過去を改変すべ... 関連ページ:ドラえもん

源 静香

キャラクター紹介のび太のクラスメイト。かわいらしく、文武両道の優等生で、同級生からの憧れの的。友達からはしずちゃんと呼ばれている。思いやりがあるやさしい性格であるが、意地悪やいたずらはきちんと叱るとい... 関連ページ:源 静香

ギルモア

チーム“パオパオ・ビール”のエース選手。ペペの地元でのレースということで、ペペに対して「今日は俺の日だ」と釘を刺すが、レース途中のアクシデントでリタイアしてしまう。

バンホー

地底で進化した竜人の騎士で、竜の軍団に属している。恐竜保護区をパトロール中に、地上から迷い込んできた骨川スネ夫を保護し、野蛮なナンジャ族に襲われた野比のび太たちも二度助けることになる。 だが白亜紀の恐... 関連ページ:バンホー

チッポ

犬の王国の村で暮らしていた子供で、村の大人たちはみんな兵隊に連れて行かれていた。出会ったクンタック王子や野比のび太たちに、村人が空飛ぶ船や火を吐く車を作らされていることなど、大事な情報を伝えている。

スネミス

好きな筋立ての夢を見ることが出来る装置気ままに夢見る機によりのび太が見る夢物語・夢幻三剣士の登場人物。外見はスネ夫そっくり。ノビタニアン、ジャイトスと共に夢幻三剣士のひとりとして妖霊大帝オドローム退治の旅に出る。

熊虎 鬼五郎

脱獄囚。前科百犯の凶悪犯。偶然からドラえもんの道具を使ってねじ巻き都市のある小惑星へ侵入する。湖にあるとみなされる金塊の強奪や、ねじ巻き都市の征服を企てる。人手を増やすため、生物を複製する道具を使って自分自身の心身をコピーしたクローン体を大量に製造。 コピーたちには自分を社長と呼ばせる。

レディナ

古代文明国家・マヤナ国に巣食う魔女。本来は国の神官をたばねる重職にあったが、みだりに魔術をおこなって人心をまどわしたかどで追放された。これを恨み、国を征服しようとしている。ティオ王子の母親に呪術をしか... 関連ページ:レディナ

ポコ

少年型のロボット。人間とロボットが共存する星にある王国の住民。全ロボットの感情を抹消するという国策から逃げるさい、超空間を通って偶然に地球へやってきたことでドラえもんたちと出会う。 母ロボットがジャンヌ女王の養育係だった縁で、ジャンヌとは共に親しく育った幼馴染で弟分のような関係にある。

デスター

人間とロボットが共存してきた星の王国で軍事のトップに立つ司令官。ジャンヌ女王に対し、感情をもつロボットたちを憎ませるための嘘をついて全ロボットの感情を消し去る計画を吹き込む。 謀略によって王位ごと国を手に入れようとしている野心家。金属製のアーマーに身を包み、仮面で顔を隠している。

フー子

風の化身。台風の子供。町で出会ったのび太に懐いて深く心を通わせ、可愛がられる。その生まれは世界に災いをもたらす怪物マフーガと密接に関係している。外見は空気が渦巻いたミニ台風といった観で、接触したものを... 関連ページ:フー子

ウランダー

シャーマン。大昔、風の民の長に封印された邪悪な呪術師。ストームによって解放された亡霊がスネ夫に憑依して、人格をのっとる。ストームと共謀して、かつて自らが生み出した嵐の怪物・マフーガの復活を狙う。

シャーマン

未来人の商売人。男性。ベレーガモンド島を手中におさめ、その島にしか生息していないカブトムシ・ゴールデンヘラクレスがもつ不思議な力を狙う。誘拐や破壊工作をはじめ、犯罪行為をいとわず目的を達しようとする。 男2人・女1人の手下を従えている。

関連キーワード

町内

野比のび太や友人の家、学校、遊び場となっている裏山や空き地などがある町。作中に登場した手紙に書かれた宛先では、東京都練馬区月見台となっている。

アニマル惑星

人間並みの頭脳を持つ、様々な種類の二足歩行の動物たちが平和に暮らす惑星。自然環境と科学文明を両立させた完全エコロジーな社会が築かれている。動物たちが「月」と呼ぶ星は実はアニマル惑星の二連星の地獄星で、... 関連ページ:アニマル惑星

ねじ巻き都市

玩具やぬいぐるみ達の国。ドラえもんが未来世界の福引でもらった小惑星群の中で唯一自然豊かな星に、のび太の着想によって築かれた。ぬいぐるみ達はドラえもんの道具生命のねじによって生命を吹き込まれ、さらに落雷の影響で高い知性を得た。 脱獄囚の熊虎鬼五郎が逃げ込んできて、都市の征服を企てる。

マヤナ国

日本ではないどこかの土地の古代にあった文明国家。ティオやククの暮らしている国。王制。魔女のレディナが王座を狙って陰謀を進めている。ドラえもんの道具で時空の穴を開いていた時に混線が起きて現代日本にあるのび太の部屋との間につながりができた。

ベレーガモンド島

不死のカブトムシ・ゴールデンヘラクレスの生息地。不思議な力で外敵から守られており、奇跡の島の異名をもつ。未来人が過去から時空を越えて絶滅動物を集め、保護する場所として使う。原住民のロッコロ族が暮らしている。 未来の悪徳商人・シャーマンに狙われる。

登場作品

ドラえもん

冴えない小学生野比のび太と、未来からきたネコ型ロボットドラえもんの日常、騒動、冒険をコミカルに描いたSFコメディ漫画。1話完結型の作品であるが、映画公開と連動した「大長編」も存在する。海外翻訳もされて... 関連ページ:ドラえもん

ドラえもん のび太の恐竜

藤子・F・不二雄の漫画が原作。漫画で「大長編」を掲げるシリーズの映画化第1弾であり、テレビアニメ版からの映画化という意味でも本作が初。ドラえもん映画公式サイト「DORAEMON MOVIE」の「作者の... 関連ページ:ドラえもん のび太の恐竜

ドラえもん のび太の宇宙開拓史

藤子・F・不二雄の同名漫画を原作とする。漫画の「大長編」シリーズおよびテレビアニメ版のアニメ映画化第2弾。キネマ旬報(1990年、3月下旬号)掲載の藤子Fの談では『ジェーン』が着想元の1つとして語られ... 関連ページ:ドラえもん のび太の宇宙開拓史

ドラえもん のび太の大魔境

藤子・F・不二雄の同名漫画を原作とする。漫画の「大長編」シリーズおよびテレビアニメ版からのアニメ映画化第3弾。1982年の公開時には藤子A原作の『怪物くん』『忍者ハットリくん』の劇場版との3本立てで上... 関連ページ:ドラえもん のび太の大魔境

ドラえもん のび太の海底鬼岩城

海底人と遭遇したドラえもんたち5人の仲間が、世界を救うため鬼岩城に乗り込んでいく。藤子・F・不二雄の『大長編ドラえもん』を下敷きに作られた長編映画シリーズの第4作で、芝山努がシリーズ初の監督を務めてい... 関連ページ:ドラえもん のび太の海底鬼岩城

ドラえもん のび太の魔界大冒険

藤子・F・不二雄の『大長編ドラえもん』を下敷きに作られた長編映画シリーズの第5作で、舞台はドラえもんと野比のび太が出現させた魔法世界。二人はその世界のジャイアンたちと魔界の大魔王に挑む。 関連ページ:ドラえもん のび太の魔界大冒険

ドラえもん のび太の宇宙小戦争

藤子・F・不二雄の『大長編ドラえもん』を下敷きに作られた長編映画シリーズ第6作。「スター・ウォーズ」と「ガリバー旅行記」をモチーフとした宇宙戦争に、ドラえもんと4人の仲間たちが巻き込まれる。 関連ページ:ドラえもん のび太の宇宙小戦争

ドラえもん のび太と鉄人兵団

藤子・F・不二雄の『大長編ドラえもん』を下敷きに作られた長編映画シリーズの第7作。メカトピア星のロボット軍団による地球侵略を描いた、シリーズ屈指のSFバトル・アクションとなっている。 関連ページ:ドラえもん のび太と鉄人兵団

ドラえもん のび太と竜の騎士

藤子・F・不二雄の『大長編ドラえもん』を下敷きに作られた長編映画シリーズの第8作。竜人たちが文明を築いた地底世界に乗り込んだドラえもんたち一行が、竜人誕生の意外な秘密を知ることになる。 関連ページ:ドラえもん のび太と竜の騎士

ドラえもん のび太のパラレル西遊記

未来のゲーム機によって妖怪の世界となったパラレルワールドを舞台に、孫悟空となった野比のび太が活躍するSF「西遊記」。藤子・F・不二雄の原案で描く『ドラえもん』長編映画シリーズの第9作。 関連ページ:ドラえもん のび太のパラレル西遊記

ドラえもん のび太の日本誕生

7万年前の世界を舞台にドラえもん一行と悪の呪術師との戦いを描く、長編映画シリーズの第10作。藤子・F・不二雄の『大長編ドラえもん』を原作に、日本人誕生の謎に迫るアクション・アドベンチャー。 関連ページ:ドラえもん のび太の日本誕生

ドラえもん のび太とアニマル惑星

進化した動物たちの暮らすエコロジー惑星を侵略者から守るため、ドラえもん一行が繰り広げる大冒険。藤子・F・不二雄の『大長編ドラえもん』を元に環境問題を絡めて描く、ドラえもん長編映画の第11作。 関連ページ:ドラえもん のび太とアニマル惑星

ドラえもん のび太と夢幻三剣士

藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』を原作とするアニメの劇場版15作目。ドラえもん以外の主要人物はすべてのび太の見る夢の世界の住人という設定で展開していくのが特徴。全国の映画館主の同業組合が贈るゴール... 関連ページ:ドラえもん のび太と夢幻三剣士

ドラえもん のび太の創世日記

藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』を原作とするアニメの劇場版、第16作目。ドラえもんやのび太は自らの目的のために冒険するのではなく、舞台となる星の長い歴史の流れに立ち会う役回りになっている。そのため... 関連ページ:ドラえもん のび太の創世日記

ドラえもん のび太と銀河超特急

藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』を原作とするアニメの劇場版17作目。題名の「銀河超特急」は「ぎんがエクスプレス」と読む。次作の執筆途中で藤子(F)が逝去したため、藤子(F)が映画のために直接描いた... 関連ページ:ドラえもん のび太と銀河超特急

ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記

藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』を原作とするアニメの劇場版18作目。原作の執筆途中で藤子(F)が逝去したため、藤子(F)が直接に原作を手がけた映画は本作が最後となる。未完となった後半は遺された草稿... 関連ページ:ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記

ドラえもん のび太の南海大冒険

藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』を原作とするアニメの劇場版で、通算18作目。1996年に藤子(F)が亡くなり17作目が映画における遺作となったため、本作は藤子(F)自身が直に描いた原作がない、没後... 関連ページ:ドラえもん のび太の南海大冒険

ドラえもん のび太の宇宙漂流記

藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』を原作とするアニメの劇場版20作目。藤子(F)没後の作品で、ストーリーはオリジナル。1979年からのテレビアニメ版および映画シリーズの20周年記念作品。全国の映画館... 関連ページ:ドラえもん のび太の宇宙漂流記

ドラえもん のび太の太陽王伝説

藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』を原作とするアニメの劇場版21作目。藤子(F)没後なので直の原作はなく、物語はオリジナル。顔の似た者が入れ替わる展開は雑誌「クイックジャパン」第64号(2006)の... 関連ページ:ドラえもん のび太の太陽王伝説

ドラえもん のび太と翼の勇者たち

藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』を原作とするアニメの劇場版、第22作目。予告編では「21世紀最初の映画ドラえもん」というふれこみが入れられた。藤子プロが手がけた漫画版はあるが、藤子(F)没後なので... 関連ページ:ドラえもん のび太と翼の勇者たち

ドラえもん のび太とロボット王国

藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』を原作とするアニメの劇場版シリーズ第23作目。藤子(F)が描いた直接の原作はないが、藤子(F)没後も「大長編」シリーズを継続している藤子プロにより、映画のベースとな... 関連ページ:ドラえもん のび太とロボット王国

ドラえもん のび太とふしぎ風使い

藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』を原作とするアニメの劇場版24作目。直接には藤子(F)が描いた原作はなく、藤子(F)の没後に制作されたオリジナルストーリー作品の1つ。重要キャラクターのフー子は漫画... 関連ページ:ドラえもん のび太とふしぎ風使い

ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』を原作とするアニメの劇場版25作目。原作の短編「のら犬『イチ』の国」を原案にしたオリジナルストーリー。翌年にテレビ本編の声優陣が一新されるため、1979年以来の旧声... 関連ページ:ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

ドラえもん のび太と緑の巨人伝

藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』を原作とするアニメの劇場版。歴代通算で28作目、2005年に声優陣が一新されてからは3作目となる。リニューアル後では初のオリジナルストーリー。ただし漫画『ドラえもん... 関連ページ:ドラえもん のび太と緑の巨人伝

ドラえもん のび太の人魚大海戦

藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』を原作とするアニメの劇場版。2005年にテレビ版の声優陣が一新されてから5作目の映画。公開年度の2010年はシンエイ動画制作テレビアニメならびに映画シリーズの30周... 関連ページ:ドラえもん のび太の人魚大海戦

ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~

藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん のび太と鉄人兵団』を原作とするアニメの劇場版であり、1986年の映画のリメイク。2005年にテレビ版の声優陣が一新されてから6作目の映画となる。監督の寺本幸代は『ド... 関連ページ:ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~

ドラえもん のび太と奇跡の島 ~アニマル アドベンチャー~

藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』を原作とするアニメの劇場版。2005年にテレビ版の声優陣が一新されてから7作目の映画。ストーリーはオリジナルだが、原作漫画で絶滅動物を題材にした短編エピソード「モア... 関連ページ:ドラえもん のび太と奇跡の島 ~アニマル アドベンチャー~

STAND BY ME ドラえもん

藤子・F・不二雄の代表作が、山崎貴監督によって初の3DCGアニメ化。原作から幾つかのエピソードを選んで再構成し、TVシリーズとも劇場版とも繋がりの無い独立した作品である。 関連ページ:STAND BY ME ドラえもん

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
ドラえもん
野比 のび太
源 静香
剛田 武
ドラミ
logo