鬼眼の狂

鬼眼の狂

SAMURAI DEEPER KYO(漫画)の主人公。読みは「おにのめのきょう」。別称、狂。

登場作品
SAMURAI DEEPER KYO(漫画)
正式名称
鬼眼の狂
ふりがな
おにのめのきょう
別称
関連商品
Amazon 楽天

概要

千人斬りの伝説を持つ最強の侍。真紅に燃える瞳から、鬼眼の狂と呼ばれている。幼い頃を壬生で育ち、本能寺の変では織田信長を斬り殺す。壬生一族の重役、村正に連れられ壬生を抜け出したあと、村正に無明神風流を伝授される。関ヶ原の戦いまでは四聖天を率いて殺戮の日々を送っていたが、壬生京四郎との戦いで身体を封印されてしまい、魂は京四郎の中に収められた。

京四郎の中から完全に覚醒した後、椎名ゆや等と共に、身体を捜す旅を続ける。敵の事を情け無用に殺したり、ゆやや仲間を自分の下僕扱いにするが、その中にも不器用な優しさを持つ。愛刀は師である村正の打った「天狼」。

関連人物・キャラクター

アキラ

かつて、主人公鬼眼の狂が率いる四聖天のひとりだった。戦争孤児だったが、狂に拾われ剣を学ぶ。努力の天才であり、四聖天の中でも狂に対する憧れや執着心が強かった。狂が四聖天を置いて一人旅に出る事になった時も... 関連ページ:アキラ

織田 上総介 信長

戦国最強武将といわれる人物。本能寺の変で明智光秀の軍を全滅させるも、子供だった主人公鬼眼の狂に斬られ死亡。しかし壬生一族によって、身体を乗換えながら何度も蘇っている。実在の人物、織田信長がモデルと思われる。

関連キーワード

四聖天

『SAMURAI DEEPER KYO』に登場する組織。主人公鬼眼の狂が率いる侍集団。アキラ、梵天丸、ほたる、灯の4人で構成される。4年前までは戦場という戦場に現れ、殺戮の限りを尽くしていた。この世で最強最悪の死神集団と恐れられていたが、狂が突然離脱したことで解散した。

壬生一族

『SAMURAI DEEPER KYO』に登場する一族。主人公鬼眼の狂と壬生京四郎が属していた一族。古来から日本の歴史を影で操ってきたという伝説の種族。不老長寿の力を持ち、魂を他の身体に入れ替えるなど... 関連ページ:壬生一族

登場作品

SAMURAI DEEPER KYO

関ヶ原の戦い後の日本で、千人斬りの鬼と呼ばれた主人公鬼眼の狂が、歴史を影で操る壬生一族に戦いを挑む。異能力を持つ者たちとの戦いを通して、狂が仲間との絆を強めていく姿を描いた長編。 関連ページ:SAMURAI DEEPER KYO

SHARE
EC
Amazon
logo