SHI RI TO RI

主人公ナナが、風で飛ばされた相棒の猿モンキチと屋根の上の看板“7本のクレヨン”を探して、様々な場所を訪れる物語。しりとりのように繋がっていく話が特徴的な作品。第10回文化庁メディア芸術祭マンガ部門奨励賞を受賞(2006年)。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
SHI RI TO RI
作者
ジャンル
ファンタジー一般

総合スレッド

SHI RI TO RI(漫画)の総合スレッド
2016.09.01 15:31

新着関連スレッド

キュレーターYM(SHI RI TO RI)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.01 15:31
merry‐Bの配達員(SHI RI TO RI)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.01 15:31

新着関連スレッドもっとみる

概要

画材屋SEVEN COLORSを経営するナナは、つむじ風で飛ばされてしまった相棒の猿モンキチと屋根の上の看板“7本のクレヨン”を探して、小さな冒険に出る。ナナは、途中で見つけたレンタルショップmerry‐Bをはじめ、様々な人や生き物たちの力を借りて、危機や難題に挑むこととなる。

登場人物・キャラクター

主人公
レインボーニュータウンの画材屋SEVEN COLORSを、相棒の猿モンキチと共に経営している女性。髪を二つのお団子でまとめており、背が高い。オシャレで、話が変わる度に服装も変化している。機転が利き、熊...
『SHI RI TO RI』に登場する猿。画材屋SEVEN COLORを営むナナの相棒。小さな帽子をいつもかぶっている。店の看板である“7本のクレヨン”と共に、風で飛ばされてしまう。
様々なアイテムを貸し出すレンタルショップmerry‐Bの配達員。毎回、灰色の作業着姿で登場する。要請を受けてから到着までの時間がかなり速く、ナナを危機から幾度も救っている。
金髪の天然パーマが特徴的。レインボーニュータウンミュージアムのキュレーター。過去は重量挙げの選手で、怪盗パープルが投げ落とした壺を見事キャッチして見せた。