高杉 晋吾

緋が走る(漫画)の登場人物。読みは「たかすぎ しんご」。

  • 高杉 晋吾
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
緋が走る(漫画)
正式名称
高杉 晋吾
ふりがな
たかすぎ しんご

総合スレッド

高杉 晋吾(緋が走る)の総合スレッド
2016.06.10 10:46

概要

粘土など、陶芸家が扱う材料や道具を調達する会社・陶彩堂の若手営業マンで、以前は松本竜雪の担当も務めていた。本当は陶彩堂社長の御曹司なのだが、訳ありで母方の姓を名乗り、いち平社員として働いている。愛車は旧式のフォルクスワーゲン・ビートル。松本美咲の担当になってから、彼女のひたむきさにだんだんと惹かれていく。

が、再三のチャンスがありながら、ことごとく見逃してしまうという極度の恋愛不器用。どこか抜けているような風貌と受け答えをする男だが、陶芸に関する知識は深く、松本美咲にとって掛け替えのない助言者、そしてパートナーとなっていった。

登場作品

東京の大学に通う松本美咲は、ある日、陶芸を生業としている父・松本竜雪から一本の電話を受ける。父のただならぬ様子に胸騒ぎを感じた彼女は、急ぎ故郷の萩(山口県)に帰るが、すでに父は亡く、遺作となったひとつ...