RPL~ろーぷれ~

RPL~ろーぷれ~

虹浜高校の演劇部を舞台に、青島幸男が部の仲間達と共に過ごす、恋と青春の日々を描いたラブコメディ。幸男と、その先輩であり「演技の上の恋人」である緑川渚との関係が主軸として描かれる。

正式名称
RPL~ろーぷれ~
作者
ジャンル
ラブコメ
レーベル
講談社コミックス(講談社)
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

高校に入学して2週間、特に何が起こるわけでもない日々に退屈していた青島幸男は、演技の練習をしていた一人の美しいピエロに出会う。そのピエロの正体が誰なのかを探るうちに、演劇部副部長の緑川渚であると推測した幸男は、演劇部に入部する。結果、謎のピエロの正体は白石夢だったが、以降も幸男はそれに気づく事はなかった。その後、元子役である渚は、芸能界復帰を迫って来る祖母の美凪爽風の追求をかわすために、幸男に恋人のふりを頼み込み、幸男はそれを承諾する。

第2巻

緑川渚と付き合うふりをする事になった青島幸男であったが、白石夢はその事情を知っているため、控え目なやり方ながらも恋する幸男に対し、あの手この手でアプローチを続ける。渚と二人で体育倉庫に閉じ込められたり、部活のみんなでアルバイトに勤しんだりする日々の中、幸男は自分が本当は誰を好きなのか、悩む日々を過ごす事になる。

第3巻

虹浜高校演劇部は、合宿中に定番の肝試しをする事になった。青島幸男白石夢は同じ組で肝試しに出発したが、その途中、戦時中に恋人を失い、未練を残したまま亡くなった亡霊に、夢が取り憑かれてしまう。亡霊はわがまま放題に振る舞い、幸男を翻弄するだけ翻弄して、夢に「恋をするなら勇気を出せ」というアドバイスを残して消えていく。

第4巻

かりそめの恋人である緑川渚と、自分に好意を寄せる白石夢とのあいだで、青島幸男の心は揺らいでいた。そんな日々の中、ひょんな事から幸男はアイドルの橙山皐と知り合う。皐が表面上のぶりっ子めいた態度の影からのぞかせる渚への敵意と、自分に対する誘惑の言葉に幸男は困惑する事となる。

第5巻

橙山皐は虹浜高校に転校生としてやって来て、演劇部の一員に加わる事になった。アイドルである皐は校内でも大人気となり、ストーカーが発生する事態にまで発展してしまう。そのストーカーと間違えられて散々な目に遇う青島幸男だが、同時にストーカーを捕まえて手柄を上げる事にもなるのであった。

第6巻

虹浜高校には、生徒会長と副会長の男女ペアは必ず結ばれるという伝説があった。緑川渚が生徒会長選挙に立候補するというので、青島幸男は渚に自分以外の恋人ができるのを阻止するべく、自らも立候補する。その後、演劇部全体を巻き込んでハチャメチャな選挙戦が展開されるが、結局のところ「二人とも失格」という処分が教師達から下され、騒動は終息を迎えるのだった。

第7巻

ひょんな事からTV局でアルバイトを始めた青島幸男は、たまたまバラエティ番組の撮影で、同じ演劇部の橙山皐が芸能人として活動しているところに遭遇してしまう。これをきっかけに、幸男は皐と緑川渚のあいだにあった過去の軋轢について知る機会を得る事になる。

第8巻

青島幸男は、緑川渚とかりそめの恋人を演じるようになったそもそものきっかけである美凪爽風と、初めて会う。だが、幸男と渚が本物の恋人同士ではない事は爽風にあっけなく見破られてしまい、結局渚は芸能界に復帰する事になり、幸男もその付き人として働く事になるのだった。

第9巻

アメリカの映画監督に見出され、アメリカに行って映画の撮影に臨むよう求められた緑川渚は、まんざらでもない思いを抱くようになる。白石夢は、幸男が今までずっと渚だと思っていたピエロは実は自分である事と、青島幸男への恋心を告げる。その事実を知らされ幸男は渚に愛の告白をし、再会を期して別れを告げるのだった。

登場人物・キャラクター

青島 幸男 (あおしま ゆきお)

虹浜高校の1年男子。演劇部に所属している。緑川渚に頼まれ、表面的には付き合っているふりを日々演じている。年齢相応の普通の少年であるが、助平で女にだらしないところがあり、渚以外の女性に目移りする事もしばしば。渚にあこがれて演劇部に入ったが、演劇の才能は凡庸。

緑川 渚 (みどりかわ なぎさ)

虹浜高校の2年女子。演劇部の副部長を務めている。幼い頃、「美凪ひかる」という芸名で子役をしていた事があるが、現在は美凪ひかると緑川渚が同一人物であるという事実は隠している。祖母である美凪爽風が芸能界に戻るように迫って来るため、彼氏がいるふりをして誤魔化そうと、その役を青島幸男に頼んだ。

白石 夢 (しらいし ゆめ)

虹浜高校の1年女子。演劇部に所属している。入学試験の時から青島幸男と知り合っており、それ以来ずっと幸男に対して恋愛感情を抱いている。眼鏡をかけ、一見地味な外見から、学校では「地味子」とあだ名されている。しかし、眼鏡を外すと美少女であると幸男は評している。

赤坂 衛 (あかさか まもる)

虹浜高校の2年女子。演劇部に所属している。演技力はさほど高いわけではないのだが、男役をやらせると抜群にうまいとの評判で、演劇部の男性の主役はほとんど赤坂衛が演じている。実はボーイッシュである事にコンプレックスを抱えており、女の子扱いされたい願望を内心に抱いている。

藍原 貴子 (あいはら たかこ)

虹浜高校の2年女子。演劇部に所属している。ミステリアスな雰囲気を漂わせた演技派で、何を考えているのかよくわからない人物。麻雀が異様に強かったり、子供好きなど、捉えどころのないキャラクター性の持ち主。気が向くと青島幸男を誘惑して、からかって遊んだりしている。

橙山 皐 (とうやま さつき)

現役のアイドルとして活躍中の女子高校生。虹浜高校1年に転入して来て、演劇部に入部した。緑川渚が「美凪ひかる」という芸名で子役活動をしていた頃から、知己の関係にある。オーディションでつかんだ役を、美凪爽風の根回しで渚に奪われた事から、渚を嫌っている。

美凪 爽風 (みなぎ さやか)

緑川渚の祖母。渚からは「婆様」と呼ばれている元芸能人の女性。演劇人としては既に一線を退いた身であるが、今も若い役者のプロデュースなどを手掛けている。渚の才能に目をつけており、芸能界に復帰させようと、あの手この手で画策する。実年齢と見た目の年齢の差が激しく、外見は少女時代とまったく変わっていない。

SHARE
EC
Amazon
logo