mina-mo-no-gram

mina-mo-no-gram

漫画を描くことが好きな女子高校生、青柳いづみが、同級生の自殺や恋人との別離を経験しながら20代後半の女性になり、漫画を作成して賞に応募するまでを描いた純文学的な漫画作品。イメージの繰り返しや、時系列のシャッフル、一つの言葉に両義性を持たせるなどの、演劇的手法が多く用いられている。原作者は、劇団「マームとジプシー」を主催し、戯曲賞を受賞したこともある藤田貴大。

正式名称
mina-mo-no-gram
作者
ジャンル
ヒューマンドラマ、人間ドラマ
レーベル
秋田書店
関連商品
Amazon 楽天

概要

漫画を描くことが好きな女子高校生、青柳いづみ。閉塞的で息苦しい高校生活の中で、いじめや親友の川崎ゆり子の自殺に遭遇し、心を揺らす。卒業後、石井という男と同棲し、つかの間の安らぎを得るが、些細な事で別れる。20代後半で母の死に出会い、自分のやりたいこととして漫画を描き、賞に応募する。

登場人物・キャラクター

主人公

初登場時は漫画を描くことが好きな女子高生。髪型は前髪を揃えたツインテール。友人、川崎ゆり子の自殺やいじめなどのつらい高校時代をおくる。卒業して男(石井)と同棲するが別れる(この頃から髪型は、前髪を揃え... 関連ページ:青柳 いづみ

川崎 ゆり子

青柳いづみの親友で高校の同級生。いづみの幼なじみの尾野島とベットを共にし、以後、生理が遅れて精神に不安定をきたす。クラスのいじめっ子、あゆの財布を盗んでしまい、その後発作的に校舎の屋上から飛び降りる。死後もいづみのイメージの中に何度も登場する。

尾野島

青柳いづみの幼なじみの少年で、高校の同級生。名前は不明。眼鏡をかけており、写真部に所属。自宅で川崎ゆり子と性行為を行う。ゆり子が死んだあとも、いづみとは友人でいる。

実子

27歳になった青柳いづみが、バイト先(携帯電話の店頭キャンペーン)で知り合った、身長の低いおかっぱ頭の女。いづみと同じ年。いづみが賞に応募するために描いたマンガ原稿を手伝う。

SHARE
EC
Amazon
logo