CLOVER

CLOVER

魔法使いと機械文明が融合した中国風の世界で、白花苜蓿計画(クローバー・リーフ・プロジェクト)という実験に翻弄された人物たちのSFファンタジー。元軍人にして今は探偵の琉・F・和彦が軍の評議会の依頼を受けて、ミステリアスな少女スゥを妖精遊園地にまで届ける過程と、登場人物らの過去が描かれる。

概要

ある日、主人公である琉・F・和彦は、政府を裏から牛耳る魔術士(ウィザード)の1人から奇妙な依頼を受ける。内容は、謎の少女スゥ妖精遊園地まで送り届けよというもの。外国からの刺客や自国の軍人などが迫り来るなか、琉・F・和彦スゥを守ってひたすら目的地へと向かう。

登場人物・キャラクター

主人公

元軍人で秘色(ひそく)部隊副隊長、現在は薄荷(ボーフー)にて探偵業を営む。恋人を何者かに殺害されたことを機に退官、裏社会で生きながら恋人を殺した犯人を捜している。軍の評議会である5人の魔術師(ウィザー... 関連ページ:琉・F・和彦

琉・F・和彦が、評議会の1人である紘将軍から受けた依頼対象の謎の少女。10年前に発足した白花苜蓿計画(クローバー・リーフ・プロジェクト)によって、国中から集められた魔法が使える子供の1人にして、評議会... 関連ページ:スゥ

琉・F・和彦が秘色(ひそく)部隊だった頃の上官であり、中佐の位を持つ。上下官の関係ではあるが和彦とはお互いに信頼しあう親友でもある。評議会の魔術師(ウィザード)から和彦が受けた依頼に対して銀月は、同居... 関連ページ:銀月

白花苜蓿計画(クローバー・リーフ・プロジェクト)によって選ばれた子供の一人で、左肩の後ろに三つ葉の入れ墨を持つ。藍(C)は弟のA(アー)を独り残して研究所から逃げ出した。そこを、評議会の魔術師から下さ... 関連ページ:

軍の最高機関、5人の評議会の一人で魔術師(ウィザード)でもある老婆。白花苜蓿計画(クローバー・リーフ・プロジェクト)を手がけた当事者。軍法会議にたびたびかけられた主人公の和彦に何度か手心を加えたり、外... 関連ページ:紘将軍

外国アズライトの軍人で、特殊諜報部隊長。和彦が軍に在籍していた時から和彦に対して異様な執着心を見せ、彼をふざけ半分に「王子様」と呼ぶ。また、和彦の右手を切り取った張本人であり、その右手を剥製にして自室... 関連ページ:バルス

裏界隈で義賊を気取る子猫。その首領は車椅子に腰掛けた10歳前後の子供だった。藍が改造した移動装置が何者かによって干渉され、送り出された和彦とスゥが意図しない場所に降り立ったのが、彼らの縄張りだった。一... 関連ページ:子猫の首領

桃花

裏界隈で義賊を気取る子猫(シャオマオ)の首領のそばにいつもいて、副官か用心棒のような役割を果たす。子猫の縄張りを出て行くスゥに「デートの続きを」と行って祝福するように桃の花を差し出す。切れ長の瞳に、ツインテールを団子にしたヘアスタイル。そしてチャイニーズドレスのような衣裳を纏った少女。

デビュー前の歌手(シンガー)で主人公琉・F・和彦の恋人。和彦が3ヶ月かけて口説き落とした。人気歌手になることを夢見てライブハウスで歌う日々。そんななかで、謎の少女スゥに「貴女のファンなの」という電話を... 関連ページ:織葉

白花苜蓿計画(クローバー・リーフ・プロジェクト)によって見出された魔法使いの子供の一人で、3人いる三つ葉の1人。同じ三つ葉で、施設を出た後藍と名を変えたC(ツェー)の双子の弟でもある。独占欲がかなり強... 関連ページ:A

場所

妖精遊園地

現在は廃業している遊園地。生前の織葉が一番好きだった場所であり、主人公琉・F・和彦がスゥを連れて行く最終目的地。スゥは紘将軍にお願いして、そこに織葉の像を建ててもらっていた。といっても、スゥは織葉と直... 関連ページ:妖精遊園地

施設

四葉であるスゥが閉じ込められていた鳥籠風の場所。人の出入りには厳重な認識表を必要とし、そこの管理と護衛には、見た目には可愛らしい動物たちを模した最新式の殺人兵器(オートドール)が配置されていた。内部は... 関連ページ:施設

アズライト

国境である峠を越えたところにある外国。国交や戦争があるかは物語の中で描かれていないが、特殊諜報部員が魔法使いである四葉を虎視眈々と狙っているのは昔から。特殊諜報部のバルスが属する国家であり、武器に活用... 関連ページ:アズライト

その他キーワード

白花苜蓿計画

『CLOVER』に登場する用語。政府が企画し軍部(特に、裏の権力者である評議会の5人の魔術師(ウィザード)たち)がその主導権を握っていた。10年前、国中から魔法を使える子供を探し出し、様々な試験を施し... 関連ページ:白花苜蓿計画

書誌情報

Clover 全4巻 講談社〈Amie KC〉 完結

第1巻

(1997年6月発行、 978-4063400014)

第2巻

(1997年8月発行、 978-4063400021)

第3巻

(1998年5月発行、 978-4063400182)

第4巻

(1999年8月発行、 978-4063400342)

Clover 全2巻 〈講談社コミックスDX〉 完結

第1巻

(2008年7月発行、 978-4063755084)

第2巻

(2008年7月発行、 978-4063755091)

SHARE
EC
Amazon
logo