あきそら

あきそら

姉と弟という禁じられた恋愛を中心に、同性愛や露出プレイなど、さまざまな愛の形を描くセンセーショナルなラブ・ストーリー。30話が「チャンピオンREDいちご」vol.9~vol.25に掲載され、第4.5話のみ「チャンピオンRED」2009年1月号に掲載された。OVAも制作されている。

正式名称
あきそら
作者
ジャンル
恋愛
レーベル
チャンピオンREDコミックス(秋田書店)
巻数
全6巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

美しい姉と双子の妹を持つ葵蒼空(ソラ)は、幼い頃から姉の葵亜希(アキ)のことが大好きだった。高校生活を送るある日、いつからかアキに対して異性としての好意を抱いていたソラは、ついにアキと一線を越えてしまう。また、澄弥可奈はクラスメイトのソラに恋しているが、それを応援する葵ナミは密かに可奈のことが好きだった。

登場人物・キャラクター

葵 蒼空

女だらけの家庭で暮らす男子高校生。気は弱いが、家事が苦手な葵家の中で家事全般を担当し、料理も掃除もこなす。双子の妹である葵ナミに似た女の子のような可愛らしい顔と華奢な体つきをしており、女装して街を歩いても誰も男だとは気づかないほど。幼い頃から大好きだった実の姉である葵亜希(アキ)にいつからか異性としての好意を抱いており、一線を越えてしまう。 その場の状況に流されやすく、その後もさまざまな女性と関係を持つが、アキへの想いは揺るがない。

葵 亜希

葵蒼空(ソラ)と同じ高校に通う姉。成績優秀でスポーツ万能、面倒見の良い美少女で、学校では女子の間でも憧れの的。ただし、家事全般は壊滅的で特に料理の腕はひどい。濃い茶髪のロングヘアーで、身長はソラより高く、巨乳。ソラに弟以上の好意を抱いており、自分から誘うような形で体の関係を持ってしまう。

葵 ナミ

葵蒼空(ソラ)の双子の妹。ソラのことは「ソラ兄(そらにい)」と呼んでいるが、家でも学校でもそっけない態度をとることが多い。髪はソラと同じくオレンジがかった茶髪のセミロングで、ソラと見分けがつくように左右で髪を結んでいる。クラスメイトの澄弥可奈に恋していながら、ソラを好きな可奈の後押しをするという複雑な状況に苦しんでいる。

澄弥 可奈

葵蒼空(ソラ)のクラスメイトで、葵ナミの親友。紺色のストレートなロングヘアーで、眼鏡をかけたオットリ系の巨乳美少女。一途で真面目な性格で、ソラに対しても敬語で話す。趣味は裁縫で、学校では服飾研究部に所属し、可愛らしいコスチュームを作っている。ソラに激しい恋心を抱いているが、本心は別のところにあることに本人も気づいていない。 写真家の父、ファッションデザイナーの母、まだ幼い妹の理亜がいる。

咲月 ルナ

葵蒼空(ソラ)と同じマンションに住む少女。ピンクの長い髪をポニーテールにしている。ラクロスをプレイするスポーティな女の子。小さい頃にプールで、友達からイタズラで服を隠されて水着のまま隠れながら帰宅したことがあり、その時のドキドキが忘れられずに露出狂になった。大胆な行動派で、ソラを乱交パーティに誘い、ソラの目の前で見知らぬ男に抱かれて処女を喪失した。 全裸に水着のペイントをしただけでプールへ行ったり、美術部のヌードモデルを楽しんだりと、見られることで興奮するタイプ。ソラとも何度か関係を持つ。

葵蒼空(ソラ)、葵亜希(アキ)、葵ナミの母親。サッパリとした男っぽい性格。仕事で帰りが遅く、家を留守にしがち。実は、ソラたちの実の母親は3人が幼い頃に交通事故で亡くなっており、双子の妹が姉に代わって母代わりをしている。このことを知っているのはアキのみ。

美原 みはる

葵蒼空(ソラ)と同じマンションに住む少年。ソラのことを「ソラ兄様(そらにいさま)」と呼び、幼い頃はよく一緒に遊んでいた。ソラからは「みーちゃん」と呼ばれている。見た目は女の子のように可愛らしく、ソラと同じく女装していても気づかれない。姫川ありすの恋人なのだが、美原みはるはインポであるため、自分の代わりにソラにありすを抱くよう頼む。 2人の行為の最中は、ソラとありすの性器を花びら、アイスキャンディ、タフボーイ、カトリーヌなど、独特の言葉を使って実況する。

姫川 ありす

葵亜希(アキ)の友達。ツリ目に眼鏡の巨乳美人で、生徒会長を務める。テストではアキに1位の座を奪われ、自分は2位に甘んじているためアキをライバル視している。年下の少年である美原みはると交際しており、みはるからは「アリス姉様」と呼ばれている。しかし、みはるがインポのため、代わりにソラに抱かれることに。

朝菜 ユウナ

葵蒼空(ソラ)が通う高校の美術部で部長を務める少女。男性が苦手で、男なんて世界から絶滅してしまえばいい、とさえ思っている。オナニーの経験もなし。男嫌いを克服するために、咲月ルナの提案で女装したソラと学校の保健室で体を重ねることになる。

葵蒼空(ソラ)、葵亜希(アキ)、葵ナミの実の父親。3人が幼い頃に家を出ていたが、突然現れてアキをソラたちから引き離そうとする。その真意には、妻との隠されたとある事実が関係している。

倉持 才加

葵亜希(アキ)が転入した地方の女子高に通う少女。巫女装束のような制服を着ており、京言葉で話す。前髪を切りそろえた長髪で、後ろに伸ばした髪を下のほうで結び、両耳のあたりの髪を小さなリボンで結んでいる。生徒たちが「尼寺」と呼ぶ、辺鄙な場所に建つ女子高のため生徒は男日照りの状態になっており、倉持才加もアキを捜しに訪れた葵蒼空を誘惑する。

書誌情報

あきそら 全6巻 秋田書店〈チャンピオンREDコミックス〉 完結

第1巻

(2008年12月19日発行、 978-4253234511)

第2巻

(2009年7月17日発行、 978-4253234528)

第3巻

(2009年12月18日発行、 978-4253234535)

第4巻

(2010年6月18日発行、 978-4253234542)

第5巻

(2010年12月20日発行、 978-4253234559)

第6巻

(2011年5月20日発行、 978-4253234566)

SHARE
EC
Amazon
logo