うせもの宿

生者の世界と死者の世界の境目にある、「探し物が必ず見つかる」という触れ込みのうせもの宿を舞台にした和風ファンタジー。何らかの未練を残した死者たちが、心残りを解消して旅立っていく姿が描かれる。

正式名称
うせもの宿
作者
ジャンル
和風ファンタジー
レーベル
フラワーコミックスアルファ(小学館)
巻数
全3巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

「探し物が必ず見つかる」という触れ込みのうせもの宿には、「女将」と呼ばれている少女がいる。うせもの宿にやって来たたちは、1人、また1人と、女将の助力のもと、心残りを解消して旅立っていく。そのうち、うせもの宿の従業員たちの中にも、旅立つ者がちらほらと現れ始めた。そんな中、記憶喪失であるために自分の正体を知らず、探し物を見つける手がかりすら持たなかった女将自身も、ほんの少しずつ、過去の自分を、そして旅立つための道しるべを、見つけていく。

登場人物・キャラクター

主人公

うせもの宿で、「女将」と呼ばれている存在。とはいえ、そう呼ばれているだけで、実際に宿の女将らしいことをしているわけではない。普段は少女の姿をしている。やって来る客たちの探し物の手伝いをする導き手のよう... 関連ページ:女将

うせもの宿に客を連れて来る謎の人物。青年の姿をしている。ただしマツウラ自身は、決してうせもの宿の門の中に入ることはない。女将の過去を知っている様子で、いつも女将をからかっている。生前の女将と何か関わり... 関連ページ:マツウラ

番頭

うせもの宿の番頭。老人の姿をしている。うせもの宿の従業員たちの中で最古参であり、少なくとも女将がうせもの宿にやって来た時には、もう番頭をしていた。そのため、女将の正体や、女将が記憶を失くしている理由などを、すべて知っている。

お軽

うせもの宿の仲居の1人。老婆の姿をしている。女将と親しく、よく膝枕をさせている。女将の境遇に深く同情しつつ情を移しており、女将を残したまま旅立つことはできないと思っている。しかしある日、自分の探し物を見つけてしまう。

うせもの宿の従業員の1人。青年の姿をしている。うせもの宿から早く出ていきたいと焦っており、自分がうせもの宿に囚われている現実を疎ましく思っている。そのため、自分以外の客たちが、早々にうせもの宿を旅立っていく事実に、いら立ちをぶつけることもある。

桜井 恵一郎

うせもの宿の料理長。青年の姿をしている。料理長といっても、作った料理が自動的に、客の思い出に関わる料理などに変わって運ばれていくだけ。生前は売れない脚本家をやっていた。

サラリーマン

うせもの宿にやって来た客。30代くらいの男性の外見をしている。働き過ぎが原因で、妻とは離婚している。自分が何を探しているのか、当初は忘れていたが、女将の導きによって、自分の探し物が「結婚指輪」だったことを思い出す。それを見つけて旅立って行った。

子供

うせもの宿にやって来た客。男の子の姿をしている。白い猫を探している、と言っている。それは生きた猫ではなく、普段多忙で構ってもらえない母親に、以前手作りで作ってもらった、猫のぬいぐるみのことであった。それを見つけて旅立って行った。

登山者

うせもの宿にやって来た客。登山中に遭難死したため、登山姿の中年男性の姿をしている。探し物は、本人が「お守り」と呼ぶ、家族の写真。その探し物が見つかるまで、自分が死者だということに気が付いていなかったが、無事に見つけて旅立って行った。

三枝先生

うせもの宿にやって来た客。若い女性の姿をしており、生前は学校の教師だった。藤村という男子生徒とプラトニックな恋愛関係にあったが、学校帰りに事故死してしまう。藤村から貰った淡い色の口紅を、探し物としていた。それを見つけて旅立って行った。

厚化粧の女

うせもの宿にやって来た客。年齢不詳の女性の姿をしている。実家から土地の権利書を盗み出そうとしていたところで、うせもの宿にやって来たため、権利書が探し物だと思い込んでいた。だが実際の探し物は別にあり、女将に「それはうせもの宿の中では決して見つからない」と告げられる。

勇太

マツウラがうせもの宿の門前に連れて来た人間。少年の姿をしている。女将は客ではないと言い放つのだが、マツウラは探し物があるのだから客だ、と主張する。うせもの宿の中に入ろうとするが、女将と、そして厚化粧の女から、決して門を越えてはならない、と告げられる。

聡美

うせもの宿にやって来た客。若い女性の姿をしている。自分が死者だということを理解している。昔馴染みの親友である綾子、そして杉田という男性との間に三角関係があり、その恋愛問題で悩んでいたところで死亡した。そのため、自分は自殺したのではないか、と疑問に思っている。

場所

うせもの宿

「失くしたものが必ず見つかる」といわれる古い宿。この世に未練を残した死者が、旅立つ前に一時的に立ち寄る場所である。うせもの宿の門は、この世とあの世の境目になっており、生者はそこから先に踏み入ることを許... 関連ページ:うせもの宿

その他キーワード

うせもの宿にやって来る者たち。全員が死者であり、何らかの探し物を抱えている。うせもの宿に案内された客は、たいていは、やがて探し物を見つけて旅立っていく。ごく稀に、いつまでも探し物を見つけられない者たち... 関連ページ:

書誌情報

うせもの宿 全3巻 小学館〈フラワーコミックスアルファ〉 完結

第1巻

(2014年10月10日発行、 978-4091364166)

第2巻

(2015年5月8日発行、 978-4091373007)

第3巻

(2015年12月10日発行、 978-4091377739)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo