BLOW UP!

一流のプロサックス奏者になる夢を持つ青年、菊池オサム。厳しい下積み生活の日々を通して、彼がジャズマンとして成長していく姿を描いた青春ミュージシャンマンガ。

概要・あらすじ

大学4年生の菊池オサムはプロのサックス奏者という夢のために大学を中退する。その夜、DEBBY'S BARのマスター石井から、ピンクキャバレーでのバンドの仕事を紹介されるが、自分のやりたいジャズではないため苦悩する。

登場人物・キャラクター

菊池 オサム (キクチ オサム)

大学を辞め、ジャズのサックスプレイヤーを目指す。在学中は、大学ジャズサークルの名門4ビートクラブのメンバーだった。キャバレーのバンドマンからスタートし、スタジオミュージシャンを経て、アイドルのバックバンドに。ミュージシャンとして様々な壁にぶつかりながらも、くじけることなく自分の“音”を探し求める。 福田たちと結成した丸の内ジャズカルテットが注目を浴び、老舗ジャズライブハウス、A・トレインへの出演が決まる。

福田 (フクダ)

菊池オサムの大学時代の後輩。ジャズピアニストの夢をあきらめ、一般企業に就職。しかし音楽への情熱を捨てられず、菊池オサムたちとジャズバンド、丸の内ジャズカルテットを結成する。

石井 (イシイ)

菊池オサムが入り浸っているジャズバー、DEBBY'S BARのマスター。学生時代、デブだったため「デビィ石井」のあだ名で呼ばれており、これが店の名前の由来になった。菊池オサムが所属していた4ビートクラブのOBで、音楽に対する造詣も深い。

樫山 (カシヤマ)

菊池オサムの友人。自動車整備工をしながらミュージシャンを目指す。菊池オサムに誘われ、ジャズバンド、丸の内ジャズカルテットのメンバーに。

野坂 (ノサカ)

借金の取り立てにあっていたところを菊池オサムに助けられ、それが縁で知り合いになる。「赤鼻のブレイキー」と呼ばれる腕の良いドラマーだが、飲んだくれで金に困ったときにしか演奏しない。伝説のサックス奏者、クリフォード・デイビスの知り合いで、彼を菊池オサムに引き合わせる。菊池オサムと組み、ジャズバンド、丸の内ジャズカルテットを結成する。

クリフォード・デイビス (クリフォードデイビス)

菊池オサムが神様とあがめる天才サックス奏者。野坂を介して菊池オサムと知り合う。死の間際に書いた曲を菊池オサムに託す。

郁美 (イクミ)

菊池オサムが行きつけのジャズバー、DEBBY'S BARのバイト。酔った勢いで菊池オサムと男女の仲になる。

相川 ちさと (アイカワ チサト)

菊池オサムがバックバンドを務めたアイドル。酒癖が悪い。

安藤 リエ (アンドウ リエ)

伝説のサックス奏者、クリフォード・デイビスの最後の弟子で元恋人。クリフォード・デイビスの遺言に従い、彼が亡くなる前に書き上げた曲の譜面を菊池オサムに届ける。菊池オサムの演奏に、亡き師の面影を見る。

由井 大明 (ユイ ヒロアキ)

若手で最も注目されているジャズミュージャン。日本人と黒人のハーフで、演奏のほうも日本人離れした豪放さが売り。菊池オサムの実力を認め、自分のライバルになる男だと考えていた。ジャズ祭の出演を目前に、以前付き合っていた女性に殺される。

鴨下 俊 (カモシタ シュン)

ジャズ評論家。菊池オサムの演奏に、荒削りだが光るものを感じ、注目するようになる。

集団・組織

4ビートクラブ (フォービートクラブ)

『Blow Up!』に登場するサークル。菊池オサムが大学時代に所属していたジャズサークル。OBにメジャーデビューしたミュージャンもおり、大学ジャズサークルでは名門として知られている。

丸の内ジャズカルテット (マルノウチジャズカルテット)

『Blow Up!』に登場するバンド。菊池オサムが、福田、樫山、野坂と結成したジャズバンド。丸の内のオフィス街で路上ライブを行い、人気者に。

場所

DEBBY'S BAR (デビィズバー)

『Blow Up!』に登場するバー。菊池オサムが常連のジャズバー。菊池オサムが大学時代に所属していた4ビートクラブのOB、石井がマスターをしている。

書誌情報

Blow up! 全1巻 小学館〈ビッグコミックスワイド〉 完結

第1巻

(1999年3月発行、 978-4091858122)

Blow up! 全1巻 小学館〈小学館文庫〉 完結

第1巻

(2001年7月発行、 978-4091925541)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo