仮想現実アニメオススメ7選308 Pt.

私たちの歴史上、または今後「もし~が起きたら」という考察が生きているオススメアニメ作品を紹介する。

作成日時:2017-06-18 22:00 執筆者:マンガペディア公式

仮想現実アニメオススメ7選

出典:Amazon.co.jp

概要

過去、そして未来。「もし、~になったら」この世界はどのようになっていたであろう。あるいは、なっていくであろうか。今回はそんな仮想現実をテーマとしたオススメの作品を紹介する。

『コードギアス 反逆のルルーシュ』

出典:Amazon.co.jp

本作は、主人公「ルルーシュ」がとある一件で謎の少女「C.C.」から「ギアス」と呼ばれる特殊な力を与えられ、超大国「神聖ブリタニア帝国」を相手に戦争を仕掛ける壮大な物語である。超伝導電磁石を搭載したモーター・発電機が発達し、「ナイトメアフレーム」と呼ばれる人型機動兵器の実用化された世界。超大国「神聖ブリタニア帝国」もイギリスが専制君主制を継続した状態で発展していったという仮定で物語は進み、ただのロボット物とは一線を画す設定が魅力的である。主な舞台となる日本(イレブン)は「ブリタニア」に敗戦はしたものの戦力を保持したまま降伏。「ルルーシュ」は残存する日本の戦力を集め、戦っていく。その過程にはワクワクを抑えられない。カッコいいキャラクター、迫力のあるバトル、と魅力溢れる作品だが、ぜひその世界観にも目を向けて本作を視聴してみよう。

『サクラ大戦』

出典:Amazon.co.jp

ドラマチックアドベンチャーの金字塔と名高いセガサターン用ソフト『サクラ大戦』をアニメ化したのが本作。主人公「真宮寺さくら」が悪の組織から帝都東京を守るため、秘密組織「帝国華撃団」へ入隊するところから物語は始まる。日常パートでは歌劇団の一員として歌や芝居の稽古に励み、有事の際は人型蒸気機関「光武」を駆り、歴史の闇に消えたはずの「降魔」との激しい戦いを繰り広げていく。現実の日本の大正時代をモデルにしつつも、電気ではなく蒸気機関が発達したという仮定の歴史を元にした、いわゆるスチームパンク作品。作中の出来事も日露戦争後の軍部の情勢や、広がる貧富の差も忠実に再現しながらも当時の歴史がもしも違っていたら…というIFの路線もしっかりと描かれる。作曲家「田中公平」氏のミュージカルをベースにしたアニメ楽曲も名曲ぞろいであり、本編に限らず、その見所は多岐にわたる。ノスタルジーな雰囲気に誘い込む『サクラ大戦』。ぜひ様々な視点からご覧いただきたい。

『サクラ大戦 ル・ヌーヴォー・巴里』

出典:Amazon.co.jp

『サクラ大戦 ル・ヌーヴォー・巴里』は『サクラ大戦』と世界観を共有する続編に当たるOVAの3部作構成。舞台は代わり、華の都巴里を舞台とした本作はキャラクターも一新しており従来の『サクラ大戦』ファンはもちろんのこと、原作であるドリームキャスト用ソフト『サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜 』のファンにとっても待望のアニメ化作品であった。本作でも、当時の巴里社会の移民問題や社交界の様子、そして文化世相をしっかり描かれ、その上で蒸気機関で動く自動車やエレベーターといった、現代にありそうで無いようなIFを織り交ぜている。こうした世界観設定はさりげなく作中の様々な場面に散りばめられており、現代との違いに注目しながら視聴するのもまた一興。内容自体も1話完結の独立した話が主で原作の『サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜 』を知らなくても楽しめるように作られている。本作を視聴したらば、思わずシリーズも見返したくなること必至である。

『機動警察パトレイバー』

出典:Amazon.co.jp

『機動警察パトレイバー』はロボット工学が発展した1998年の日本が舞台となっている。本作では歩行式作業機械「レイバー」とよばれる有人ロボットが広く普及しており、それに伴い増加した「レイバー」犯罪に対抗するため、警視庁「特車二課」の隊員たち奮闘していく様子を描いている。今ではすっかり過去の時代になってしまった、実際の東京をモデルに物語は展開されるが、その中で描かれるロボット同士の戦いは時代を感じさせない斬新かつリアリティを感じさせる。近年でも続編の実写作品やスピンオフ作品も発表されており、時代を超えて愛されている作品であることが窺える。1998年の日本の様子を描くノスタルジー感とロボット社会という近未来感。相反する2大テーマで構成された本作の世界観に惹き込まれること間違いなし。

『AKIRA』

出典:Amazon.co.jp

日本だけでなく世界からも高い評価を得ている『AKIRA』。舞台は2019年、第三次世界大戦が勃発し、新型爆弾で消滅した東京「ネオ東京」で繰り広げられる不良少年「金田」と幼馴染「鉄雄」との対決を描いたSF作品だ。本作の興味深いところは、まず一つは手書きとは思えないほど綿密な描写、そして二つ目は東京オリンピック開催を控えているとされる描写がいくつもあり、偶然ではあるだろうが、一部では予言とまで言われているほど、非常に現実的に描かれている点である。また、30年近く前の作品とは思えないほどアニメーションのクオリティも高く、本作の表現方法は今日でも様々なアニメ作品にオマージュとして用いられているという点も驚きである。もしかしたらこうなっていたかもしれない、という近未来の日本の姿を本作で覗いてみよう。

『ジパング』

出典:Amazon.co.jp

西暦200X年6月、エクアドルへ向かう海上自衛隊所属イージス艦「みらい」が突如ミッドウェー沖合で落雷を受け消失、乗組員たちが気づいたときには1942年6月4日の太平洋戦争の真っ只中にタイムスリップするというあらすじだ。もしも、現代の武器を持ってタイムスリップしたらという内容を綿密に作りこんだ作品であり、徐々にこの『みらい』が歴史の流れを変えていくことになる。日本人なら一度は名前を聞いたことがある『戦艦大和』なども登場し、史上最大の砲塔46cm 3連装砲を現代のイージスシステムで迎撃できるのか? という場面なども、しっかりとしたカタログスペックを元に考察と描写が行われている。ミリタリーに興味を持っている人には是非目を通してもらいたい作品だ。

『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』

出典:Amazon.co.jp

『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』は20XX年8月の正午前、銀座六丁目交差点付近に突如出現した「門」の中から異世界の軍団が攻めて来たことを機に、日本の自衛隊が中世ヨーロッパのような世界へ進出していく物語だ。あらすじだけに注目してみるとファンタジーなのだが、作中で出現した「門」を利用してアメリカ、中国、ロシアなどが国際問題を解決しようとしたり、日本の内閣が民主党政権の内容だったりと、ごく近年の歴史背景を元に作られた作品であるところが実に興味深い。全体としては。日本の自衛隊すごい! と感じさせる、爽快ファンタジーアニメ作品として楽しめる。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!