鬱ごはん

鬱ごはん

就職浪人である鬱野たけしが、日々美味しくなさそうに食事をする姿を描く。妖精を除いて、継続して登場するキャラクターは少なく、ほとんどが鬱野の独白や想像によってストーリーが進行する。

概要

主人公の鬱野たけしは、それほど食に興味がなく、他人と食事するのも好きではない、内向的な若者。大学を卒業して就職浪人になった鬱野は、アルバイトで生計を立てながら、日々つまらなそうに一人で食事をしている。

登場人物・キャラクター

主人公

大学卒業後、就職浪人になる。内向的で自意識過剰な性格。食に興味がなく、何を食べても美味しく感じられない。また他人と食事をするのも好きではない。食事という行為を「作業」や「何かの儀式」のように考えている... 関連ページ:鬱野 たけし

妖精

鬱野たけしのイマジナリーフレンドで、鬱野以外には見えない。黒い猫のような姿をしていて、関西弁を話す。食事をしながらあれこれ想像したり、料理に失敗したりする鬱野に対するツッコミ役。

叔父

鬱野たけしの叔父。独身。東京で一人暮らしをしている甥の鬱野を心配して、たまに食事に誘っている。

N

鬱野たけしの高校時代からの友人で、現在もつきあいが続いている唯一の人物。鬱野の実家近くで就職していたが、上司と折り合いが悪く、退職。

中島

鬱野たけしと同じ漫画喫茶でアルバイトをしている、大学生の男性。登山サークルに所属しているが、そこで貰った怪しい気功グッズを鬱野にも勧め、鬱野にショックを与える。

書誌情報

鬱ごはん 既刊2巻 秋田書店〈ヤングチャンピオン烈コミックス〉 連載中

第1巻

(2013年4月19日発行、 978-4253255578)

第2巻

(2016年8月19日発行、 978-4253255585)

SHARE
EC
Amazon
logo