黒子 テツヤ

黒子 テツヤ

黒子のバスケ(漫画)の主人公。読みは「くろこ てつや」。

登場作品
黒子のバスケ(漫画)
正式名称
黒子 テツヤ
ふりがな
くろこ てつや
関連商品
Amazon 楽天

概要

誠凛高校一年生のバスケ部部員。ポジションは不明。背番号は11。身体能力は平凡だが、目の前にいても気づかれないほど存在感が薄く、その特徴を活かしたミスディレクションでチームメイトを助ける。バスケの強豪校帝光中学校では「幻の6人目」としてキセキの世代チームに貢献していた。

それぞれ別の高校に分かれたキセキの世代を打倒するため、誠凜高校で火神大我と共に全国大会優勝を目指す。

関連人物・キャラクター

キセキの世代

『黒子のバスケ』に登場する、5人の天才バスケ選手の通称。いずれも同学年で、超強豪である帝光中でも別格の才能を発揮して全国三連覇を達成。しかし、各々の能力が高すぎる故にチームワークは崩壊していた。五人はそれぞれ別の高校に進学し、全国大会で競い合うことになる。

テツヤ2号

『黒子のバスケ』に登場する子犬。黒子が拾ってきて誠凛高校バスケ部で飼うことになった。黒子によく似ている。

関連キーワード

誠凛高校

東京都の共学校。バスケ部は創立2年目で、1年目はインターハイ都予選決勝リーグまで進出した。バスケ部監督は相田リコで、主将は日向順平。

ミスディレクション

『黒子のバスケ』の登場人物・黒子テツヤが用いる技。元は、手品で観客の視線を誘導したり、推理小説で読者の注意を真相からそらしたりする技術を指す。黒子は生来の影の薄さに加えてこの技術を応用し、他のプレイヤーや観客から意識されずに行動することを可能にしている。

登場作品

黒子のバスケ

高校生バスケットボールを主題にしたスポーツマンガ。開校2年目の新設校である誠凛高校にて、影の薄さを生かした独特なプレイスタイルでチームを支える黒子テツヤが、バスケットボールにおいて天賦の才を持つ火神大... 関連ページ:黒子のバスケ

SHARE
EC
Amazon
logo