SOUL CATCHER(S)

吹奏楽部を舞台に、音楽に情熱を懸ける少年たちの姿を描く。主人公の神峰翔太には、「他人の心が見える」という特殊能力があり、これにより仲間の冷えた心を温めたり、指揮に活かしていくという、一風変わった音楽漫画となっている。

正式名称
SOUL CATCHER(S)
ふりがな
そうるきゃっちゃーず
作者
ジャンル
その他芸能・音楽
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

「心が見える」という能力に悩み、他人と距離を置いていた神峰翔太は、ある日、天才サックス奏者の刻阪響と出会う。彼の放つ「音」に心を動かされた彼は、「刻阪響」に誘われ、「吹奏楽部」へ入部する。能力を使って部員たちが抱える問題を解決しながら、自らも指揮者として成長していく。

登場人物・キャラクター

神峰 翔太 (かみね しょうた)

鳴苑高校1年。「他人の心が見える」という特殊な能力を持ち、そのせいで次第に他人と距離を置くようになった。他人の心をつかむ刻阪響の演奏に感動し、音楽に興味を持つ。そして彼に誘われ、コンプレックスだった心が見える能力を活かし、吹奏楽部で指揮者になることを決意する。 吹奏楽部の顧問・谺夕子から出された「全楽器のパートリーダーから認められる」という課題をクリアするため、能力を使って彼らの悩みを解決し、信頼を勝ち取っていく。

刻阪 響 (ときさか ひびき)

鳴苑高校1年。天才サックス奏者。姉はプロヴァイオリニストの刻阪楓。声を失って絶望していた幼なじみ・滝沢桃子の心を、主人公神峰翔太と協力して救ったことで、彼が持つ「心が見える能力」のことを知る。神峰翔太に指揮者の才能を見いだし、「指揮者となって吹奏楽部を救って欲しい」と依頼する。 入部後は、神峰翔太の一番の理解者となる。

奏馬 俊平 (そうま しゅんぺい)

鳴苑高校吹奏楽部部長。パートはトランペット。人の気持ちを汲み、人間関係を円滑に進めるのが得意で、部員からの信頼も厚い。音羽悟偉の1件で主人公神峰翔太の力を認め、以来、彼の頼れる味方となる。

打樋 透 (うてび とーる)

鳴苑高校吹奏楽部所属。打楽器のパートリーダーを務める。根っからの打楽器バカで、細かいことを考えるのは苦手。パートメンバーからは棟梁と呼ばれ、慕われている。パート内の問題を解決した主人公神峰翔太に、絶対の信頼を置いている。

音羽 悟偉 (おとわ さとい)

鳴苑高校吹奏楽部所属。トランペットのパートリーダーを務める。天才的なトランペット奏者で、その実力は全国に知られている。他のパートの練習に参加し、圧倒的な実力差で他の部員を振り回すことから暴君と呼ばれている。音羽ヶ丘病院の1人息子で、院長である父親から吹奏楽部を続けることを反対されていたが、主人公神峰翔太の活躍で和解する。

御器谷 忍 (みきたに しのぶ)

鳴苑高校吹奏楽部所属。ファゴット・バスクラリネットのパートリーダーを務める。マイナス思考の持ち主で、ささいなことでへこんでしまう。音楽に関する知識が豊富で、音羽悟偉から「歩く音楽事典」と呼ばれている。クラリネットのパートリーダーである邑楽恵とは小学校時代からの知り合いで、主人公神峰翔太に彼女のことを託す。

邑楽 恵 (おうら めぐみ)

鳴苑高校吹奏楽部所属。クラリネットのパートリーダーを務める。面倒見がよく、部内の女子から慕われている。ファゴット・バスクラリネットのパートリーダーである御器谷忍とは小学校時代からの知り合い。中学時代から毎回惜しいところで全国大会出場を逃し、いつの間にか上を目指すことをあきらめてしまった。 主人公神峰翔太の活躍で以前の情熱を取り戻し、以来、彼に対して恋心を抱くように。

伊調 鋭一 (いちょう えいいち)

竹風高校吹奏楽部所属。世界的指揮者・伊調剛健の孫で、自身も学生指揮者として活躍。共感覚の能力を持ち、音を色として見ることができる。主人公神峰翔太が自分と同じく特殊な能力を持つことを知り、ライバル視するようになる。

弾 徹也 (だん てつや)

天籟高校吹奏楽部所属。サックス奏者。中学まで陸上をやっていたが、中3の夏の大会で怪我をしてしまい、陸上をあきらめる。高校入学後、吹奏楽部部長をしていた幼なじみの重松宏に誘われ、吹奏楽部に入部。すぐにサックス奏者として才能を開花させた。その実力は刻阪響が一目置き、ライバル視するほど。 同じく高校デビューの主人公神峰翔太に共感を持っている。

黒条 善人 (くろじょう よしひと)

鳴苑高校吹奏楽部所属。主人公神峰翔太と同じく、他人の心が見える能力を持つ。人の心を操作し、黒く染めることを最大の楽しみにしている。ホルンのパートリーダー・管崎舞の心を操作し、部内に不協和音を起こす。神峰翔太がその1件を解決すると、鳴苑高校を去り、伊調鋭一のいる竹原高校に転校した。

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo