あいまいみー

倉持南高校の漫画研究部に所属する4人の女子高生たちが漫画を描いたり描かなかったり、ときには戦ったりする、奇想天外で病的なまでにシュールなノリの常識に縛られない4コマ漫画。

正式名称
あいまいみー
作者
ジャンル
ギャグ・コメディ
レーベル
バンブーコミックス(竹書房)
巻数
既刊7巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

倉持南高校に通う麻衣ミイ、そしてぽのか先輩は漫画研究部に所属しているが、まともに漫画を描こうとするのは基本的にだけで、麻衣ミイは好き勝手に暴れ回る毎日。そこへぽのか先輩がやってくると、話はさらにややこしいことになってしまうのである。

登場人物・キャラクター

蛯原 愛 (えびはら あい)

『あいまいみー』の主人公の一人。倉持南高校の漫画研究部でただ一人、まともに漫画を描こうとしている部員。身長158cm、体重47kg。夏菜子(かなこ)という妹がいる。ツッコミ役として、麻衣とミイにも漫画を描いてもらおうと日々努力はしているが、基本的にその努力は無駄に終わってしまう。実はケンカが強く、今まで負けたことがない。 ただし、ボウリングは壊滅的に下手くそ。ラジオ番組のハガキ職人もやっており、ペンネームは「つちのこシャングリラ」(略称は「つちシャン」)。投稿の内容がネットで酷評されたときは闇堕ちしたこともある。好きな食べ物はグレープフルーツで、好きな動物は犬。座右の銘は「石の上にも三年」。体質的に、ちょっと太りやすい。 髪型は当初、黒髪のストレートだったが、現在はポニーテールとなっている。

麻衣 (まい)

『あいまいみー』の主人公の一人。倉持南高校の漫画研究部で一番無邪気な性格をしている。身長153cm、体重43kg。ミイといつもつるんでいて、漫画はちっとも描こうとしない。その一方、ぴろ川書店で漫画雑誌の編集長のアルバイトもしており、持ち込みに来たトリニーチョの作品に目を通した。かつて、カッパの住んでいる川にコンクリートを流し込んだことがあり、その仕返しにしばかれたことがある。 それ以外にも魚のイトウをたたき切ろうとしたりするなど、物騒な行為に走ることが多い。見たいものは「FXで有り金全部溶かした人」。処女厨の声優オタクでもある。好きな食べ物はシチューと甘酒。嫌いなのはカール・マルツゥとエスカモーレ。 動物は何でも好き(生きているから)。座右の銘は「陰徳陽報」。髪型は両側頭部で大きく渦を描く、赤橙色のセミロング。

ミィニャ・メーニッヒ

『あいまいみー』の主人公の一人。倉持南高校の漫画研究部で一番ボケまくっている部員。もちろん、漫画は描こうとしない。身長152cm、体重42kg。実はハーフで、一つ目の怪物を彷彿とさせる姿をした義父の滝本、2年前に滝本と結婚した母、麻衣の怒りを買って餅にされた弟の4人が家族である。一時期、ネットゲームにハマって不登校になったこともある。 また、馬になりたいと思うあまり、顔だけミイの人面馬になったこともある。さらに幼少時には暗殺者養成所に入れられたこともあった。好きな食べ物はシロールケーキとキャラメル。嫌いなのはイナゴ。好きな動物はアルパカ。座右の銘は「勝てば官軍」「明日は明日の風が吹く」。髪型は房のようなアホ毛が生えた、ヤマブキ色のセミロング。 好きなカタカナは「ヌ」。

ぽのか先輩 (ぽのかせんぱい)

倉持南高校の漫画研究部で最年長のメンバー。愛たち3人が面倒なことに巻き込まれると、不思議な壺を携えて登場することが多い。登場の際にしばしば麻衣とミイから間違った呼び方をされ、その都度に自分から「ぽのかよ」と訂正している。身長164cm、体重50kg。お金に対する執着心はかなり強いが、かつてはFXで有り金を全部溶かして「ぬ」と「ね」の区別が付かない顔になったことがある。 そのことをミイに指摘されたときは泡を吹いて倒れてしまった。好きな食べ物は麻婆茄子。嫌いなのはジャンクフード。好きな動物は馬とフクロウ。座右の銘は「地獄の沙汰も金次第」。紫色の長髪をハーフアップにまとめた髪型をしている。 登場人物の中で、もっとも闇属性が強いキャラで、出てくると大抵不思議なことが起きる。

ちょぼらうにょぽみ

一児の母。本編の内容とは全く関係ところで登場し、次作品の宣伝や日常エッセイ漫画を繰り広げる。しばいぬ子さんの大ファンらしく、作中で何度となく絡んでいる。見た目はタヌキの耳のような髪型に、なると型のネクタイに前掛け、サスペンダー付きのキュロットスカートといういでたち。

カッパ

かつて、麻衣によって住んでた川にコンクリートを流し込まれたことがあり、その仕返しに彼女をしめたことがある。ミイにも頭の皿へきゅうりを打ち込まれたり、逆に川の勇者として吹き矢でミイたちを倒すなど、少なからず因縁がある。ときにはミイがカッパの一員になってハドソン川の守りを担ったこともあった。

森の民ヤムー (もりのたみ やむー)

終業式の帰り道に麻衣とミイが愛だと思ってカツアゲをしていたら、それは愛ではなく森の民ヤムーだった。ヤムーは愛たち3人にお金を渡し、「それでジュース飲んでください」という優しさを見せたが、警察に駐車禁止だと言われてそのままどこかにトラックで連れ去られてしまった。

トリニーチョ

愛と麻衣とミイが山で出会った、4コマ漫画家志望の山の神。丸い体にやたらと長い足が特徴的で、サングラスをかけている。食べ方はくちゃくちゃ音を立てるタイプ。描いた漫画のタイトルは「マカロンちゃん」。後にぴろ川書店に漫画の持ち込みに行き、アルバイトで編集長をやっている麻衣に見てもらった。 その際に見せた宴会芸が認められ、アニメ化が決定した(後にウソだと言われる)。その後もまだ、麻衣のもとに持ち込みを続けている。トリニーチョ作として、「サーモンピンク滝沢!!」がおまけまんがとして単行本に掲載された。

ルーカス秋本 (るーかす あきもと)

麻衣が声優と同じくらい好きな人物。金髪の逆立った髪型で、サングラスをかけている男で、ハトで呼び出すことができる。初登場時は無職だった。その後、「宴会一武闘会」に、自分の芸がどこまで通用するか確かめたくて参加するが、準決勝でネットアイドルTSに敗れて殺されてしまう。大会後、遺言によってパチンコ屋の駐車場に墓が建てられた。 だが、その後死んだのはなかったことになったのか「ホワイトハウスでライブをやる」と言って、不法侵入で捕まったりもしていた。

さとう すずき

「宴会一武闘会」に参戦したえんかニスト(宴会芸を極めた者)にして烏骨鶏料理人。筋骨隆々で怪しい仮面を被った男で、愛に大会に出ないよう脅しをかける。だが、決勝ラウンドの準決勝戦で愛と激突し、負けてしまう。負けたあとはそれまでの威厳はどこへやら、すっかりへこへこと愛に媚びる存在になってしまった。 、。

ネットアイドルTS (ねっとあいどるてぃーえす)

「宴会一武闘会」に参戦したネットアイドルにしてえんかニスト(宴会芸を極めた者)。ひょっとこのようなネズミのような仮面を被った女性で、準決勝ではルーカス秋本をエロとうもろこしで串刺しにして殺してしまう。決勝戦では愛と闘い、「一人ちびくろサンボ」で愛の足を痛めつけるが、愛の「甘えんぼツバメ」によって仮面を割られてしまう。 仮面の下は美少女だったが、愛の宴会芸「創作寿司を容赦なく鼻で喰う女」のダメージを受けて倒れてしまう。その正体は作者の別作品『不思議なソメラちゃん』の登場人物である天童雫。

蛯原 夏菜子 (えびはら かなこ)

『あいまいみー』の登場人物で愛の妹。髪型は短いサイドテールで丸い髪飾りで髪を留めている。性格はおとなしく、変なところで気を遣うところがある。幸恵という友達がいるが、彼女は麻衣やミイのノリにはついていけない。

たかひろ

不思議な能力を使う声優好きの処女厨で、目はダイヤモンドのような形をしている。麻衣とミイにとっては因縁浅からぬ相手で、二人はたかひろと彼のいる研究所が実行しようとしている「プランS(地球上から処女以外の人類を抹殺する計画)」を止めようとして彼をペットボトルに封印した。その後、封印を破って復活したが、愛のビンタ一発で倒されてしまった。

⑰先輩 (じゅうななせんぱい)

ミイが幼少時にいた保育所の先輩。保育所が実は、戸籍を抹消された子供たちをアサシンに育て上げる養成所であることを㉛番ことミイに教える。そのミイに「⑰先輩では呼びづらいから」という理由で「ナナさん」と呼ばれるようになる。その後、ミイたちとともに大使館にいるマコムゼン大統領の暗殺を命じられる。 特技として「世界中の悪いハニワを召喚して、相手に刻んだ印に向かって叩きつける」という技を持っている。

土手ゴン (どてごん)

元々は愛が怪獣を見たがっている麻衣のため、とっさに思いつきで言ったウソの怪獣だったが、実際に日本に存在していた。性格は凶暴で、怪獣の着ぐるみを着ていたぽのか先輩を食べてしまう。ぽのか先輩愛用の壺によって撃退されたが、引き際に土手ゴンのことを慕っていたはずの麻衣のことも食べようとした。

イベント・出来事

宴会一武闘会 (えんかいいちぶとうかい)

『あいまいみー』にて行われたイベント。腕に覚えのあるえんかニスト(宴会芸を極めた者)が総勢48人集まり、その芸を競う。決勝に残れるのは4人だけで、優勝すると竹書房の読み切り4コマ漫画掲載権がもらえる。決勝ラウンドには愛、さとうすずき、ルーカス秋本、ネットアイドルTSが進出し、愛がネットアイドルTSを倒してまんがライフ誌に読み切りを載せてもらった。 ちなみに副賞はマルチビタミン2ヶ月分だった。ちなみに大会の犠牲者は観客・出場者を合わせて512人。

その他キーワード

ぽのか先輩の間違った呼び方 (ぽのかせんぱいのまちがったよびかた)

『あいまいみー』の用語。ぽのか先輩が登場するとき、麻衣やミイが間違って呼ぶ名前。「ポツダム宣言大好き太郎先輩」「アクロバティック拾い食いスペシャリスト先輩」「自販機釣り銭パカパカ二郎総帥」「第三次声優ブームオタク」「昔々ある所におじいさんとおばあさんと超時空有機生命体JINが住んでいました。おじいさんは山に芝刈りに おばあさんは川に洗濯に…そしてJINはアメリカのクレイ数学研究所が100万ドルの懸賞金を懸けた何代ヤン-ミルズ方程式の質量ギャップ問題を小6で証明してしまうという偉業を成し遂げていた…!?」「スパイシーチキン&メキシカンピラフ!!!」「東京都うなぎ保護委員会!!?」「うんこ先輩!!」など。

アニメ

ちょぼらうにょぽみ劇場 あいまいみー

倉持南高校の漫研に所属する女子高生トリオ愛と麻衣とミイのいるところ、いつも事件が巻き起こる。部室に殴りこんでくる河童、小銭をくれる謎の生物、路上で行われる漫画勝負、異次元への漂流、大怪獣の出現など現実... 関連ページ:ちょぼらうにょぽみ劇場 あいまいみー

ちょぼらうにょぽみ劇場第二幕 あいまいみー ~妄想カタストロフ~

倉持南高校の漫研に所属する女子高生トリオ愛と麻衣とミイのいるところ、いつも事件が巻き起こる。3000万円をかけた殺人ゲーム、とつじょ街中で繰り広げられる恐竜同士のバトル、雨の日に尋ねてくる正体不明の怪... 関連ページ:ちょぼらうにょぽみ劇場第二幕 あいまいみー ~妄想カタストロフ~

書誌情報

あいまいみー 既刊7巻 竹書房〈バンブーコミックス〉 連載中

第1巻

(2010年9月発行、 978-4812474402)

第2巻

(2011年10月発行、 978-4812476673)

第3巻

(2013年1月発行、 978-4812480847)

第4巻

(2014年1月発行、 978-4812484944)

第5巻

(2014年9月発行、 978-4812487785)

第6巻

(2015年11月7日発行、 978-4801953888)

第7巻

(2017年2月7日発行、 978-4801957466)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo