おかしなおかしなおかしなあの子 さるとびエッちゃん

おかしなおかしなおかしなあの子 さるとびエッちゃん

小柄な転校生・猿飛エツ子(エッちゃん)が、超能力で不思議なことを起こしたり、トラブルを解決したりするギャグ漫画。メインは下町を舞台にしたドタバタギャグだが、孤児や死などを交えたエピソードや、社会風刺などの笑いと無縁のエピソードも多い。「週刊マーガレット」では『おかしなおかしなおかしなあの子』、『おかしなあの子』、『おかしなあの子さるとびエッちゃん』のタイトルが使用され、「平凡」では『おかしなあの子』、「週刊少女フレンド」「なかよし」では『さるとびエッちゃん』となった。「平凡」版などには『気ンなるやつら』の主人公、6ベエとマリッペが登場する。

正式名称
おかしなおかしなおかしなあの子 さるとびエッちゃん
作者
ジャンル
異能力・超能力
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

怪力、俊足、小柄な小学生の猿飛エツ子(エッちゃん)が転校してきた。エッちゃんは不思議な力を持っていて、親友になったミコちゃんモモちゃんたちに新鮮な体験をさせる。時にはトラブルも解決していく。

登場人物・キャラクター

猿飛 エツ子 (サルトビ エツコ)

満賀町小学校4年B組に転校してきた、丸顔の小学生。目と口は大きく、鼻は小さい。ショートカットで、赤ん坊からのアドバイスでリボンをするようになる。動物と話すことができ、怪力、俊足、念動力などの超能力も使う。東北弁で話し、口癖は「エヘ」。 力の秘密や正体を聞かれても「エヘ」としか応えない。当初は猿飛白雲と猿飛エミ子の3人でバラックに住み、その後はエミ子とあちこちに下宿するようになる。父の猿飛太郎と母は科学者で宇宙のどこかで研究をしているらしい。「平凡」版では平凡学園高等部の2年A組、「週刊少女フレンド」版では桜ヶ丘小学校の6年A組にそれぞれ編入した。

広岡 三枝子 (ヒロオカ ミエコ)

髪を高く結い上げている女の子。満賀町小学校4年B組でエッちゃんのクラスメート。少しオテンバなところはあるが、常識的な範囲。姉にミチコがいる。「週刊少女フレンド」版では兄がいる。

モモ子 (モモコ)

大きなメガネで細いお下げにリボンをつけた女の子。満賀町小学校4年B組でエッちゃんのクラスメート。羽目を外しやすく、「どうせいつでも正気じゃない」という自虐的な発言をして、ミコちゃんにもそうだと認められてしまうような言動をする。エッちゃんのイタズラ相手になりやすい。 天下太平のことが好き。弟のクリ平は石ノ森章太郎の『となりのたまげ太くん』のたまげ太くんと同じ顔のデザインをしており、大人ぶっていて、姉を小馬鹿にしている。

キヨシ (キヨシ)

石ノ森章太郎の『ボンボン』の主人公ボンボンと同じ姿のキャラクター。身体が大きいが気は弱い。頭の回転も遅い。満賀町小学校4年B組でエッちゃんを親分と慕っているクラスメート。

猿飛 白雲 (サルトビ ハクウン)

石ノ森章太郎の『サイボーグ009』のギルモア博士と同じ姿のキャラクター。エッちゃんの祖父で、やはり不思議な力を持っている。廃品回収業をしているが、ロボットなどの修理やケガ人などの治療もする。ブクの声帯を手術して言葉をしゃべることができるようにした。

猿飛 エミ子 (サルトビ エミコ)

ポニーテールの女性。猿飛エツ子(エッちゃん)の姉。不思議な力を持っているが、発揮する場面は少ない。結婚を前提につきあっている山崎勇という恋人がいる。

ロボ子 (ロボコ)

『おかしなおかしなおかしなあの子 さるとびエッちゃん』に登場するロボット。エプロンをしたお手伝いロボット。背中に大きなゼンマイがある。脚はあるが、脚裏のタイヤで移動。しゃべることはできないものの、言葉が書かれた紙を口から舌のように出すことができる。猿飛家の家事全般を一手に引き受けている。教えられたことを完璧にこなすが融通はまったく利かない。

ゴン (ゴン)

『おかしなおかしなおかしなあの子 さるとびエッちゃん』に登場する犬。賢い大型犬で猿飛エツ子に芸を仕込まれた。猿飛家の隣の山田さんの飼い犬。

白雪 (シラユキ)

おとしやかな女性。満賀町小学校の教諭で、猿飛エツ子たちの4年B組の担任。エッちゃんが起こす不思議なことに驚かされることも多いが、すぐに受け入れることができる。生徒たちからの信頼も厚い。故郷は御蔵島。同僚の福井先生と恋仲で、校長先生が2人のお見合いの席を設けた。

水島 カモメ (ミズシマ カモメ)

頭の上の左右で髪をリボンで結んでいるメガネの女の子。エッちゃんが満賀町小学校から一時転校したときの小学校の5年バラ組。エッちゃんの隣の席で、ちょっとあわて者。

プーちゃん (プーチャン)

『おかしなおかしなおかしなあの子 さるとびエッちゃん』に登場するキャラクター。ターバンを巻いた、全身真っ黒な大男。魔法のランプの精。両親からエッちゃんに誕生日プレゼントとして贈られた。呼び出した相手の命令に従う。空を飛んだり、大きな口になんでも入れられる。ただし寒がり。字が読めないので、漫画を読むために小学校へ1年生として通うようになる。

ブク (ブク)

『おかしなおかしなおかしなあの子 さるとびエッちゃん』に登場する犬。ブルドッグ。姉との2人暮らしでは寂しいだろうと、両親と祖父からエッちゃんにクリスマスプレゼントとして贈られてきた。猿飛白雲の声帯手術により、言葉をしゃべることができる。言葉を教えたのが大阪の人だったため関西弁。名前はミコちゃんが「ブルドック」の上と下をとってつけた。 おだてに弱い。

天下 太平 (テンカ タイヘイ)

髪の毛が前向きに逆立っている少年。桜ヶ丘小学校の6年A組でエッちゃんのクラスメート。父が蒸発したため母子家庭。正義感が強く、弱いものイジメは見逃さないが、ケンカは弱い。任侠もののファンで、ヤクザ言葉をよく使う。ミコちゃんのことが好き。「週刊少女フレンド」版からの登場。

6ベエ (ロクベエ)

明るい髪色の少年。平凡学園の高等部2年A組。すこしケンカッ早いが、明るい性格。となりに住む幼馴染みのマリッペと恋仲で、部屋も屋根づたいに行き来している。エッちゃんが恋をした相手で、マリッペとの仲を妨害されたが別れることはなかった。

マリッペ (マリッペ)

顔と同じくらいに大きく結い上げた髪をヘアバンドで支えている。平凡学園の高等部2年A組。ロマンチックなことに憧れる普通の女の子。となりに住む幼馴染みの6ベエと恋仲で、部屋も屋根づたいに行き来している。エッちゃんが6ベエに恋をして、2人の仲を妨害してきたが別れることはなかった。

SHARE
EC
Amazon
logo