黄天化

封神演義(漫画)の登場人物。読みは「こうてんか」。別称、天化。黄飛虎とは親族関係にある。

  • 黄天化
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
封神演義(漫画)
正式名称
黄天化
ふりがな
こうてんか
別称
天化

総合スレッド

黄天化(封神演義)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

崑崙山脈で修行を積んだ道士で、黄飛虎の次男。こだわりのないあっけらかんとした性格に見えるが、戦いに対する執着心は非常に強い。鼻に一文字のキズがあり、「俺っち」「~さ」という口調が特徴的。主な武器は宝貝・莫邪の宝剣だが、戦闘センスに優れており、他にも様々な宝貝を使いこなす。

登場人物・キャラクター

当初は殷王朝に属し、紂王の臣下として鎮国武成王を務めていたが、一族を率いて造反し、周で開国武成王を任される。初期段階で妲己に戦いを挑み惨敗した太公望を救った。明るく豪放磊落な性格で、大きな身体と怪力、...

関連キーワード

『封神演義』に登場する舞台の一つ。元始天尊が統治する仙人界の一つで、主に元が人間であった仙人・道士約400人が生活、修行をしている。元始天尊の居住する総本山を中心に多くの「山」がある。人間界からも視認...
『封神演義』に登場する用語。能力的に未熟な仙人の総称で、基本的には自らを仙人界にスカウトした仙人の弟子となって、仙人界で修行を積むが、人間界にとどまった場合は、頑強な肉体とずば抜けた身体能力を持った天...

登場作品

舞台は殷王朝時代の古代中国。仙女・妲己により心を惑わされ、悪政を続ける紂王により国は乱れていた。道士・太公望は、元始天尊により人間界に害をなす仙人たちを人間界から駆逐する計画・封神計画を遂行し、殷に替...