おだ のぶなが

太閤記(漫画)の登場人物。

  • おだ のぶなが
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
太閤記(漫画)
正式名称
おだ のぶなが

総合スレッド

おだ のぶなが(太閤記)の総合スレッド
2016.06.10 10:46

概要

きよす城に居を構える戦国大名。ドジョウヒゲをはやし、おだやかな顔をしている。ひよしまるは、彼が鉄砲の研究をしていると知り、将来性を考えて仕官を頼みに行く。のぶながは、狩りの途中に現れたひよしまるが暴れ猪を退治したのを気に入り、家来にしてきのしたとうきちろうという名を与える。

その後、知恵と機転と度胸をうまく用いるとうきちろうを重用する。おけはざまの合戦で、いまがわよしもとを倒し、その名を日本中にとどろかかせる。その後もみの(美濃)のさいとう家や、えちぜん(越前)のあさくら家と戦う。織田信長をモデルにしたと思われるキャラクター。

登場作品

村のガキ大将だったひよしまる(日吉丸)は、悪さが過ぎて寺に預けられてしまう。が、その地方の権力者に恥をかかせたためにそこにもいられなくなり、放浪の旅に出る。武芸者の家に住みこみで弟子になったり、野武士...