3次元空間方位測定器

新宇宙戦艦ヤマト(漫画)に登場するメカ。読みは「さんじげんくうかんほういそくていき」。

  • 3次元空間方位測定器
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
新宇宙戦艦ヤマト(漫画)
正式名称
3次元空間方位測定器
ふりがな
さんじげんくうかんほういそくていき

総合スレッド

3次元空間方位測定器(新宇宙戦艦ヤマト)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

正式名称は二型二号次元空間羅針儀。原型は1940年代の古典的羅針盤で、2199年に宇宙戦艦ヤマトの初航海時に空間用に改造されて搭載された。ヤマトの針路は常にこれによって定められてきた。搭載されたのは全部で3つ。第一艦橋の古代進の戦闘指揮座席、島大介の航海長席、そして沖田十三の艦長席である。

ヤマト帰還後は、古代家に家宝として伝わっていた。古代進がヤマトに向かう際に北を指し示し誘導した。

登場作品

西暦3199年。かつて地球を救った宇宙戦艦ヤマトの活躍もすでに伝説となり、人々の記憶から忘れ去られていた。地球人類は、その生活圏を全銀河へと拡大しようとしていたが、未知の敵が放った移動性ブラックホール...