龍造寺 徹心

修羅の門(漫画)の登場人物。読みは「りゅうぞうじ てっしん」。別称、生ける武神。龍造寺舞子とは親族関係にある。

  • 龍造寺 徹心
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
修羅の門(漫画)
正式名称
龍造寺 徹心
ふりがな
りゅうぞうじ てっしん
別称
生ける武神

総合スレッド

龍造寺 徹心(修羅の門)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

実戦空手神武館の創始者であり、龍造寺舞子の祖父。既に高齢だが心身共に衰えを感じさせず生ける武神との異名を持つ。若い頃に陸奥真玄に敗れた事から、打倒陸奥圓明流を目標として神武館を築いた。陸奥九十九のために異種格闘技戦大会を開催し、自らも選手として参加する。

大山倍達がモデルとされる。

登場人物・キャラクター

実戦空手神武館館長の孫娘。現役の女子高生ながら、空手の女子部全国大会で優勝経験あり。料理や英語も得意。神武館を訪ねようとして道に迷っていた陸奥九十九と出会い、案内した。当初は九十九に敵意を抱いていたが...

関連キーワード

『修羅の門』に登場する、千年の歴史を持つ古武術の流派。実戦の中で生まれた殺人技術だが、素手の攻撃で武装した強者をも倒すことを目的とする。一子相伝であり、継承者のみが「陸奥」の姓を名乗ることを許される。

登場作品

古武術陸奥圓明流の継承者陸奥九十九は、陸奥圓明流の最強を証明し、かつ自分の代でそれを終わらせるため、実戦空手神武館に挑む。神武館の長・龍造寺徹心により異種格闘技戦のトーナメントが開催され、九十九は様々...