THE B.B.B.

想いを寄せる義兄を巡り、女子大生とゲイの男性モデルが繰り広げる駆け引きの様子が真剣かつコミカルに描かれたラブ・コメディ。「別冊少女コミック」昭和63年2月号から3年3ヵ月にわたって掲載された。

正式名称
THE B.B.B.
作者
ジャンル
ラブコメ
レーベル
フラワーコミックス(小学館)
巻数
全10巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

須王友実は、ある日友人と訪れたディスコ「CARTHAGO」で出会った美形の店員に一目惚れする。しかし、彼はアメリカに行ったまま音信不通となっていた義兄、須王獅子丸であった。そうと知ってもあきらめきれない友実は、獅子丸とのゴールインを目指して奔走する。獅子丸と同居中の刑部我意は、そんな友実に対して明らかな敵意をむき出しにし、友実が獅子丸に近づくことを阻止しようとするのだった。

そんな折、実家に引っ越してきて友実と生活を共にし始めた獅子丸と我意の様子を見て、友実は2人がゲイの恋人同士なのではないかという疑念を持ち始める。

登場人物・キャラクター

須王 友実

英徳大学アメリカンフットボール部「英徳フェアリーズ」のチアガール兼マネージャーを務める女性。須王獅子丸とは、中学生の時に両親の再婚に伴って兄妹となった。女性らしい一面もあるが、基本的には負けず嫌いで気の強い男っぽい性格。幼い頃からアメフトが大好きで、その男らしさに憧れている。子供の頃は女々しかった須王獅子丸に、少しでも男らしくなってもらいたいと思い、アメフトを勧めた。

須王 獅子丸

須王友実の義兄で、彼女とは、中学生の時に両親の再婚に伴って兄妹となった。綺麗な顔だちと柔らかな物腰で、女装コンテストでは優勝したことがある。友実から勧められたアメリカンフットボールに魅せられ、本場でのプレーを目指して渡米してから、6年間家族とまったく連絡をとっていなかった。100メートル10秒5の俊足を誇り、クオーターバックを目指していたが、人種差別の壁にあたって挫折した。

刑部 我意

須王獅子丸が渡米した際、アメリカで世話になっていた刑部家の長男。日本人の父親と、日系3世の母親の間に生まれたハーフ。そのオリエンタルな風貌を活かし、「刑部GUY」として売れっ子のトップモデルとなっている。元UCBのパンターで、獅子丸と共にアメリカンフットボールに魅了されていた。現在は日本で獅子丸と生活を共にしている。 男一筋25年のゲイであると自負しているが、その事実を知るものは少ない。

花車 宗太

須王家に居候している英徳大学の男子学生。日本一弱いと有名な英徳大学アメリカンフットボール部「英徳フェアリーズ」に所属している。100メートル10秒8の俊足で、「走れるクオーターバック」として名を馳せている。須王友実に想いを寄せているが、相手にされていない。

御所 夏恵

須王友実と同じ大学に通う親友の女性。英徳大学アメリカンフットボール部「英徳フェアリーズ」のチアガール兼マネージャーを務めている。何に対しても気楽に構える楽天家で、モデルの「刑部GUY」の大ファン。父親は和風レストラン「御所車」の経営をしている。

須王 虎丸

須王獅子丸の父親。獅子丸が中学生の時、須王友実の母親と再婚した。その姿が熊に似ていたことから、「くまのプー」呼ばわりされることも。2年前に突然行方知れずとなり、事実上の蒸発とされていたが、実は亡くなっていた。

お母さん

須王友実の母親。自宅マンションの一階でブティックを経営している。友実が中学生の時、須王虎丸と再婚。その後、虎丸が蒸発するも、まだ離婚はしていない状況。虎丸は元妻の絹子のところへ行ったと考えている。

絹子

須王獅子丸の実の母親で、須王虎丸の元妻。女装した時の獅子丸によく似ている。獅子丸が2歳の時に、別の男性のもとへ出ていったきり消息不明となっていた。沖縄に嫁いだという話もあったが、実際は亡くなっている。

田崎

須王獅子丸が出場した女装コンテストの審査員を務めていたプロデューサーの男性。沖縄にいた若い頃に絹子に想いを寄せていたため、女装した獅子丸が絹子に似ていたことに驚いた。田崎の言動が、絹子の消息をたどるヒントになった。

比嘉 獅子衛門

須王獅子丸の3歳年下の弟で、比嘉獅子之助とは双子の兄弟。三つ編みがトレードマーク。気が強く自分勝手だが、精神的に弱いところがあり、両親は自分が殺したと思い込んでいる。得意の声帯模写を悪用し、幸せに見える獅子丸たちを陥れようと画策する。アメリカンフットボールでのポジションはランニングバッカー。

比嘉 獅子之助

須王獅子丸の3歳年下の弟で、比嘉獅子衛門とは双子の兄弟。獅子衛門よりもさらに獅子丸に似た雰囲気を持つゲイの男性。モデルの「刑部GUY」の大ファンであり、彼と体の関係を望んでいる。

おじいちゃん

絹子の父親で、須王獅子丸、比嘉獅子衛門、比嘉獅子之助の祖父にあたる。沖縄で「比嘉パイン園」を経営している。自分のせいで獅子衛門と獅子之助が不幸になったと考えており、その後ろめたさからか、2人に何でもやりたいようにさせ、甘やかして育ててきた。

岩久 香

新しくできたディスコ「赤坂O?-Forest」のウエイターキャプテンを務める男性。一時的に須王獅子丸のルームメイトとなる。杉崎美花子の言うなりに行動する下僕のような存在。男女の間にあるのは体の関係だけだと思っているため、何かと須王友実に迫ってくる。

杉崎 美花子

新しくできたディスコ「赤坂O?-Forest」を経営する社長の妹。アメリカにいた頃に須王獅子丸に想いを寄せていたが、刑部我意に阻まれ近寄ることさえできずにいた。日本では獅子丸を自分のものにしようと強硬手段に出る。父親を早くに亡くし母子家庭で育ったため、実業家として成功し、貧しい生活から救ってくれた兄を尊敬している。

フレデリック・ヒース

アメリカのバークレーにいた頃の刑部我意の恋人だったアメリカ人男性。我意が自分を含む恋人たちとの関係を清算したことは、すべて須王獅子丸のせいだと思い込み、恨みを晴らすために来日する。

フレデリック・アトキンス

刑部我意の2人目の母親の兄だった男性。ゲイであり、我意がゲイの道に入るきっかけを作った人物。ヨセミテ国立公園近くで、結婚したティムと2人で診療所を開いている。我意には若い頃に恋人を奪われたことがあり、我意との再会に困惑を隠せない。

ティム

フレデリック・アトキンスが結婚した伴侶となった男性。ベジタリアンで気功の使い手。霊感が強いため、森の精霊の力を借りて、患者として訪れた人のストレスや内臓疾患を治すための治療院を営んでいる。すべての人を苦しみから解放してあげたいと考えている。

金城 真人

沖縄出身の男性。須王獅子丸が勤めるディスコ「CARTHAGO」に新しく入ってきたアルバイト。入店初日から獅子丸に対して必要以上に馴れ馴れしい態度をとり、獅子丸の詳細を知りたがる不審なところがある。

書誌情報

THE B.B.B. 全10巻 小学館〈フラワーコミックス〉 完結

第1巻

(1988年7月発行、 978-4091328410)

第2巻

(1988年11月発行、 978-4091328427)

第3巻

(1989年3月発行、 978-4091328434)

第4巻

(1989年7月発行、 978-4091328441)

第5巻

(1989年10月発行、 978-4091328458)

第6巻

(1990年2月発行、 978-4091328465)

第7巻

(1990年7月発行、 978-4091328472)

第8巻

(1990年10月発行、 978-4091328489)

第9巻

(1991年2月発行、 978-4091328496)

第10巻

(1991年5月発行、 978-4091328502)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo