働きマン

働きマン

安野モヨコによる同タイトル漫画『働きマン』をアニメ化したもの。女性編集者の仕事を中心にその周囲の人々の仕事っぷりを描いている。

正式名称
働きマン
ふりがな
はたらきまん
原作者
制作
ぎゃろっぷ
監督
小野 勝巳
放送期間
2006年10月12日 〜 2006年12月21日
放送局
フジテレビ
話数
11話
ジャンル
ヒューマンドラマ、人間ドラマ
関連商品
Amazon 楽天

概要

28歳独身の女性編集者松方弘子は良い雑誌を出すために、寝食を忘れ、恋人を後回しにし、周囲の人とぶつかりながら「働きマン」となって日々奮闘する。

登場人物・キャラクター

松方 弘子

28歳の女性編集者で元巨乳の独身である。基本、真面目な性格なので、恋人との時間、食事、睡眠などを犠牲にしても仕事を取るという、仕事に熱い、自他ともに認める「働きマン」である。30歳までに編集長になる夢を掲げつつ日々仕事に励む女子である。 名前は松方弘樹より命名。

堂島 保

40歳の男性編集者。松方弘子の先輩である。編集者としてのプライドが高く皮肉屋。いろいろと根に持つタイプでもある。「女は寝たら仕事が取れる」と言い放って以来、弘子との関係はよくない。趣味は山登り。

梶 舞子

31歳の女性編集者で松方弘子の先輩である。セクシーでエレガント加えて冷静な大人の女性である。この上、私生活は謎に満ちているところが魅力を増幅している。「仕事らしい仕事はしない」という上手いポジションにスポッと収まっている。 名前は梶芽衣子より命名。

山城 新二

28歳、大手ゼネコン勤務の男性。4年越しの松方弘子の恋人である。性格は人当たりがよく温厚。自分の現状の仕事とやりたいことのギャップに悩み、弘子の仕事ぶりを見てまた悩む。すれ違いの多い恋愛状況である。 名前は山城新伍より命名。

成田 君男

週刊「JIDAI」のデスク。39歳、独身男性。冷静で要領のよい松方弘子の上司である。面倒事は避け、おいしいところは持っていくという「生き方上手」と呼ばれる男。名前は成田三樹夫より命名。

田中 邦夫

22歳男子の新人編集者。努力・労力を嫌い中途半端な仕事でダメ出しをされても反省の態度がない、超マイペースなタイプ。その上、経験値の少ない仕事でも根拠のない自信を持っている。こんな彼は松方弘子のカンにさわるばかりである。 名前は田中邦衛より命名。

野川 由実

26歳の女性編集者。スポーツで主に野球を担当し、プロ野球選手のコラムを連載。おっとりした雰囲気と可愛い見た目でフェロモンを振りまくことから男受けは抜群。「『女』で仕事が取れるならそれでいい」が信条で、かなりしたたか。 名前は野川由美子より命名。

小林 明久

28歳男性。松方弘子の同期で飲み仲間である。風俗とグルメが担当の編集者。外見は、メガネで肥満気味のオタク風だが、編集部一の情報ツウである。裏表のないあっさりした、円満な性格。名前は小林旭より命名。

梅宮 龍彦

週刊「JIDAI」の編集長。45歳の典型的なオヤジで、現在は妻子と別居中という家庭崩壊危機にある。部下たちには厳しいが、いざというときには頼れる存在。元は敏腕記者である。癒しのためか小鳥を飼っている。 名前は梅宮辰夫より命名。

渚 マユ

23歳女子の新人編集者。小柄で丸顔松方弘子のかわいい後輩である。恋愛小説大好き女子で、好物はアンパン。駆け出しの編集者のため、彼女企画の内容はほぼ不採用。担当の企画もはずされるなど逆風が多いが、仕事は熱心。 名前は渚まゆみより命名。

菅原 文哉

32歳男性。編集者であるが張り込み専門の張り込み屋である。無口、無骨、無愛想の三拍子。女と仕事をすることは嫌いである。1ヵ月で張り込みに音をあげた松方弘子のことは気に入らないが、仕事ぶりには納得している。 名前は菅原文太より命名。

荒木 雅美

28歳、内科医の女性。仕事にのめりこみ忙しくしている松方弘子が唯一親しく連絡を取る親友である。雅美には交際している複数の男性がいて、仕事にのめりこむ弘子に性生活を含めた生活改善を提案している。

クレジット

原作

監督

シリーズ構成

大島里美

総作画監督

香川久

音楽

菅野祐悟

アニメーション制作

ぎゃろっぷ

原作

働きマン

主人公松方弘子28歳が働く週刊『JIDAI』編集部。そこで働く人々は、年齢も嗜好もそれぞれ違っているが、雑誌を作るために心血を注いでいる。彼女を軸として、様々な人の仕事に対する姿勢と生き方を描いた漫画... 関連ページ:働きマン

SHARE
EC
Amazon
logo