Gu-Guガンモ

Gu-Guガンモ

正体不明のニワトリモドキの生物ガンモが、小学3年生の佃半平太の家にペットとして居候し、佃家の家族・友人・鳥類たちと巻き起こすてんやわんやの日常を描く、ドタバタギャグ漫画。

概要

小学生佃半平太の文鳥を逃してしまった代わりとして、姉つくねが拾ってきた大きな卵から出てきたのは人語を解する謎の生物ニワトリモドキだった。佃半平太の母によってガンモと名付けられたその鳥型の生物は、佃家に居候をすることになる。以後、大江戸町を舞台に、ドタバタに満ちた彼らの楽しい日々が続いていくのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

卵にニワトリの部品を付けたような姿をした、謎のニワトリモドキ。ピンク色で、身長1mくらい。人語を解する。自称「鳥類のニューウェーブ」。小学生佃半平太の家に居候し、「佃ガンモ」と名乗ることも多い。飛べる... 関連ページ:ガンモ

佃 半平太

区立大江戸小学校3年3組。特にこれといった能力もなく、学校の成績も良くない、ごく普通の軟弱な男子。 ガンモの飼主。男勝りの姉を持ち、たびたびいじめられている。隣に住む市ヶ谷あゆみが好きだが、想いはまったく報われない。

佃 つくね

佃半平太の姉で、区立大江戸中学校1年2組。制服はセーラー服。粗暴で気が強く、弟をよくいじめている。意外に恋多き女で、同級生の赤坂くん、担任の諸井先生、3年のイケメン旭川ツトムなどにアプローチを試みるが失敗に終わることが多い。あまり勉強はできず、リンダに英語の宿題を見られて笑われる。

半平太の父

佃半平太の父親。名前・年齢は不明。髪の毛は短く、長めの口ひげを生やしている。サラリーマンで係長だが、具体的な仕事はよくわからない。子供の頃はアパート住まいで一軒家に憧れていたので、現在一戸建てに住んでいるのを誇りにしている。

半平太の母

佃半平太の母親。名前・年齢は不明。目はいつも笑った形で、弥七が家に来たときの一度を除いて見開かれることはない。ごく普通の主婦。

佃半平太の同級生。金髪碧眼、白人の娘。恐らくアメリカ人。伝法なべらんめえ調の日本語をしゃべり、口ぐせは「ダッセー!」。いたずら好きの乱暴者。誕生日は7月15日。大江戸町4丁目のマンションに、父母と住ん... 関連ページ:リンダ・スカイラーク

佃半平太の同級生。ふてぶてしい面構えで、太っていて怪力でケンカが強く、町内の番長である。乱暴者であるが、頭の回転は良く義侠心もある。口ぐせは「フン!」。同じ顔のブサイクな妹がいる。内緒にしているが、き... 関連ページ:西郷 トシミツ

藤田 カシオ

佃半平太の同級生。眼鏡をかけたガリ勉。カシオの母は、自分の夫を「三流企業の三流社員」と罵り、カシオを一流学校に入れようとする。スパルタ教育法で有名な塾に通って勉強をしている。通知表は体育以外オール5。髪をきっちり真ん中から二つに分け、いつもネクタイをしている。金持ちと思われているが、アパート住まい。

浅草 紀子

佃半平太の担任の若い女性教師。作品中盤までジャージばかり着ていたが、終盤は普通の服も着るようになった。

佃半平太の隣の家に越してきた、お金持ちのお嬢様。デジャブーというカラスを飼っている。とてもかわいいが、非常に腹黒く計算高い。姫乙女女学院というお嬢様学校に通っていたが、夏休みの宿題「空き缶を百本集めて... 関連ページ:市ヶ谷 あゆみ

デジャブー

市ヶ谷あゆみが飼っているカラス。カラスのくせに、頭に髪があるように見える。あゆみがつけてくれた蝶ネクタイをしている。とてもプライドが高く、早く飛べることが自慢で、いつも ガンモを見下している。あゆみのことが好きだが、人間の言葉がわからないので相手にしてもらえず悲しむ。

市ヶ谷あゆみの父親。名前・年齢は不明。いつも運転手付きの自家用車に乗っている。しかし、女装して緑のおばさんになり、気に入らない子供の登校を邪魔する、という妙な趣味を持つ。その姿の時は、子どもたちから「... 関連ページ:市ヶ谷あゆみの父

ばあや

市ヶ谷あゆみの両親から、あゆみの教育を任された老婆。行儀作法に関して、非常に厳しくあゆみをしつけようとする。ものすごく小柄だが、鋭い目と恐ろしい形相の持ち主で、いつも和服を着ている。愛車はスクーターのホンダLEAD。本名は、秋元ナオミ。

佃半平太の同級生。性格の悪い冷酷そうな女子で、二人の子分の娘をいつも引き連れている。人気のある女子をいじめるのが好き。リンダ・スカイラークや市ヶ谷あゆみから、「ナットー屋さん」と名前を間違えられるのが... 関連ページ:松任谷 弓子

西郷 芽理子

西郷トシミツの妹。聖大江戸幼稚園の園児。サイゴーと同じ顔をしていて(つまり、ブサイク)、性格は悪い。登場するときは、兄と一緒にいることが多い。

東条

佃半平太の隣の組の番長。名前は不明。額に十字の傷痕があり、いつもサングラスをかけている。サイゴーを一方的にライバル視しているが、ケンカではまったくかなわない。サイゴーの弱点を知り、それを利用した作戦をとるが、結局攻略に失敗する。

鶴太郎

ガンモの鳥仲間。シベリアから渡りの途中で、仲間とはぐれ、大江戸町で食べ物を盗んで暮らしていた丹頂鶴。右目にアイパッチをしている。背中に、興奮すると模様が浮かび上がる白粉彫りの刺青があり、模様は「仁義」という文字と怖い目をしたツバメ。江戸時代の渡世人のような性格で、江戸弁。 「し」を「ひ」に発音する。

ガンモの鳥仲間。佃半平太が友人たちと春スキーを楽しむ山の中で、ガンモとデジャブーが出会った「ふくろうのご隠居」と名乗る鳥。いつも特殊なレンズのメガネをかけ、杖を持つている。スケさんとカクさんという連れ... 関連ページ:ご隠居

横車の弥七

ガンモの鳥仲間。丸く大きな鳥で、ご隠居の部下。刀のように、背中に傘を括りつけている。ものすごい大声で「なーっ!」と鳴いて、相手に耳鳴りを起こさせる、「ミラクルボイス」という技を使う。傘を持って飛ぶ。

佃半平太たちが林間学校に行った土井中村の子供達。半平太たちと同学年と思われる。刈り上げオカッパ頭でかっこいいパンツ(下着)をはいているリーダー格の娘「ぱんつ」、ガリ勉で蝶ネクタイをしている「スダレ」、... 関連ページ:土井中村の子どもたち

土井中村の子どもたちのうちの一人。三白眼・獅子鼻・ドーナツ型の唇と、三拍子揃った不細工。体は大柄で、サイゴーを超える怪力の持ち主。サイゴーを好きになってしまい、土井中村に別荘がある市ヶ谷あゆみのつてで... 関連ページ:おしん

名前はない。江戸川町の交番に勤務する警察官。一人称は「本官」。ものすごくプロレスが好きだが、市ヶ谷あゆみからラリアットを食らったり、チリ紙交換屋のお蘭に、四年間保存していたスポーツ新聞のプロレスの記事... 関連ページ:おまわりさん

お蘭

チリ紙交換屋。軽トラックで巡回して商売をする。苗字は不明。若い女性だが、赤ん坊の息子、信長を連れている。新聞を勝手に回収してしまったり、縄張りを荒らす同業者を容赦しなかったりと、かなり強気な性格である。

レオナルド・バーンシュタイン・ルイ・アームストロングジュニア

猫だが「ニャンニャンしようよー」という言葉を発しながら、ガンモを追いかける。消費者金融「ニャンニャン子供ローン」の経営者であり、運輸会社トラネコヤマトからキャッツ・テアトルまで従える「レオ・グループ」総帥の実業家猫。

私立探偵だが、大江戸ゲームセンターで店番のアルバイトをする。和服に袴姿の青年。風船ガム中毒。ゲームセンターで遊んでいた佃半平太たちを「少年タンテー団」として雇う(ゲーム料金に関する非常にセコい報酬で)... 関連ページ:全田一 耕助

狼少年ケンちゃん

美少年だが、嘘つきで天邪鬼。大江戸三丁目に住む。佃半平太や市ヶ谷あゆみたちを嘘やひねくれた言動で翻弄する。言動に特に深い理由があるわけではないらしい。引っ越して、大江戸三丁目から去っていく。

リンダの両親

リンダ・スカイラークの父母。父はデービット、母はジェーンで、二人とも金髪碧眼。デービットの日本語は伝法なべらんめえ調で、リンダの日本語は父の影響を受けていることがわかる。ジェーンは日曜には教会に行く熱心なクリスチャンで、娘にもっとしとやかになってもらいたいと思っている。

ドロシー・スカイラーク

リンダ・スカイラークの年上のいとこ。やはり金髪碧眼の白人の娘。スタイルはいい。ウィンドサーフィンスクールのコーチをやっている。日本語は「ダッセー」「オナカスイタ」「なメたらアカんゼよ」の3つしか喋れない。

ニャンニャン子供ローンのOL

子供向け消費者金融業「ニャンニャン子供ローン」大江戸店に勤務するOL。「キャバレー芸能界」を辞めて、この仕事に就く。キャバレーにいた時の源氏名は、アケミ。興奮すると方言丸出しになる。彼女はおまわりさんにデートに誘われ、プロレスを一緒に見る。「ニャンニャン子供ローン」の経営者は、まねき猫レオ。

伊豆見 ヒゲ千代

大江戸町最長老の老人の男性。年齢不明(80とも百とも言われる)で、毎日早朝に町内をジョギングする。町内対抗少年相撲大会の顧問でもある。作品連載当時、日本最高齢者だった泉重千代がモチーフと思われる。

光る鳥

真夜中に天上から降りてきて、眠っている ガンモを窓の外から眺め、またいずこかへ消えた謎の鳥。

場所

大江戸町

佃半平太が通っているのが区立大江戸小学校で、つくねが通っているのが区立大江戸中学校。土井中村の林間学校の回で地元の子供達が、半平太たちを「東京人」と呼んでいるので、大江戸町は東京都にあるものと推測される。町内にある大江戸神社で、町内対抗少年相撲大会が開かれる。

アニメ

Gu-Guガンモ

小学三年生の少年佃半平太はある日、姉の佃つくねと姉弟喧嘩の弾みで、飼い始めた文鳥に逃げられてしまった。佃つくねは逃げた文鳥の替りに道端で発見した大きなな卵を持ち帰るが、その中から出てきたのはニワトリの... 関連ページ:Gu-Guガンモ

書誌情報

Gu-guガンモ 全6巻 小学館〈少年サンデーコミックス ワイド版〉 完結

第1巻

(1997年6月発行、 978-4091247711)

第2巻

(1997年7月発行、 978-4091247728)

第3巻

(1997年9月発行、 978-4091247735)

第4巻

(1997年12月発行、 978-4091247742)

第5巻

(1998年2月発行、 978-4091247759)

第6巻

(1998年4月発行、 978-4091247766)

Gu-guガンモ 全1巻 小学館〈少年サンデーコミックス スペシャル〉 完結

第1巻

(2008年11月発行、 978-4091215581)

SHARE
EC
Amazon
logo