GENTE~リストランテの人々~

GENTE~リストランテの人々~

ローマにあるレストラン、リストランテ カゼッタ・デッロルソで働くソムリエやカメリエーレなどの従業員や客、関係者となどの人間模様描いたヒューマンドラマ。『リストランテ・パラディーゾ』のスピンオフ作品。『リストランテ・パラディーゾ』で語られなかったキャラクターの話をメインとする。群像劇の形をとっており、各話ごとに主人公が変更となる。

正式名称
GENTE~リストランテの人々~
作者
ジャンル
ヒューマンドラマ
レーベル
F×comics(太田出版)
巻数
全3巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

ローマにあるレストラン、リストランテ カゼッタ・デッロルソが開店するまでのエピソードや、客が来店するに至るまでのエピソード、カメリエーレ長(給仕長)であるクラウディオの過去話、カメリエーレ(給仕係)ヴィートと、ヴィートの妻になる女性との出会い、シェフであるテオの事情など、様々なエピソードを、それぞれが主人公となる群像劇として描く。

登場人物・キャラクター

ロレンツォ

『GENTE~リストランテの人々~』の登場人物で主人公のひとり。以前、ローマ郊外のワイナリーの横で飲食店を開いていたが、ローマで店を持とうと決め、リストランテ カゼッタ・デッロルソを開店する。オルガの夫。妻思いで優しく、仕事の忙しいオルガの癒しのためにリストランテ カゼッタ・デッロルソの従業員、特にカメリエーレ(給仕係)を老眼鏡の男性でそろえた。 リストランテ カゼッタ・デッロルソの他、ローマ郊外にあるワイナリーも経営している。

ヴァンナ

『GENTE~リストランテの人々~』の登場人物で主人公のひとり。リストランテ カゼッタ・デッロルソのシェフ。女性。娘が3人おり、そのうちのひとりは結婚し、アメリカで暮らしている。仕事には厳しく、思ったことをはっきりと口にする。男性的に捕らえられがちだが、料理は繊細で一流。

テオ

『GENTE~リストランテの人々~』の登場人物で主人公のひとり。サルディーニャ出身。郷土料理を出すトラットリアで働いていたが、店の料理人とケンカしたところをタイミング良くマルツィオにさそわれ、リストランテ カゼッタ・デッロルソのシェフとなる。豪気な性格。ドルチェ(デザート)の評価は高いが、それ以外はリストランテの料理としてはふさわしくなく、このためヴァンナとぶつかる事も多い。 以前、二つ星のリストランテで見習いをしていたことも。バイクに乗っている。

ルチアーノ・デ・ルーカ (ルチアーノデルーカ)

『GENTE~リストランテの人々~』の登場人物で主人公のひとり。老眼鏡をかけた初老の男性。ロレンツォやオルガの行きつけのバールでバリスタをしていたところを気に入られ、リストランテ カゼッタ・デッロルソのカメリエーレ(給仕係)として誘われる。以前、クラウディオと同じ店でカメリエーレとして働いていたが、妻の看病のために仕事を離れた。 妻とは死別。結婚した娘と孫がひとりいる。

ヴィート

『GENTE~リストランテの人々~』の登場人物で主人公のひとり。老眼鏡をかけた男性。工場で働いていたが、閉鎖してしまったため、職を探していたところ、ジョギング中にリストランテ カゼッタ・デッロルソの求人の張り紙をみつけ、リストランテ カゼッタ・デッロルソのカメリエーレ(給仕係)として働くこととなる。 様々な職を経験しており、ホテルのフロントで働いていたことも。明るいムードメーカー。運動が好きで、ジムに通ってる。

リッツォ

『リストランテ・パラディーゾ』の登場人物で主人公のひとり。ロレンツォがリストランテ カゼッタ・デッロルソを開く前にやっていた店からの常連客。女性には声をかけずにはいられないプレイボーイ。妻がいるが、お互いほぼ公認で浮気をしている。

ヴェルデアーニ

『GENTE~リストランテの人々~』の登場人物で主人公のひとり。老眼鏡をかけた初老の男性。政治家。上院議員を勤める。ローザという幼い少女の孫がいるが、彼女の占いがよく当たるので参考にしている。政党の変革期にあたり、舵取りを決めかねている。リストランテ カゼッタ・デッロルソには客として訪れる。 上院議長とは同党、同郷のいとこ同士。

オルガ

弁護士の女性。リストランテ カゼッタ・デッロルソのオーナー夫人。老眼鏡の紳士を眺めるのが好きで、その影響から、リストランテ カゼッタ・デッロルソの従業員、特にカメリエーレ(給仕係)は老眼鏡をかけた男性が集められる。

ジジ

リストランテ カゼッタ・デッロルソのソムリエ。老眼鏡をかけた初老の男性。トリノ出身。無口でつかみどころのない性格だが、ワインの見立ては一流。よくつまみ食いをする。ロレンツォとはリストランテ カゼッタ・デッロルソを開店する以前からの知り合いで、創業メンバーでもある。

サント・クラウディオ・パラディーゾ (サントクラウディオパラディーゾ)

郊外のリストランテでカメリエーレ(給仕係)として働いていたが、オーナーが交代したことで店を辞める。ルチアーノの紹介でロレンツォに誘われ、リストランテ カゼッタ・デッロルソのカメリエーレ長(給仕長)となる。老眼鏡をかけた初老の男性。真面目で優しい人柄。

マルツィオ

ふくよかな体をした男性。ロレンツォとは昔なじみで、リストランテ カゼッタ・デッロルソを開店する以前、ロレンツォが経営していた店を時々手伝っていた。リストランテ カゼッタ・デッロルソでも厨房の手伝いをしている。穏やかで思いやりのある性格。

フリオ (フリオ)

ヴァンナが辞めた後、リッツォの紹介でリストランテ カゼッタ・デッロルソのシェフとなる。若い頃、クラウディオと同じリストランテでメインシェフとして働いていたことがあり、その頃すでに腕の良いシェフとして名を馳せていた。オーナーの要望により老眼鏡はかけているが、伊達眼鏡。

サヴィーナ

リストランテ カゼッタ・デッロルソの常連客の女性。結婚しており、夫はルチアーノの娘の通うスタジオの主人。元バイオリニスト。演奏会の前など、重要な時にはルチアーノの娘を教えることもある。ルチアーノのことが気に入っており、個人的な誘いをかけることも。

マリーナ

ヴィートと同じジムに通う20歳の大学生の女性。建築学を学んでいる。ローマの隣の州の出身だが、大学に通うために姉のアパートで世話になっている。強い女にならなければという思いがあり、ジムで鍛えるほか、空手の道場にも通っている。

場所

リストランテ カゼッタ・デッロルソ

『GENTE~リストランテの人々~』に登場する料理店。コース料理を提供する、本格的なリストランテ。オーナーはロレンツォ。

書誌情報

Gente :リストランテの人々 全3巻 太田出版〈F×comics〉 完結

第1巻

(2007年9月発行、 978-4778320478)

第2巻

(2008年5月発行、 978-4778320607)

第3巻

(2009年3月発行、 978-4778320812)

SHARE
EC
Amazon
logo