Fate/stay night

Fate/stay night

数十年に一度現れ、願いを叶える聖杯を手にするべく、7人の魔術師のマスターが歴史、神話上の英雄を召喚したサーヴァントで戦う、聖杯戦争を舞台にした現代伝奇。半人前の魔術師で偶然聖杯戦争に巻き込まれた高校生、衛宮士郎の視点から、マスターたちの死闘を描く。原作となるTYPE-MOONのビジュアルノベルの、「Fate」編と「Unlimited Blade Works」編を再構成した内容となっている。原作はTYPE-MOON、漫画は西脇だっと。

正式名称
Fate/stay night
原作者
TYPE-MOON
漫画
ジャンル
ファンタジー一般
 
バトル
 
伝奇
レーベル
カドカワコミックスAエース(KADOKAWA)
巻数
全20巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

とある地方都市、冬木市で慎ましやかな学園生活を送る高校生の衛宮士郎は、大災害から自身を救いだした養父で、5年前に他界した魔法使い、衛宮切嗣に憧れて「正義の味方」をめざしていた。そんな士郎はある夜、2人の男が異様な力を駆使して戦う現場を目撃。その片方であるランサーに、証拠隠滅として命を狙われてしまう。

士郎は圧倒的な力の前に自宅の蔵へ追い詰められるも、突如現れた甲冑姿の少女セイバーと、マスターの契約を交わしたことで難を逃れる。そこで彼は、手に入れた者の願いを叶える「聖杯」をめぐり、英雄をサーヴァントとして使役する7人の魔術師が戦う「聖杯戦争」が、冬木市で始まったことをセイバーから教えられる。

さらに、同級生でありアーチャーサーヴァントを使役する正統なる魔術師、遠坂凛との出会いを経て、衛宮士郎は半人前の魔術師として熾烈なバトルロイヤルに巻き込まれていく。

登場人物・キャラクター

主人公

日本の地方都市“冬木市”にある学園の2年生。10年前に冬木市で発生した大火災にあい、衛宮切嗣の救助によって唯一の生存者となった過去をもつ。その経験から心優しく、おせっかいで人助けに異常な執着をみせる性... 関連ページ:衛宮 士郎

“セイバー”のクラスのサーヴァント。金髪碧眼の少女で小柄な身体だが、卓越した剣技と体内の魔力を媒介して得る猛烈な身体能力を備えており、マスターの衛宮士郎が未熟であるというハンデをものともせずに他のサー... 関連ページ:セイバー

衛宮士郎と同学年の女生徒で、学園では容姿端麗、文武両道、才色兼備の優等生としての顔を持つ。宝石を触媒にした魔術を継承する家系の六代目となる由緒正しき魔術師で、冬木市に集まる魔術師を束ねる管理者の任も受... 関連ページ:遠坂 凛

“アーチャー”のクラスのサーヴァント。褐色の肌に白髪をたくわえた長身の男で、赤い外套をまとっている。聖杯戦争で遠坂凛に召喚されるが、皮肉屋で事あるごとに凛と衝突する。一方、サーヴァントとしては優秀で、... 関連ページ:アーチャー

衛宮士郎が通う学園の1年生で、士郎の後輩にあたる女生徒。魔術師の大家である間桐家で暮らしているが、先輩の士郎に並々ならぬ憧れと好意を寄せており、頻繁に衛宮家へ顔を出している。また、間桐家と遠坂家が古く... 関連ページ:間桐 桜

その他キーワード

聖杯戦争

『Fate/stay night』に登場する用語。勝者には60年に1度のサイクルで冬木市のどこかに降臨し、手に入れた者のあらゆる願いを叶えるという“聖杯”が与えられる。サーヴァントを召喚してマスターと... 関連ページ:聖杯戦争

マスター

『Fate/stay night』に登場する用語。聖杯戦争において、サーヴァントを召喚し、参加者と認められた魔術師を呼称する際に用いられる。マスターはサーヴァントと主従関係を結ぶと身体のどこかに“令呪... 関連ページ:マスター

サーヴァント

『Fate/stay night』に登場する用語。聖杯戦争において魔術師に使い魔として召喚される存在。何らかの偉業を成して伝説や神話となったさまざまな英雄が現れるが、いずれも“聖杯”に託したい願いがあ... 関連ページ:サーヴァント

宝具

『Fate/stay night』にに登場する用語。武器、及び必殺技の総称。聖杯戦争で召喚されたサーヴァントは例外をのぞいて必ず所持しており、武具の種類や能力は本人の残した伝説やエピソードに即したもの... 関連ページ:宝具

魔術師

『Fate/stay night』に登場する用語。魔力や魔力を引き出す触媒を用いて神秘や奇跡を起こす“魔術”を使用する者を示す。基本的に魔術師は、万物の始まりである“根源”へ到達するための手段として魔... 関連ページ:魔術師

クレジット

原作

TYPE-MOON

書誌情報

Fate/stay night 全20巻 〈カドカワコミックスAエース〉 完結

第1巻

(2006年5月24日発行、 978-4047138254)

第2巻

(2006年10月24日発行、 978-4047138650)

第3巻

(2007年4月10日発行、 978-4047139145)

第4巻

(2007年9月26日発行、 978-4047139558)

第5巻

(2007年12月1日発行、 978-4047139954)

第6巻

(2008年4月26日発行、 978-4047150478)

第7巻

(2008年8月26日発行、 978-4047150942)

第8巻

(2008年12月24日発行、 978-4047151444)

第9巻

(2009年4月25日発行、 978-4047152304)

第10巻

(2009年8月26日発行、 978-4047152830)

第11巻

(2009年12月26日発行、 978-4047153486)

第12巻

(2010年4月26日発行、 978-4047154247)

第13巻

(2010年8月26日発行、 978-4047155022)

第14巻

(2010年12月25日発行、 978-4047155855)

第15巻

(2011年4月26日発行、 978-4047156807)

第16巻

(2011年9月2日発行、 978-4047157644)

第17巻

(2011年12月21日発行、 978-4041200490)

第18巻

(2012年4月25日発行、 978-4041202029)

第19巻

(2012年8月24日発行、 978-4041203590)

第20巻

(2012年11月19日発行、 978-4041205013)

SHARE
EC
Amazon
logo