いぶり暮らし

いぶり暮らし

同棲中の頼子と巡が、唯一重なる休日の日曜日に美味しい燻製を頬張りながら談笑するという日常の一コマを描いた、ほのぼのとしたグルメ漫画。

概要

東京の隅っこの街で同棲中の頼子。平日は互いに話しもできないぐらい忙しいが、日曜日には日々の出来事をただただ語り、毎週いろんな美味しい燻製料理を作り、頬張る。その生活の中で互いの仲を深めていく。

登場人物・キャラクター

主人公

彼氏である巡と同棲する26歳の女性。日曜日には燻製の手料理を振る舞う。普段はカフェの店長として働いている。自分から美味しいと言うことはせず、巡が美味しいという顔をしてから、やっと自分も美味しいと感じる... 関連ページ:頼子

頼子と同棲中のフリーターで、アルバイトをしながら暮らす24歳の男性。ゲームが得意で、バーテンの経験もあるためカクテルを作ることも出来る。釣りをすれば針を外せない、グロテスクなものが苦手など、乙女な部分も持っている。初対面の人でも仲良くなれるという柔軟さも持ち合わせている。

佐山 薫

頼子が店長を務めるカフェの店員。彼氏である加納翔太の一言一言が気になり、自分の中の理想の自分になろうと奮闘する乙女心の強い女性。頼子と巡の家に行ったことにより燻製にはまりだす。

加納 翔太

佐山薫の彼氏で、クールで無愛想な性格。彼女である佐山薫の前では不満を絶対に口にしない、デートの時間はなるべく平和に過ごすというポリシーを持っている。彼女に対して鈍感な部分が多い。

季則

巡の弟で、海外に語学留学していたが卒業とともに帰国。兄を尊敬しており、頼子のような奥さんを欲しがる。一見子供っぽくみえるが、気が利く上に頭も良い。

SHARE
EC
Amazon
logo