高山 彦九郎

高山 彦九郎

風雲児たち(漫画)の登場人物。読みは「たかやま ひこくろう」。

登場作品
風雲児たち(漫画)
正式名称
高山 彦九郎
ふりがな
たかやま ひこくろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

上州新田郡細谷村郷士。庄屋の息子として生まれ、本を読みながら育つ。悪い者は見逃せない激しい性格で、父親が闇討ちにあい殺害されると、その仇を討つために江戸へ出て武芸の特訓を開始。その後、京都に学校を作ろうという興学運動を起こす。実在の人物高山彦九郎がモデル。

登場作品

風雲児たち

慶長5年、9月15日。関ヶ原の戦いが勃発。徳川家康が総大将の東軍と毛利輝元が総大将の西軍の戦が始まった。東軍の方が分が悪いと思われた戦だったが、小早川秀秋や吉川広家らの裏切り行為などにより東軍が勝利。... 関連ページ:風雲児たち

SHARE
EC
Amazon
logo