おだ のぶなが

おだ のぶなが

太閤記(漫画)の登場人物。

登場作品
太閤記(漫画)
正式名称
おだ のぶなが
関連商品
Amazon 楽天

概要

きよす城に居を構える戦国大名。ドジョウヒゲをはやし、おだやかな顔をしている。ひよしまるは、彼が鉄砲の研究をしていると知り、将来性を考えて仕官を頼みに行く。のぶながは、狩りの途中に現れたひよしまるが暴れ猪を退治したのを気に入り、家来にしてきのしたとうきちろうという名を与える。

その後、知恵と機転と度胸をうまく用いるとうきちろうを重用する。おけはざまの合戦で、いまがわよしもとを倒し、その名を日本中にとどろかかせる。その後もみの(美濃)のさいとう家や、えちぜん(越前)のあさくら家と戦う。織田信長をモデルにしたと思われるキャラクター。

登場作品

太閤記

豊臣秀吉の生涯を、ガキ大将だった「日吉丸時代」から朝倉義景との戦いのあたりまでを描いた。史実的正確さにはあまりこだわらず講談的に、主人公が知恵と機転と度胸でトントン拍子に出世する心地よさを第一として、... 関連ページ:太閤記

SHARE
EC
Amazon
logo