連載40周年突破!ご長寿マンガ「こち亀」、オススメの爆笑回1465 Pt.

コミック200巻到達も目前となり、まだまだ注目を集め続ける「こち亀」こと、『こちら葛飾区公園前派出所』。ここではオススメの爆笑回をご紹介します。

作成日時:2016-04-06 17:59 執筆者:マンガペディア公式

「こち亀」こと、『こちら葛飾区公園前派出所』とは

・コミック82巻 「スーパーエディター両津!の巻き」

こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第82巻)

こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第82巻)

http://www.amazon.co.jp/dp/4088520181

いつものようにバイトを探す両さんは、出版社の編集のバイトに行くことに。しかしそこでボヤが起こり、なんと原稿が欠けてしまいます。今までのバイトや趣味で培った技術がある両さんは、あの手この手で原稿の嵩増しをはかるが、これがとんでもない方向に。
両さんがバイトに行く回にハズレなし。そのやり方と完成した作品の内容がとても面白く、人気のある回です。

・コミック126巻 「和ゲーで拓け!悟りの世界!?の巻き」

こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第126巻)

こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第126巻)

http://www.amazon.co.jp/dp/4088731565

太鼓の練習をしていた婦警をバカにしたことで、纏と音ゲーで対戦することになった両さん。太鼓のゲームやら神輿のゲームやらで勝負し、最後はなんと木魚の音ゲーで勝負することに。一時期人気があったドラムの音ゲーばりのセットで、「なんまいだなんまいだ」と唱えながら木魚をぶっ叩く両さんの姿はそれだけで笑えます。最後は通りかかった知り合いの坊さんにプレイするよう頼むと、これがめちゃくちゃ上手く、結果は「大僧正」。
シンセサイザー木魚とか、よくそんなこと思いつくなぁと笑いながら感心しました。

・コミック145巻 「スーパー幹事!?中川!!の巻き」

こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第145巻)

こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第145巻)

http://www.amazon.co.jp/dp/4088738160

中川に庶民と同じ金銭感覚を身につけさせようと、旅行の幹事を任せることにした両さん。最初は中川も苦心して真面目に計画していたのですが、旅行当日までには性格が変貌するくらい根詰めてしまいます。旅行費を節約するためにさまざまなアイデアを駆使するのですが、一番笑ったのが交通手段。なんと通りかかる電車に飛び移って移動します。両さんの、「わしらは国境越えをする脱走兵か」というセリフが的確すぎて面白いです。
ちなみに、この「スーパー幹事!?中川!!の巻き」にはパート2もあります。こちらは逆に、中川の潤沢な資金を存分に使って旅行をするというもの。こちらも面白いので、是非。

このほかにも爆笑回はまだまだあるので、シリーズとしてまた紹介したいと思います。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!