黄金のラフ ~草太のスタンス~

黄金のラフ ~草太のスタンス~

それぞれ異なる才能を持つ、うだつの上がらない3人のプロゴルファーが、チームを組んで初めて自分たちの強みを活かすことに成功し、徐々に結果を出していく熱血ゴルフ漫画。また、コメディー要素も強く、個性的なキャラ同士の掛け合いも見所のひとつ。「ビッグコミック」1999年23号から2011年22号にかけて連載された。続編に『黄金のラフⅡ ~草太の恋~』がある。

正式名称
黄金のラフ ~草太のスタンス~
作者
ジャンル
ゴルフ
関連商品
Amazon 楽天

概要

藤本草太は全ホールでバーディを取り、18アンダーのスコアを出すことを理想としている夢見がちなプロゴルファー。ずば抜けた身体能力を持ち、まさに才能の塊であるが、それを活かすだけの頭脳や、冷静な判断力といった重要な資質に欠け、まともな成績を残せていなかった。天才的にパッティングラインを読むことできるが、強気のパットが打てない太子治と、フォーム理論には絶対の自信を持つが、体格がプロゴルファー向きではない谷田部光一の2人は、草太の圧倒的なパワーに目をつけ、自分たちとチームを組んで、世界を目指さないかと持ちかける。

草太はその申し出を一旦断るものの、目の前で自分の愛用クラブを折ってまで懇願する治と光一の姿に根負けし、チームを結成することを承諾する。

そのチーム名は「チームきりたんぽ」。こうしてパワーを活かしたプレー担当の草太、キャディとしてライン読み担当の治、コーチとしてフォーム指導兼頭脳担当の光一の3人の、世界への挑戦が始まる。

登場人物・キャラクター

主人公

チームきりたんぽに所属する男性プロゴルファー。全ホールでバーディを狙い、18アンダーのスコアを理想としている。身体能力に恵まれ、ゴルファーとして理想的な強靭な肉体と柔軟な筋肉を併せ持つ。しかし、その身... 関連ページ:藤本 草太

チームきりたんぽに所属している。キャディを務める男性で、もともとは自身もプロゴルファーだった。山形県出身で、強い訛りのある言葉を話す。プロゴルファーになるために、10年という歳月を費やした苦労人。非常... 関連ページ:太子 治

チームきりたんぽに所属している。スイングコーチを務める男性で、小さい身体のわりに大きな頭が特徴。他にもマネージャーや経理、広報など、チームの頭脳的役割を担当をしている。もともとは自身もプロゴルファーだ... 関連ページ:谷田部 光一

期待の男性新人プロゴルファー。アマチュアタイトルを総なめにして、プロに転向した。ゴルファーとしての資質や技術は申し分なく、プロ1年目にも関わらず、ダイナマイト軍団すら物怖じしない、強靭な精神力と肝っ玉... 関連ページ:花咲 司

ダイナマイト軍団に所属する男性プロゴルファーで、軍団のドン。通算勝利数は86を数えるトッププロ。本名は「竿崎昇司」だが、まるでダイナマイトで粉砕するかのようなプレーぶりから、「マイト竿崎」と呼ばれてい... 関連ページ:マイト竿崎

ニトロ竿崎

ダイナマイト軍団に所属する男性プロゴルファー。マイト竿崎の実の弟。本名は「竿崎健人」だが、兄にあやかって「ニトロ」の愛称で親しまれている。通算勝利数は11。兄に隠れてあまり目立たない存在だが、かなりの飛ばし屋。飛距離だけでいえば、兄のマイト竿崎をも上回るパワーの持ち主。

ダイナマイト軍団に所属する男性プロゴルファー。通算勝利数は6。ダイナマイト軍団におけるご意見番。マイト竿崎に心酔しており、「マイトの影は踏んじゃいけねぇ」が口癖。自分の勝利よりマイト竿崎の勝利を優先し... 関連ページ:田岡 五郎

大風 原野

男性プロゴルファー。詩人で、ラウンド中もよく詩的な表現を頭に浮かべては、プレーそっちのけで自分の世界に入ることがある。プレースタイルは、徹底して刻んで攻める慎重なタイプながら、ショートすることが多い。時には自分の有利な場所にボールを移動させるなどの不正を行うこともある。

男性プロゴルファー。チワワンオープンの推薦枠を賭けて藤本草太と戦った。結婚していて既に子供もいる。プロゴルファーとしては結果が出ておらず、家族に苦労をかけていることを気にしている。それでも、いつかプロ... 関連ページ:畑中

アメリカの男性プロゴルファー。感覚のみで、狙ったところに打つことができる「絶対距離感」の持ち主。これまでの通算勝利数は68。今年だけですでに13勝を挙げている、世界ランキング1位のゴルフ界最強プレーヤ... 関連ページ:ムーベス・ジェラウン

ムーベス・ジェラウンの臨時雇いのキャディを務める女性。ムーベスにピンまでの残りの距離を伝える際、その誤差が累計で50ヤード以内なら、キャディ料が2倍もらえるという契約をしている。そのため、誰よりも慎重... 関連ページ:ルーシー

アメリカの男性プロゴルファー。ネイションワイドツアーの予選に藤本草太を紹介した。ネイションワイドツアー本選では、コースレコードタイの記録を叩き出した。1年間で3勝を挙げるなど、現在売出し中の実力派。顔... 関連ページ:マイク・ハナサン

ベルナルド

マイク・ハナサンのキャディを務める男性。その適切な距離感と、コース状況を把握する力は、太子治も一目置いている。完全なストレートボールを打つマイクにとって、良き相棒となっている。

ネイションワイドツアーの本選に出場した男性プロゴルファー。パッティングからティーショットに至るまで、左右の手を上下逆にクラブを握って打つプレーヤー。フォームは完全な自己流。幼少期から劣悪な環境のもとで... 関連ページ:レイニー・ファクソン

宮置 鉄瓶

漆黒のアイアン「アイアンクロウ」を作った鉄工所の男性。貧乏なためスポンサー料は払えないものの、自分の「アイアンクロウ」を使いこなせるプロゴルファーはいないか、とゴルフ場に通いつめていた。のちに藤本草太に目をつけ、「アイアンクロウ」を使ってもらうようになる。

消費者金融会社「モンキーローン」の社長を務める男性。チームきりたんぽのスポンサーでもあり、海外遠征費用なども肩代わりしている。しかし、その際は消費者金融の社長らしく、しっかりと利子をつけるなど、あくま... 関連ページ:田所

三郎

消費者金融会社「モンキーローン」の男性社員。元暴走族上がりで、歯もシンナーによって溶けている。藤本草太を「芯まで本物のバカ」と評しているが、決して貶している訳ではなく、三郎本人はそれを「カッコいい」と思っている。

恵子

消費者金融会社「モンキーローン」の女性社員。会社では三郎よりも古株で、田所との付き合いも長い。何かにつけて三郎を飲みに誘っているが、その度にいつも断られている。

ソーラ・ビーンズ

ネイションワイドツアーの予選に参加したアメリカの男性プロゴルファー。キャディーに自分の父親を連れているが、まったく信用されていない。ラウンドを回る際には、色々と難癖をつけられている。そのため、父親に対して反抗的な態度を取り続けている。

ホセ・ブロンコ

ネイションワイドツアーの予選に参加したメキシコの男性プロゴルファー。キャディをつけずに、自分でゴルフバッグを担いでコースを回っている。運を落とす「憑き」を気にするタイプ。「憑き」を落とすために、ヒゲを焼いて呪文を唱えるなどの呪術を、ラウンド中にも行っている。

ネイションワイドツアーの本選に出場した男性プロゴルファー。ネイションワイドツアーでは、ビンセント・エクレに次ぐ二番手の飛ばし屋。ハリ・サバランのドライバーショットを見るためだけに来る客も少なくはない。... 関連ページ:ハリ・サバラン

ビンセント・エクレア

ネイションワイドツアーの本選に出場した男性プロゴルファー。ネイションワイドツアーではNo.1の飛ばし屋。350ヤードを超えるショットを打つことができる。飛ばし屋としてのプライドは人一倍高く、自分より飛ばすプレイヤーを一方的に敵視している。

ネイションワイドツアーの本選に出場した男性プロゴルファー。アメリカ人で、周囲には「エディ」の愛称で呼ばれている。レギュラーツアーでの優勝6回、メジャーでも優勝争いに何度も加わったことがある実力者。ショ... 関連ページ:エド・シャンベル

ネイションワイドツアーの本選に出場した男性プロゴルファー。プロになって4年が経ったが、未だ1勝も上げられていない。自身は攻めのゴルフで優勝を手にしたいと考えている。しかし、キャディを務める妻のドルチェ... 関連ページ:オーランド・マリボー

ドルチェ

オーランド・マリボーの妻で、マリボーのキャディを務めている。保守的な性格から、極力パーセーブ狙いで安全にプレーすることを勧めている。そのため、マリボーの意志に反するアドバイスや意見をすることも多い。マリボーのことを心から愛しており、彼を貶す者に対しては容赦しない。

五所瓦 角

マイト竿崎の力士時代の弟弟子。「力は抜いて用いるべし!! 気合は秘めて有するべし!!」という言葉がお気に入り。ふんどしの裏に、わざわざ緑のインクでその言葉を書いている。マイト竿崎もこの言葉を気に入っており、ティーショット後に「いい言葉だろが」と、得意げに口にしている。

名古屋出身の男性カメラマン。「フリーカメラマン」を自称しているが、実際は園越フナ子と同じ会社に所属している。いつもはレギュラーツアーで仕事をしているが、ネイションワイドツアーでの藤本草太の活躍を聞きつ... 関連ページ:JR田辺

JR田辺の上司で、社長兼ライターを務めている女性。JR田辺の拾ってきたネタであるチームきりたんぽに目をつけ、JR田辺に、ずっとチームきりたんぽの取材をするように指示した。元プロゴルファーの2人が、何故... 関連ページ:園越 フナ子

榊 宗一郎

日本一のゴルフメーカー「ビッグパパ」の技術責任者を務める男性。花咲司のスイングをデータ化して報告するなど、実質的な司の指導役となっている。しかし、まったく偉そうにせず、むしろ大物ルーキーである司と契約できたことを、心から喜んでいる。

集団・組織

チームきりたんぽ

藤本草太、太子治、谷田部光一の3人で結成されたゴルフチーム。3人それぞれの得意分野を活かして協力し合っている。最初は考案者の光一が「チーム谷田部」としていたが、治の提案により、特に秋田出身者がいるわけ... 関連ページ:チームきりたんぽ

ダイナマイト軍団

実力派のプロゴルファー十数名が所属する、日本ゴルフ界の最大勢力。マイト竿崎とニトロ竿崎の竿崎兄弟を中心として結成された。プロゴルフトーナメントをも牛耳るほどの力を持ち、敵に回すと非常に厄介な軍団。太子治が過去に所属したいと懇願したことがあったが、その際は田岡五郎に「花がないから」と断られている。

その他キーワード

オラライン

ボールの理想的な軌道を示す光。太子治がパットラインを読む際に見えるもの。調子が悪いと光が見えなくなったり、アドバイスがアバウトになったりする。オララインの強化版に「オラスキャン」がある。これはより光が強く、さらに軌道が立体的に見える。そのため、パットのみならず、アプローチの軌道も見ることができる。

喜怒哀楽ショット

太子治が発案したショット。アプローチが苦手な藤本草太が、微妙な距離の調整をするため、喜怒哀楽の感情を使い分けて打つもの。たとえば怒った表情で打てば、普段より距離を稼げ、笑うと力がいい感じに抜けるので、... 関連ページ:喜怒哀楽ショット

投身自殺ショット

藤本草太がチームきりたんぽ結成前から得意としていたショット。グリーン周りのバンカーなどの淵ギリギリに止まった球を、自分がバンカー側に倒れ込みながら打つショット。これにより、通常は一度横へ出さなくてはな... 関連ページ:投身自殺ショット

鍬入れショット

藤本草太がチームきりたんぽ結成前から得意としていたショット。前に障害物があって球を横にしか出せない時に、畑で鍬入れ作業をする要領で、アイアンを上から振り下ろすショット。これにより、アイアンのヘッドの角... 関連ページ:鍬入れショット

タコ壺スマッシュ

藤本草太が使ったショット。真っ直ぐ立つことのできない、下り傾斜のあるバンカーで使ったもの。ショットを行う際に、自分の片足をバンカー内に沈めて打つ。片足をバンカー内に埋めて固定し、無理矢理に真っ直ぐ立つので、フルスイングが可能になる。しかし、打つ際に、埋めた足に大きな負担がかかる危険なショット。

ビリヤード大作戦

藤本草太がボールの前に岩がある時に使用したショット。正面に打つと岩に当たり、反対方向へ跳ね返ってしまうので、別の方向にある他の岩にわざとぶつけ、なんとかグリーン方向へ反射させて転がすというもの。

おんどれショット

マイト竿崎がここぞという時に使うショット。打つ際に「おんどりゃ~」という声を発するパワーショットで、距離を稼ぐことができる。最上位バージョンに「めんどれショット」というものもある。これは、「めんどりゃ... 関連ページ:おんどれショット

アイアンクロウ

宮置鉄瓶が作成した漆黒のアイアン。どんな環境にも適応できる、強靭な肉体と柔軟な精神を持ち併せたカラスからとったネーミングで、「鉄のカラス」の意味がある。材料に砂鉄を用い、それを木炭燃料の低温で焼き上げ... 関連ページ:アイアンクロウ

2番アイアンパター

岩にぶつけてロフト角がなくなってしまった2番アイアン。藤本草太がビリヤード大作戦で使用した。パターをなくしてしまった草太が、「ドライバーよりはマシ」としてパター代わりに使用した。しかし、実際は岩を打っ... 関連ページ:2番アイアンパター

花びらスタート

エド・シャンベルが1打目を打つ前に行われるパフォーマンス。帯同するキャディが、ポケットから花びらを取り出して舞い散らせるもの。派手好きのエドを象徴するパフォーマンスで、この時に使う花びらを集めるのが、... 関連ページ:花びらスタート

SHARE
EC
Amazon
logo