うさぎドロップ

うさぎドロップ

宇仁田ゆみ原作の同タイトル漫画作品『うさぎドロップ』の第一部をアニメ化。2011年8月には実写映画も公開された。独身サラリーマンと6歳の幼児とが出会い、二人三脚の生活を送る中で、家族としての絆を深めていく様子を描いた作品。

正式名称
うさぎドロップ
ふりがな
うさぎどろっぷ
原作者
制作
Production I.G
監督
亀井 幹太
放送期間
2011年7月8日 〜 2011年9月16日
放送局
フジテレビ
話数
11話
ジャンル
人情、ハートフル
関連商品
Amazon 楽天

概要

30歳の独身サラリーマン河地大吉は、祖父の葬儀で6歳の鹿賀りんと出会う。鹿賀りんは祖父の隠し子であることが判明し、誰が引き取るかで親戚たちが責任を押しつけ合う中、河地大吉は自分が引き取ると宣言。

2人の共同生活が始まっていく。

登場人物・キャラクター

河地 大吉

衣料品メーカーに勤める30歳の独身サラリーマン。子どもと女性が苦手。正義感が強く、鹿賀りんの引き取り手を押しつけ合う親戚たちに腹を立て、自分が引き取ることを決める。

後藤さん

主人公の河地大吉と同じ職場で働く。2歳になる息子がいるワーキングマザーで、河地大吉のよき理解者。

二谷 コウキ

鹿賀りんと同じ保育園に通う男の子。やんちゃな面もあるが、鹿賀りんを守ろうとするなど優しい性格の持ち主。

鹿賀 りん

主人公の河地大吉の祖父の隠し子で、河地大吉に引き取られて共同生活を送ることになる。しっかりした6歳の女の子。河地大吉の叔母にあたる。

吉井 正子

鹿賀りんの実の母親で、漫画家。主人公の河地大吉の祖父の家政婦をしていた頃に鹿賀りんを身ごもる。鹿賀りんには自分が母親であることを隠して過ごし、その後姿を消した。

二谷 ゆかり

二谷コウキを一人で育てるシングルマザー。主人公の河地大吉が密かに思いを寄せるようになる相手。また、河地大吉の良き理解者で、子育てを助け合う関係になる。

前田 麗奈

前田春子の娘で、鹿賀りんと同じ学年の女の子。鹿賀りんとは保育園も小学校も違うが、仲良くなる。

鹿賀 宗一

主人公の河地大吉の祖父で、鹿賀りんの戸籍上の父親。妻はすでに亡くしており、第一話で故人となっている。河地大吉とそっくりの容姿。

前田 春子

主人公の河地大吉の従姉妹で、鹿賀りんと同じ学年の娘がいる。夫やその家族との関係に悩みを持つ。

クレジット

原作

監督

シリーズ構成

岸本卓

総作画監督

山下祐

音楽

松谷卓

アニメーション制作

Production I.G

原作

うさぎドロップ

独身男性河地大吉が、祖父の隠し子鹿賀りんを男手ひとつで育てていく奮闘記。ふたりが家族関係を築き始めていく前半と、高校生になったりんの恋愛模様を描いた後半の2部構成となっている。 関連ページ:うさぎドロップ

関連外部リンク

SHARE
EC
Amazon
logo