あの日からのマンガ

東日本大震災から4ヶ月の間にしりあがり寿が発表した漫画を、初出媒体の枠を超えて集めたオムニバス作品。震災と原発事故、その後の世界を描く。第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。

  • あの日からのマンガ
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
あの日からのマンガ
作者
ジャンル
社会派
レーベル
ビーム コミックス(アスキー、KADOKAWA)

総合スレッド

あの日からのマンガ(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

双子のオヤジ(あの日からのマンガ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:43
ミライ(あの日からのマンガ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:43

新着関連スレッドもっとみる

概要

東日本大震災から50年が経った日本。石油はついに地球上からなくなり、エネルギーシフトが進む。人々は太陽光や風力によって得られる最低限の電気を使い、自動車もネオンもない中で暮らしている。原子力発電所があった海辺の街に住む老人は、当時の豊かな日本を思い出しては憤っていたが、その頃には見られなかった満天の星空に気づき涙を流す。

登場人物・キャラクター

東日本大震災から50年後の日本で暮らす少年。ミライの祖父の孫で、祖父、父、姉とともに生活している。同世代の友人達と同様に背中に天使のような翼が生えており、空を飛ぶことができる。
東日本大震災を経験している。50年を経ても、豊かだった日本のことをいつまでも忘れられずにいる。ほぼ寝たきりの状態で、子供や孫とともに暮らしている。
禿げ頭で頭頂部に1本だけ毛が生えており、やせた中年男性の姿をしている。川をいかだで下る旅をしており、その道中でゲンパツに出会う。
双子のオヤジが川下りの途中で出会った。直方体に手足が生えており、その表情と言動から女性のようである。福島第一原発を擬人化したもの。
にぎやかで元気のいい子供たちのような姿に擬人化されており、「外の世界が見たい」とだだをこねてはストロンチウムやプルトニウムから叱られている。
坊主頭で眉毛が太い、体操選手のような筋肉質の男性の姿に擬人化されている。ヨウ素たちからは「あんちゃん」と呼ばれ慕われている。
美しい女性のような姿に擬人化されており、2本の触覚のようなものが生えている。外の世界に憧れるヨウ素を不憫に思い、彼らにだけでも外の世界を見せてやることを提案するが、長老に却下される。
口ひげを生やした老人のような姿に擬人化されており、ヨウ素、ストロンチウム、セシウムを総べる存在として「長老」と呼ばれている。
東日本大震災後に結婚式を挙げる予定だったが、婚約者を震災で失った。妊娠しており、不安を抱えたままの東京での生活に見切りをつけ、自分に想いを寄せる別の男性とともに東北へ移り住む。