黄昏流星群

黄昏流星群

40歳以上の中高年、高齢者の恋愛を主軸に、運命的な出会いや人生を描くラブストーリーコミック。

概要

40歳以上の中高年、高齢者が人生の黄昏時に出会う激しく輝く愛を描く。高齢化社会を背景に、偶然の出会い、人生観などを描いたショートコミック。サブタイトルはすべて星や星に関係する言葉となっている。

登場人物・キャラクター

52歳。芙蓉銀行富士見台支店支店長。入社以来30年間、銀行員として仕事一筋に生きてきた。しかし、突然肩たたきにあい、小さい会社への転職をいい渡される。自分の人生に疑問を持ち、スイスへマッターホルンを見... 関連ページ:盛本 芳春

27歳。群馬県T市の市立博物館勤務。2日間の休みを取って、東京の古書店めぐりをしているところで、初老の老人、北村修一と出会う。 関連ページ:国分 みゆき

63歳。機械工として長年勤めあげ、一昨年、工場を辞めて年金暮らしに入った。真面目で酒もばくちも女もやらなかったが、ある日の早朝、ソープランドへ。姫貝という源氏名の女性に出会い、恋に落ちるのだった。 関連ページ:田村 修平

50歳。人口十万人の地方都市で、父親の跡を継ぎ内科医院を営んでいる。ある日、高校時代の同級生、袴田美保が医院を訪ねてきた。寝たきりの母親を診察してほしいという袴田とともに、家に行くと、彼女の義母に惚れ... 関連ページ:小早川 稔

SHARE
EC
Amazon
logo