FLIP-FLAP

FLIP-FLAP

主人公深町は高校最後の日、同級生の山田華に告白。しかし、彼女から「ピンボールマシンのハイスコアを超えることが出来れば」と条件を出されてしまう。彼女を振り向かせるため、ピンボールに熱中する青年の姿を描いた青春ピンボール漫画。

正式名称
FLIP-FLAP
作者
ジャンル
ラブ・コメディ
レーベル
アフタヌーンKC(講談社)
巻数
全1巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

高校卒業の日、主人公深町は同級生の山田華に告白するも、彼女から「ピンボールマシンのハイスコアを超えることが出来れば」という条件を提示されてしまう。彼女のためにハイスコアを目指し、ゲームセンターFLIP-FLAPに通い詰めた深町は、やがてピンボールの才能を開花。徐々にこの世界ににのめり込んでいくのであった。

登場人物・キャラクター

主人公

自分を「普通」の人間と考えている少年。高校卒業の日に、同級生の山田華に告白したことがきっかけで、ピンボールを始める。初めはたかが遊びに本気を出すことなどおかしいと考えていたが、ピンボールを続けるうちに... 関連ページ:深町

山田 華

同級生の深町に告白され、「ピンボールマシンのハイスコアを超えれば付き合う」という条件を出す。常連のゲームセンター「FLIP-FLAP」では、同じく条件を出された男たちからアイドル的な人気がある。普段はおしとやかでつかみどころのない性格だが、ピンボールには全力で、プレイ中は奇声をあげるほどである。

井森

ゲームセンターFLIP-FLAPの常連客で、山田華目当ての男の一人。ピンボールへの愛情は深く、深町が大会に出る際は恋敵であるにもかかわらず特訓に付き合った。

店長

ゲームセンターFLIP-FLAPの店長で、山田華の祖父。ピンボール歴30年で、アメリカの大会で優勝するほどの腕前。

UFOさん

ゲームセンターFLIP-FLAPにあるピンボール台で「31億2367万320点」という、誰も破ったことのないハイスコアを持つグランドチャンプ。本編にはスコアの登録名しか登場せず、正体は不明。

筑波 フリオ

20歳の大学生。ある日ゲームセンターFLIP-FLAPでピンボールをプレイする振波ヒカルに一目惚れ。彼女に近づくためにFLIP-FLAPでバイトを始め、ピンボールを学んでいく。

振波 ヒカル

ゲームセンターFLIP-FLAPの常連。手が早く言葉づかいも荒っぽいが、ピンボールには真剣な少女。

場所

FLIP-FLAP

ビルの中にあるゲームセンターで、一般的なアーケードゲームのほかにピンボールマシンが設置してあるのが特徴。店長はヒロイン山田華の祖父。

書誌情報

Flip-flap 全1巻 講談社〈アフタヌーンKC〉 完結

第1巻

(2008年6月発行、 978-4063145137)

SHARE
EC
Amazon
logo